S-MAX

らくらくスマートフォンme

NTTドコモがタブレット「arrows Tab F-02K」および「dtab d-01K」、docomo with対象スマホ「らくらくスマートフォン me F-03K」を2月2日10時より予約開始!気になる価格もまとめて紹介


docomoがarrows Tab F-02Kとdtab d-01K、らくらくスマートフォン meを2月2日に予約スタート!

NTTドコモは31日、昨年10月に発表した「2017-2018年冬春モデル」のうちのタブレット「arrows Tab F-02K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)および「dtab d-01K」(Huawei Technologie製)、割引施策である「docomo with」の対象機種でらくらくシリーズのスマートフォン(スマホ)「らくらくスマートフォンme F-03K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)の3機種について2018年2月2日(金)10:00に事前予約受付を開始するとお知らせしています。

予約はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店舗や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて行われ、ドコモオンラインショップでは各機種の価格(税込)も案内されているのでまとめて紹介します。なお、発売時期はすでに紹介しているように3機種ともに2018年2月下旬を予定しています。

続きを読む

NTTドコモのシニア向けスマホ「らくらくスマートフォン me F-03K」を写真と動画で紹介!機能を絞り込み、docomo with対応でよりお求めやすい価格に【レポート】


らくらくスマートフォンがdocomo with対応になって新登場!

既報通り、NTTドコモは18日、都内にて今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、シニアなど向けに簡単に操作できるようにしたAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「らくらくスマートフォン me F-03K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。

主にシニア層向けのエントリーモデルとして永く好評を博している「らくらくスマートフォン」シリーズも本機で6代目(「らくらくスマートフォン2」派生の「らくらくスマートフォン プレミアム」含む)。ここ数年は機能や本体性能の充実に伴い大きなブラッシュアップもなく、デザイン的にも丸みを帯びたデザインと使いやすいUIが好評だった「らくらくスマートフォン3 F-06F」を踏襲したマイナーアップデートが続いています。

今回のらくらくスマートフォン me F-03Kは久々に商品名から連番が外され、「me(私の)」という親しみのある呼称となっています。その名前の印象の通り本機は端末の使いやすさはそのままに、NTTドコモの長期割引施策「docomo with」の対象機種となったことで、ランニングコストの面でもより使いやすくなりました。

発表会に併設されたタッチ&トライコーナーではモックのみの展示となりましたが、その外観や従来機からの機能的な変更点などを写真や動画とともにご紹介します。なお、端末の詳細なスペックや機能などはこちらの記事を御覧ください

続きを読む

NTTドコモ、はじめてでも安心してスマホデビューができるシニアなど向け「らくらくスマートフォン me F-03K」を発表!docomo with対象で2018年1月以降発売


docomoが新スマホ「らくらくスマートフォン me F-03K」を発表!docomo with対象で2018年1月発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、シニアなど向けに簡単に操作できるようにしたAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「らくらくスマートフォン me F-03K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2018年1月以降で、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施される予定。月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種で価格は未定ながら低価格に抑えられる見込み。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。