S-MAX

アクティビティートラッカー

NTTドコモ、小型モジュール型アクティビティートラッカー「Runtastic Orbit 01」を10月30日に発売!価格は1万円弱でRuntastic for docomoの2ヶ月無料特典も


NTTドコモが活動量計「Runtastic Orbit 01」を10月30日に発売!

NTTドコモは27日、今冬および来春に発売する「2015-2016冬春モデル」として発表された公式アクセサリーブランド「docomo select」から販売される小型モジュール型アクティビティートラッカー(活動量計)「Runtastic Orbit 01」(Runtastic製)を2015年10月30日(金)に発売するとお知らせしています。

ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格は9,936円(税込)。

NTTドコモが提供しているフィットネスサービス「Runtastic for docomo」に対応し、発売記念で購入した場合にはRuntastic for docomoの月額利用料378円(税込)が2ヶ月無料になる特典も提供されています。

続きを読む

ジェイアイエヌ、目や体の動きで自分の状態を確認できるメガネ型ウェアラブルデバイス「JINS MEME」を11月5日に発売!通常モデルが約4万円、スポーツ用サングラスモデルが約2万円


メガネ型アクティビティートラッカー「JINS MEME」が発売!

ジェイアイエヌは14日、独自に開発した3点式眼電位センサーと6軸(加速度・ジャイロ)センサーを搭載して瞬きや視線移動、体の動きを取得できるセンシング・アイウェア「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を2015年11月5日(木)に発売すると発表しています。

カジュアルなウェリントンタイプ「JINS MEME ES(イーエス)」(フレーム型番:WCE-15A-001-94)とスポーツサングラスタイプ「JINS MEME MT(エムティ)」(フレーム型番:WCM-15A-101-97)の2種類が用意され、全国のJINSショップのうちの38店舗および公式Webストア「JINS MEMEオンラインショップ」( https://jins-meme.com )で販売されます。

価格(税抜)はそれぞれ39,000円および19,000円で、JINS MEME ESは度付きのレンズや青色光遮断レンズなどのレンズに変更可能。なお、JINS MEME MTは6軸センサーのみを搭載し、体の動きをトラッキングすることに特化。

また、合わせて専用ライフログアプリ「JINS MEME App」やスポーツシーンに特化したJINS MEME MT用の公式ランニング用アプリ「JINS MEME RUN」、「JINS MEME CORE TRAINING」、「JINS MEME DRIVE」が提供されます。

さらに、JINS MEMEを用いた学術研究者向け特化ソリューション「JINS MEME ACADEMIC PACK」( https://jins-meme.com/academic )も2015年10月29日(木)より販売開始され、JINS MEMEで取得したデータを生で利用可能。価格(税抜)は500,000円。

続きを読む

NTTドコモ、小型モジュール型アクティビティートラッカー「Runtastic Orbit 01」を10月下旬に発売!フィットネスサービス「Runtastic for docomo」と連携可能


NTTドコモが活動量計「Runtastic Orbit 01」を発売!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、公式アクセサリーブランド「docomo select」にて小型モジュール型アクティビティートラッカー(活動量計)「Runtastic Orbit 01」(Runtastic製)を発売すると発表しています。

発売時期は2015年10月下旬を予定し、すでに9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。

価格は9,936円(税込)。NTTドコモが提供しているフィットネスサービス「Runtastic for docomo」に対応し、発売記念で購入した場合にはRuntastic for docomoの月額利用料378円(税込)が2ヶ月無料になる特典も提供されています。

続きを読む

ソニーの小型モジュール型ウェアラブルがリニューアルして登場!心拍センサーを搭載した活動量計「SmartBand 2 SWR12」を購入したので開封してみた【レポート】

sb2-01
ソニーのリストバンド型ウェアラブル端末がリニューアル

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が10月17日から発売される小型モジュール型アクティビティートラッカー(活動量計)の新モデル「SmartBand 2 SWR12」。

ソニーグループではスマートウォッチ「SmartWatch」シリーズ、アクティビティートラッカー「SmartBand」シリーズの2つの腕に装着することを想定したウェアラブル端末を展開しており、SmartBandシリーズには音声操作などにも対応した上位モデル「SmartBand Talk SWR30」がラインナップされています。

一方、SmartBand 2 SWR12は下位モデルの「SmartBand SWR10」の後継機種で、さまざまなデータをスマートフォン(スマホ)などとBluetoothで接続して送り、ライフログを作ることを主眼に置かれており、SmartBand 2 SWR12では新たに心拍センサーを搭載しました。

これにより、さらにヘルスケア商品という色彩が強まり、心拍とストレスレベルの測定もできるのが特長となっています。また、SmartBand SWR10では対応していなかったiOSにも対応しているので、SmartBand 2 SWR12はiPhoneやiPadでも使えます。

今回そろそろウェアラブル製品が欲しいと思った筆者は公式Webショップ「ソニーストア」で購入したところ、店頭発売の2日前となる10月15日に商品が届きましたので、さっそくパッケージを開封し、どういった商品なのか写真を交えて紹介します。

続きを読む

Bluetoothレシーバーと活動量計が合体して腕時計型になった”使える”ウェアラブルガジェット「Huawei TalkBand B2」を写真でチェック【レビュー】

ファーウェイのウェアラブルデバイス「TalkBand B2」ってどんな製品?!

腕時計にタッチディスプレイを搭載したアップル製のスマートウォッチ「Apple Watch」やGoogleが開発するウェアラブル向けプラットフォーム「Android Wear」を搭載したスマートウォッチが話題となっている。スマートフォン(スマホ)を取り出さなくても手元のスマートウォッチで情報確認がでるだけではなく、デザインや素材などにも個性を持たせるようになっており、腕時計を選ぶ感覚で購入できるようになった。

そんな中、今年6月に発売となったファーウェイの「TalkBand B2」は、スマートウォッチのようなスマホの子機のような機能はないが、音声通話可能なBluetoothレシーバーと歩数計や睡眠データ記録などの活動量計の機能をもつウェアラブルデバイスだ。

今回はこのウェアラブルデバイスTalkBand B2のホワイトを借りることができたので、まずは外観を紹介していこう。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。