S-MAX

イオン

イオングループ各店でNFCによる非接触決済サービス「Visa payWave」が2019年3月より導入開始!東京オリンピックに向け。非接触IC搭載の「イオンカード」も発行


イオングループで非接触決済サービス「Visa payWave」が導入に!

イオンおよびビザ・ワールドワイド・ジャパンは16日、全国の総合スーパーやスーパーマーケット、ドラッグストアなどのイオングループ各店舗約10万台のレジにNFC(NTC Type A/B方式)による非接触決済サービス「Visa payWave」を2019年3月から2020年3月にかけて順次導入すると発表しています。

イオングループではすでに独自の電子マネー「WAON」をはじめとして「Suica」などの鉄道系や「iD」、「QUICPay」、各ブランドのクレジットカードが利用できるようになっていますが、新たにVisa payWaveによる支払い方法が追加されます。さらに2018年9月からはVisaの非接触決済機能に対応したクレジットカード「イオンカード」も発行するとのこと。

同社では2020年に開催される東京オリンピックに向けてて訪日外国人(インバウンド)の増加がますます見込まれる中、新たにすでに日本でもマクドナルドなどで導入がはじまっており、世界70以上の国・地域でVisa payWaveに対応することでさらなるキャッシュレス化を推進していくとしています。

続きを読む

格安SIM「イオンモバイル」にてau回線のサービスが3月1日にスタート!業界最安級のデータプランは月額518円、音声プランは月額1220円から――2周年記念キャンペーンも実施


イオンモバイルがau回線のサービスを提供してマルチキャリアに!

イオンリテールは16日、同社が移動通信体事業者(MVNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「イオンモバイル」( http://aeonmobile.jp )において新たにau回線を利用したサービスを2018年3月1日(木)に提供開始すると発表しています。

au回線のサービスではau VoLTEに対応したSIMカードが提供され、利用できる機種はauのVoLTE対応製品をSIMロック解除したものか、au VoLTEに対応したSIMフリー製品となっています。

公式Webストア( https://shop.aeondigitalworld.com )や全国(沖縄除く)の「イオン」における契約即日渡し対応店(約220店舗)で取り扱うほか、4月上旬からは「ゲオモバイル」のイオンモバイル取扱店(16店舗)でも申込可能となるとのこと。

またイオンモバイルのサービス開始2周年を記念して2月20日(火)から4月23日(月)まで「おかげさまで2周年!イオンモバイルキャンペーン」を実施し、通常3,000円の初期費用が2円になったり、人気のSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 2」や「SHARP AQUOS SH-M04」が割引価格で販売されるなどするということです(金額すべて税抜)。

続きを読む

MVNOによる携帯電話サービス「イオンモバイル」が公式Webサイトにて音声SIMプランの申込受付を再開!リニューアル直後に中断して以来100日以上ぶりに


イオンモバイルの音声SIMプランがようやくウェブから申込可能に!

イオンリテールは17日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「イオンモバイル」において中断していた音声SIMプランの公式Webサイトでの申し込みを再開したとお知らせしています。

ただし再開したものの、申し込みは「数量限定」と案内されており、具体的な数量は明記されていませんが、申し込みが多数となった場合は受付を再度中断したり、もしくは、通常よりも申込完了までに時間がかかるなどの可能性が予想されます。

続きを読む

イオンモバイルがリニューアルで独自にNTTドコモ回線を借り入れたMVNOによる携帯電話サービスに!業界最安級の全29プランが用意――2月26日にスタート


格安スマホ&格安SIM「イオンモバイル」が新しくなる!3年以内にMVNOでNo.1めざす

イオンリテールは18日、携帯電話サービス「イオンモバイル」をリニューアルすると発表しています。新しいイオンモバイルは新たに独自にNTTドコモの回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供し、業界最安級の全29種類の多様な料金プランが用意され、受付は2016年2月26日(金)に全国のイオン429店頭で開始されます。

料金プランは主にデータ通信のみの「データプラン」と音声通話に対応した「音声プラン」、そして音声通話に対応しつつ家族などでデータ通信量を分け合える「シェア音声プラン」の3タイプが用意され、データプランは月1GBの月額480円から、音声プランは月0.5GBの月額1,180円から、シェア音声プランは月4GBの月額1,780円からとなっています(すべて税抜)。

従来のイオンモバイルは日本通信「b-mobile」やビッグローブ「BIGLOBE SIM」などの他社が提供するMVNOによる携帯電話サービスとスマートフォン(スマホ)やタブレットなどの端末をセットにしたものでした。

なお、今回リニューアルするイオンモバイルでは同社にはMVNOを独自に提供するノウハウがないために仮想移動体サービス提供者(MVNE)を介して提供するとのことですが、現時点ではMVNEは非公表で不明となっています。

続きを読む

イオンスマホに第6弾「Kyocera S301」と第7弾「Xperia J1 Compact」が追加!第5弾「VAIO Phone」も3月27日に発売ーー春夏モデルはボリュームゾーン狙う


イオンスマホがラインナップを拡充!

イオンは19日、NTTドコモの回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供されている携帯電話サービスとスマートフォン(スマホ)をセットにした「イオンスマホ」に第6弾「Kyocera S301」(京セラ製)および第7弾「Xperia J1 Compact D5788」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の2機種を追加すると発表しています。

すでに発表されている第5弾「VAIO Phone VA-10J」(日本通信製)と合わせて「2015年春夏モデル」とし、最も販売台数が出るボリュームゾーンに信頼ある日本メーカーの3機種を揃え、ストライクを狙うということです。

発売日はVAIO Phone VA-10JとKyocera S301が2015年3月27日(金)、Xperia J1 Compact D5788が2015年4月20日(月)を予定し、Xperia J1 Compact D5788は2015年3月27日(金)より事前予約受付が開始されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。