S-MAX

イベント

ファーウェイ、発売直後のSIMフリースマホ「HUAWEI P10・P10 Plus・P10 lite」やスマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」のタッチ&トライイベントを開催中!プレゼント企画も【レポート】


ファーウェイの新フラグシップスマホなどを体験できるイベントを開催!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が6月9日にフラグシップモデルである「HUAWEI P」シリーズの新製品となる「HUAWEI P10 lite(型番:WAS-L22J)」および「HUAWEI P10(型番:VTR-K29B)」、「HUAWEI P10 Plus(型番:VKY-L29A)」、そしてアクティブユーザーにも対応できるスマートウォッチ「HUAWEI Watch 2(型番:LEO-BX9)」(ともにHuawei Technologies製)を発売しました。

それに伴ってビックカメラやヨドバシカメラ、ヤマダ電機の一部店舗で新製品のタッチ&トライイベントを開催しています。筆者もさっそく東京・秋葉原にあるヨドバシカメラマルチメディアAkibaにある会場を訪れたのでその模様をレポートしたいと思います。

続きを読む

UQコミュニケーションズが仙台の「携帯銀座」に日本最大級の店舗で戦いを挑む!年内100店舗をめざし、宮城県初出店の「UQスポット仙台一番町」がオープン【レポート】


各キャリアショップが建ち並ぶ中にUQスポット仙台一番町がオープン!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は25日、国内63店舗目となる「UQ WiMAX」および「UQ mobile」が対面販売で契約できる「UQスポット」の新店舗として「UQスポット仙台一番町」をオープンしました。なお、同日に「UQスポット平塚」、27日に「UQスポットアリオ橋本」がオープンしたため、現在国内65店舗。UQモバイル沖縄が出店している2店舗を含めると国内67店舗となっています。

UQスポット仙台一番町は東北では3店舗目、宮城県では初出店となるUQスポットです。東北の他の2店舗は青森県と岩手県のショッピングモール内の店舗となりますが、UQスポット仙台一番町は宮城県仙台市の中心部のアーケード街にある独立型店舗で、周囲には同じビル内にあるKDDI直営ショップ「au SENDAI」をはじめ、各キャリアショップが建ち並ぶ仙台の「携帯銀座」と呼ばれているエリアにオープンしました。

UQスポットとしては87坪と現時点で日本最大級の広さを誇る店舗となるのも特長です。今回はオープンセレモニーの模様と店舗の内装などを紹介します。


続きを読む

HTC NIPPON、握って操作するAI搭載の最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の体験会を開催!国内ではauとSoftBankから発売予定【レポート】


握って操作が可能な美しい最新スマホ「HTC U11」を一足先に体験!

台湾HTCの日本法人であるHTC NIPPONは24日、都内にてメディア向けの製品体験会を開催し、日本でも発売予定のHTCのフラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」をお披露目しました。

HTC U11は5月16日に台湾にて発表され、日本国内でもすでにブロガーなどのファン向けに「HTC サポーター キックオフイベント」にて初お披露目されていましたが、改めてメディア向け体験会が実施されました。

主な仕様はフラグシップにふさわしい約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)IPS液晶「Super LCD5」ディスプレイやSnapdragon 835プロセッサー、64GB内部ストレージ、4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載し、IP67等級の防水・防塵や国内向けにはおサイフケータイ(FeliCa)を搭載します。

また日本市場では今回展示された「アメイジング シルバー(Amazing Silver)」のほか、「アイス ホワイト(Ice White)」「サファイア ブルー(Sapphire Blue)」「ブリリアント ブラック(Brilliant Black)」の4色展開の予定で、海外向けにはこれらに加えさらにソーラーレッド(Solor Red)が販売されます。

今回はメディア向けの製品体験会で紹介されたHTC U11の特長や、タッチ&トライで体験した印象などを紹介したいと思います。

続きを読む

LINEがFIDOアライアンスのボードメンバーに!これからのインターネットセキュリティーを考える「LINE INTERTRUST SECURITY SUMMIT SPRING 2017 TOKYO」を解説【レポート】


これからのインターネットセキュリティーを考える技術サミットをLINEおよびインタートラストが開催!

LINE Corp.およびIntertrust Technologies(以下、インタートラスト)は17日、インターネット上でのサイバーセキュリティーを議題とした技術会議「LINE INTERTRUST SECURITY SUMMIT SPRING 2017 TOKYO」を共同開催しました。

IT技術やIoT製品が世界に浸透し人々がその恩恵を享受する現在、それらの機器を対象としたウィルスやマルウェアなどによるサイバー攻撃は激化と高度化の一途を辿っています。世界の技術者はそれらの攻撃に対抗すべく「絶対に安全な暗号化システム」を目指し研究を行っていますが、現在のところそのような夢の技術は実現されていません。今回開催された技術会議はそういった世界中の研究者を一同に集め、意見交換や技術情報の共有を目的としています。

会議では総計8時間にもおよぶ各研究者や技術者によるプレゼンやトークセッションが行われましたが、今回はそれらの発表から現在のインターネットセキュリティー事情や暗号化技術の最先端、そしてこれからのセキュリティーについて解説します。

続きを読む

最新スマホのGalaxy S8・S8+・Feelなどを試せるアミューズメントイベント「Galaxy Studio Tokyo」が原宿で開催!タッチ&トライに加え、新しいVR型体験アトラクションも【レポート】


Galaxyが最新製品を思い切り楽しめるイベントを原宿で開催!

サムスン電子ジャパンが2017年5月26日(金)から7月3日(月)の39日間にかけて「Galaxy」シリーズのスマートフォン(スマホ)などの製品を実際に手にとってタッチ&トライできるほか、VR(仮想現実)技術を用いたアトラクションを楽しめるイベント「Galaxy Studio Tokyo」を東京・原宿にあるギャラリースペース「BANK GALLERY」で開催します。

これまでにも各地で開催されて昨年は累計43万人以上が参加したGalaxyのアミューズメントイベント「Galaxy Studio」ですが、新たに最新フラッグシップスマホ「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」、そして新しい「Galaxy Gear VR」を引っ提げて実施されます。今回は同イベントの開始前日(5月25日)に開催されたメディア向け内覧会に参加してきたので、一足先にイベントの様子をご紹介します。なお、イベントの参加はすべて無料となっています。

続きを読む

国内最速で最新フラッグシップスマホ「HTC U 11」のタッチ&トライも実施!ファンの熱い一夜となった「HTC サポーターズクラブ キックオフミーティング」を写真で紹介【レポート】


HTC NIPPONが最新フラッグシップスマホ「HTC U11」の国内最速お披露目会をファン向けに開催!

HTC NIPPONは18日、都内にてブロガーなどから“HTCファン”が募集されて行われたイベント「HTC サポーターズクラブ キックオフミーティング」を開催しました。

HTC サポーターズクラブは今年4月末より新たに開始されたプログラムで、その発足を祝したイベントとして行われ、合わせて5月16日に台湾で行われたプレス向けイベントで発表されたHTCの最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」の国内最速お披露目会となりました。

そのため、HTC U11が実際にタッチ&トライできるということもあり、集まった21名のHTCサポーターのテンションはかなり高く、最終的にはイベント終了時刻を大幅に押すほどの盛り上がりをみせました。今回はイベントの様子やHTC U11を触ってみた印象などを写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

子どもから大人まで楽しめるおもちゃが集結!「日本おもちゃ大賞2017」の最終審査会を開催ーー東京おもちゃショー2017は6月1〜4日に東京ビッグサイトにて開催【レポート】


個性的なおもちゃが集結!

日本玩具協会は10日、都内にて今年の玩具業界を代表するにふさわしい“おもちゃ”に送られる「日本おもちゃ大賞」の最終審査会「日本おもちゃ大賞2017第3次審査会」を開催した。日本おもちゃ大賞は6月1日~4日(一般公開は3日、4日)に東京ビッグサイトで開催される「東京おもちゃショー2017」に先駆けて5月末に発表される予定だ。

おもちゃ大賞2017の募集テーマは次の通り。
・ボーイズ・トイ部門
・ガールズ・トイ部門
・コミュニケーション・トイ部門
・エデュケーショナル・トイ部門
・共遊玩具部門
・イノベイティブ・トイ部門
・ハイターゲット・トイ部門
の7部門。

第3次審査会は、上記の7部門、計35商品のメーカー担当者がコスプレをするなどして2分間のプレゼンテーションを行った。

今回は、日本おもちゃ大賞2017の第三次審査に選ばれた商品の中から、スマートフォン(スマホ)などのモバイルに関連するものやちょっと気になったものを紹介していく。

続きを読む

2017 Japan IT Week 春:楽しく飲んで楽しく充電!?宴会の「空き時間」をうまく活用したモバイルバッテリー貸出サービス「U4B Type-2」を紹介【レポート】

romoss-001
ちょっと変わったモバイルソリューションサービスをご紹介!

東京ビッグサイトにて5月10日から12日までの3日間渡ってIT関連の総合展示会「2017 Japan IT Week 春」が開催されました。

主に企業向けの商談会として年に3回開催されている本展示会だけに、企業向けのIoTソリューションやモバイル機器を用いたサービスの提案などが多く見られます。その中でも特に目を引いたテクノブラッドの企業向けモバイルソリューションサービスを1つご紹介します。

続きを読む

人工知能サービス「Google Assistant」が日本語にまもなく対応し、家電コントローラー「Google Home」が今夏日本発売へ!iPhoneなど向けiOS向けアプリもリリース


GoogleはAIを活用したサービスを拡大!Googleアシスタントが日本語に対応

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、人工知能(AI)による機械学習を利用したサポートサービス「Google Assistant」が日本語を含む4言語にまもなく対応すると発表しています。

対応言語は日本語のほか、フランス語およびドイツ語、ポルトガル語(ブラジル)。また2017年末までにはさらにイタリア語およびスペイン語、韓国語の3言語にも対応予定だとのこと。

さらにGoogle Assistantが日本語に対応することに伴って、Google Assistantを利用した家電コントローラー「Google Home」が今夏に日本で販売開始されることも合わせて発表されました。価格は現時点では未定。またGoogle Homeがハンズフリー通話に対応したり、新たに「Spotify」などにも対応するとのこと。

その他、Google AssistantのiOS向けアプリもアメリカでリリースされ、iPhoneなどでGoogle Assistantによるサポートサービスが利用できるようになるほか、Google Assistant APIが提供されてソニーやパナソニック、LG、ONKYO、B&O、Ankerなどのスマートテレビやスマートスピーカーなどでも利用できるようになるということです。

続きを読む

Google、スマホなど向け次期OS「Android O」の開発者向けプレビュー版第2弾を公開し、一般向けβプログラムも開始!バージョンは「8.0」にーー開発者イベント「I/O 2017」がスタート


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android O」の開発者向けプレビュー2をリリース!バージョンは8.0へ

Googleは17日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2017年5月17日(水)から5月19日(金)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2017」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのOS「Android」の次期バージョン「Android O」について紹介しました。

すでに先行して開発者向けプレビュー版「Android O Developer Preview」(DP1)が提供されていましたが、現時点では当初の予定通りに今年の夏の終わりに正式版を提供する予定。合わせて、開発者向けプレビュー版の第2弾「Android N Developer Preview 2」(DP2)がリリースされています。

また一般向けベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )もスタートしており、ネットワーク経由によるソフトウェア更新でAndroid Oが導入できるようになっています。なお、すでにDP1のシステムイメージを導入している場合にもAndroid Beta ProgramによってDP2へOTAでアップデートすることができるよういなっています。

基調講演では、Androidのバージョンごとに付けられているお菓子の名前による開発コード名について明らかにされませんでしたが、一方でAndroid Oで導入される各機能などを紹介するスクリーンショット(画面)では、時刻が8時ちょうどに設定されており、これまでにも時刻がバージョン番号になっていたことからAndroid Oの正式版が「Android 8.0」になるのではないかと見られています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。