S-MAX

みまもりサービス

ソフトバンク、ひとり暮らしの高齢者などの安否確認ができる「みまもりサービス」を12月19日より提供!スマホやみまもり電池を装着した家電が対象


ソフトバンクがひとり暮らしの高齢者などの安否確認ができる「みまもりサービス」を提供!

ソフトバンクは10日、スマートフォン(スマホ)や家電の使用の有無からひとり暮らしの高齢者などの安否を離れて暮らす家族が見守ることができる「みまもりサービス」の提供を2019年12月19日(木)に開始すると発表しています。見守られる側のスマホが操作された場合や専用のIoT製品「みまもり電池」(別売)を装着した照明やリモコンなどの家電が使用されると、見守る側のアプリに表示されるとのこと。

対応するスマホはiOS 11以上およびAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)で、携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」の利用者以外でも使え、料金はY!mobileのスマホベーシックプランまたはスマホプランを契約かつ対応OSのスマホを利用している場合は月額480円、それ以外の場合は月額980円(金額はすべて税別)となっています。

なお、安否確認電話機能などの一部機能が利用制限されシンプルプランが無料で用意されているほか、それ以外の場合で利用するにはYahoo! JAPAN IDおよびYahoo!ウォレットの登録が必要となっています。みまもり電池はノバルスが開発した単3形乾電池型IoT製品「MaBeee」で、みまもりサービス専用としてSB C&Sが「SoftBank SELECTION オンラインショップ」で3,190円で販売します。

またサービス開始に合わせてY!mobileにて販売されている初心者向けスマホ「かんたんスマホ(型番:705KC)」(京セラ製)にみまもりサービスを標準搭載し、すでに購入している場合には12月19日以降順次、かんたんスマホにみまもりサービスに対応するソフトウェア更新が提供されるということです。

さらに新規契約および他社から乗り換え(MNP)、契約変更でY!mobileのスマホベーシックプランを契約と同時に「スーパーだれとでも定額」に加入した60歳以上の人を対象にみまもり電池とみまもり電池を装着して使用できるセンサーライトをプレゼントするキャンペーン( https://www.ymobile.jp/cp/present_denchi/ )をサービス開始から2020年1月31日(金)まで実施します。ただし、プレゼントの在庫がなくなり次第終了するとのこと。

続きを読む

ワイヤレスジャパン2017:ビーサイズ、安価で手軽に導入できる高品位のみまもりサービス&端末「BsizeBoT」を展示【レポート】


利用料も端末代も非常に安価で手軽に導入可能なビーサイズのみまもりサービスを紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2017年5月24日(水)から5月26日(金)の3日間に渡ってネットワークとモバイルインフラなど、IoTビジネスに関連する無線・モバイルに関連する技術や製品やサービスに関連した企業が終結する展示会イベント「ワイヤレスジャパン2017」が開催されました。

主催はリックテレコム・日本イージェイケイで、併催イベントとして「ワイヤレスIoT EXPO2017」、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2017」、「運輸・交通システムエキスポ2017」、「ドローンソリューション&技術展2017」が同時開催されていました。

何回かに分けて展示ブースの紹介をしていますが、本記事ではNTTコミュニケーションブース内にあったビーサイズ(Bsize)のコーナーにて展示されていた安価に利用可能な高精度のみまもりGPSサービス「Bsize BOT」を紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。