S-MAX

ガラホ

折りたたみガラホに生まれ変わったタフネスモデル!au向けAndroidケータイ「TORQUE X01」を使って感じた良い点と悪い点をまとめてみた【レビュー】


タフネスケータイファン待望のガラホ版「TORQUE」!使ってみて感じたあれこれ

auから2月24日に発売されたタフネス仕様の折りたたみケータイ型としてはおよそ6年ぶりの新モデルとなった「TORQUE X01(型番:KYF33)」(京セラ)。

京セラの「TORQUE」シリーズとしては2015年7月16日に発売されたスマートフォン(スマホ)「TORQUE G2」と同様に米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」準拠の高い耐久性とさまざまなアウトドア機能が特長となっています。一方、OSにはAndroidベース(バージョンは5.1)となり、高音質通話サービス「VoLTE」にも対応した「ガラホ」となりました。

筆者も購入してこれまでに開封レポートプリインアプリ紹介純正オプションの周辺機器紹介などをお伝えしてきました。今回は購入からしばらく使ってみて良いと感じたところと気になった部分をまとめてみたいと思います。

続きを読む

タフネスケータイをハードに使いこなせ!au向け折りたたみ型ガラホ「TORQUE X01」の純正アウトドア用ケース「Hard Holder」や卓上充電用ホルダーを紹介【レビュー】


専用のハードホルダーや卓上充電器でタフネスケータイ「TORQUE X01」をさらに使いこなそう!

auからおよそ6年ぶりに投入された防水・防塵・耐衝撃などに対応したタフネスモデルの折りたたみ型ケータイ「TORQUE X01(型番:KYF33)」が2月24日に発売されました。

以前にauが展開していたタフネスケータイ「G'z One」シリーズの折りたたみ型ケータイでは最終モデルだった「G'zOne TYPE-X(型番:CAY01)」以来、久しぶりとなるアウトドア機能の充実した機種となっています。

OSは新たにAndroidベース(バージョンは5.1)になり、フィーチャーフォン(従来型携帯電話)の操作性を踏襲した、いわゆる「ガラホ」となっており、また耐衝撃などは米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」にも準拠するようになりました。

そんなTORQUE X01をさっそく購入した筆者がこれまでに開封レポート内蔵アプリなどの紹介をしてきましたが、今回は別売りの公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から販売されている純正アウトドア用ケース「TORQUE X01 Hald Holder」と専用卓上充電器「卓上ホルダ(KYF33PUA)」を紹介したいと思います。

続きを読む

ガラホになっても独自機能は健在!au向け折りたたみ型タフネスケータイ「TORQUE X01」の基本機能やプリインアプリを紹介【レビュー】


ガラホでもアウトドアに便利な機能は充実!タフネスケータイ「TORQUE X01」の気になるソフトウェアをチェック

auから2月24日に発売された米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」をクリアするなど、非常に高い耐久性が特長の折りたたみ型Androidケータイ(フィーチャーフォン、いわゆる「ガラホ」)の「TORQUE X01(型番:KYF33)」(京セラ製)。

一昨年に発売された同じ京セラ製のタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G02」の世界観を受け継ぎつつも頑強なボディーや登山にマリンスポーツといったアウトドア活動に役立つさまざまな機能を折りたたみケータイサイズへ落とし込んだ今季注目の製品のひとつです。

筆者も購入して前回、開封レポートをお届けしましたが、本記事では引き続いてTORQUE X01の基本機能やプリインストールアプリなどを紹介していこうと思います。

続きを読む

安心・便利を追求してついに10世代目!耐衝撃性能も備えたau向け4G LTE対応折りたたみ型携帯電話「かんたんケータイ KYF32」の京セラによる説明会を紹介【レポート】

kyf32-001
京セラ製au向け「かんたんケータイ」がさらに使いやすくなって登場!

京セラは9日、都内にて今夏のau向け最新モデルとなる折りたたみ型携帯電話「かんたんケータイ(型番:KYF32)」の商品説明会を開催しました。かんたんケータイは主にシニア層をメインターゲットとしたフィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)タイプの製品で、OSにAndroidを採用した「ガラホ」となっています。

すでに7月30日よりauショップ店頭や公式Webストア「au Online Shop」など販売が開始されており、価格(税込)は本体価格が32,400円、他社から乗り換え(MNP)での契約の場合実質負担は10,800円、新規契約と機種変更では実質負担は21,600円となっています。

京セラはこれまでにも「簡単ケータイ」シリーズを作り続けてきており、初代となる「W32K」から数えて11年、かんたんケータイは10世代目の製品となります。また前機種となる「簡単ケータイ K012」からは4年ぶりの新機種投入となりましたが、このタイミングとなった経緯やかんたんケータイに盛り込んだ新機能にはどのような意図があるのでしょうか。今回はそういった点を説明会の模様を通して紹介したいと思います。

続きを読む

日本初の2画面テンキー付きスマホ「FREETEL MUSASHI」を使って感じた良い点と悪い点をまとめてみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
2画面折りたたみな意欲作!FREETEL MUSASHIまとめてみた!!

プラスワン・マーケティングから「FREETEL」ブランドでSIMフリーモデルとして販売中の折りたたみ型2画面スマートフォン(スマホ)「MUSASHI」。

日本初のテンキー搭載かつタッチパネルディスプレイを2つ搭載の折りたたみ型モデルということで、事前の注目度も高い機種として登場しました。

これまでに開封レポート内蔵アプリ紹介性能テストなどをお送りしてきましたが、今回は「筆者が実際に使ってみて気がついた良い点と良くなかった点」をまとめてみました。


続きを読む

2刀流に込められた性能は?SIMフリーの折りたたみ型2画面スマホ「FREETEL MUSASHI」の実力をベンチマークで確認してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
結構頑張ってる!?FREETEL MUSASHIの性能をベンチマークでチェック!

SIMフリーの携帯電話ブランド「FREETEL」を展開しているプラスワン・マーケティングから販売中の折りたたみ型2画面スマートフォン(スマホ)「MUSASHI」。

同じ折りたたみ型スマホでも大手携帯電話会社から販売されているいわゆる「ガラホ」とは違い、MUSASHIはGoogle Playストアや各種Googleのサービスを一通り利用できる普通のスマホでもあるため、ベンチマークアプリをダウンロードして利用することもできます。

そこで今回は、他のスマホのようにベンチマークアプリを使ってMUSASHIの性能を見てみたいと思います。


続きを読む

SIMフリーの折りたたみ型2刀流スマホ「FREETEL MUSASHI」の内蔵アプリをチェック!ダブルディスプレイとテンキー操作を活かせるのか!?【レビュー】

6c3fcff1.jpg
折りたたみ2画面スマホ「MUSASHI」の内蔵アプリをチェックしましょ!

SIMフリーの携帯電話ブランド「FREETEL」を展開しているプラスワン・マーケティングから発売されたテンキー搭載の折りたたみ携帯電話型2画面スマートフォン(スマホ)「MUSASHI」。

国内初の折りたたみ型かつ2画面のスマホとして、折りたたみ時またはオープン時の2つの異なるスタイルでの利用が可能な"2刀流"モデルとして注目されています。

前回、購入したので開封した模様をレポートしましたが、続けて今回は、MUSASHIのプリインストールアプリなどを紹介していきます。

続きを読む

2つの使い方ができるテンキー搭載の折りたたみ型2画面スマホ「FREETEL MUSASHI」を購入!開封して同梱物や外観をチェック【レビュー】

6c3fcff1.jpg
ダブルスタイルなFREETELの挑戦作「MUSASHI」の開封レビュー!

SIMフリーの携帯電話ブランド「FREETEL」を展開しているプラスワン・マーケティングから3月26日に発売された国内向けとしては初のテンキー搭載の折りたたみ型2画面スマートフォン(スマホ)「MUSASHI」。

その特長は折りたたんだ状態では4インチディスプレイの全画面タッチ操作ができるこれまで通りのスマホとして、オープン時にはタッチパネルだけでなく従来型携帯電話(フィーチャーフォンもしくはケータイ、いわゆる「ガラケー」)と同じようにテンキーでの操作ができる"2刀流"でしょう。

過去に日本でもスライド式でテンキーを搭載したり、折りたたみ型でテンキーを搭載したスマホはありましたが、2画面なのは国内向けでははじめてのスタイルで、これまでにも折りたたみ型でありながら表と裏の両側にタッチパネルを備えたこの形状のスマホは国外向けには数機種存在していましたが、ついに日本でも登場しました。

今回、筆者も発表時から発売を楽しみにしていたのでさっそく購入しました。そこで、さっそく開封して個装箱や内容物、外観などを写真を交えて紹介します。

続きを読む

FREETELの折りたたみ&デュアルディスプレイでタッチとテンキーの両操作ができる二刀流ガラホ「MUSASHI」とSIMフリーケータイ「SIMPLE 2」を写真と動画でチェック【レポート】

テンキーモードも使える二刀流スマホ「MUSASHI」

プラスワン・マーケティングは14日、都内で「2016年戦略発表会」を開催し、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」のAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)を採用したテンキー搭載折りたたみ型スマートフォン(スマホ)「MUSASHI」を披露した。

MUSASHIはすでに同社の海外向けWebサイトで存在は明らかになっていたが、従来のケータイ(フィーチャーフォン)のような折りたたみ型形状に約4.0インチWVGA(480×800ドット)ディスプレイを表裏2画面搭載した製品だ。

その特長は折りたたんだ状態でのフラット形状なスマホとしてのタッチ操作と、2つ折りケータイのように開いた状態でのテンキー操作を可能とするいわゆるガラホにもなるわけだ。また、開いた状態でのテンキー操作時でもタッチパネル操作を可能としている。

また、同発表会ではMUSASHIの他にもSIMフリーのフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)「Simple」の第2弾「Simple 2」が3モデル発表となった。今回はMUSASHIを写真と動画で、参考展示のSimple 2を写真で紹介していく。

続きを読む

ガラケーでもLINEを楽しもう!高精細液晶と高音質通話が快適なHD Voice 3G対応折りたたみ型Androidケータイ「AQUOSケータイ」を写真と動画でチェック【レポート】

AQUOSケータイ
"ガラケー"の正常進化がここにある!

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は8日、今冬および来春に投入する新製品・新サービスを披露する「2015-2016冬春 新商品・新サービス発表会」を開催し、OSにAndroidを採用しつつ従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)と同じような操作性を導入したSoftBankおよびY!mobile向け折りたたみ型ケータイ「AQUOSケータイ」(シャープ製)を発表しました。発売時期および型番はSoftBank向けが2015年11月下旬予定で501SH、Y!mobile向けが2015年12月中旬で504SHとなっています。

SoftBankとY!mobileの2ブランド戦略で事業を推し進めているソフトバンクは、AQUOSケータイを両ブランドから発売します。ブランドによる性能差はなく単純な販路の区別のみとなっています。

本機はフィーチャーフォンにAndroid OSを採用した、いわゆる「ガラホ("ガラ"ケー+スマ"ホ"の俗称)」の構成となっていますが、ソフトバンク側の説明員によれば飽くまでもフィーチャーフォンという立場での販売ということで、ガラホとは呼んで欲しくないという雰囲気でした。

敢えて先進性を感じさせるガラホではなく、従来通りのフィーチャーフォンという立ち位置を貫く意図はどこにあるのでしょうか。発表会のタッチ&トライコーナーで試作機に触れることができましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。