S-MAX

キャッシュレス・消費者還元事業

キャンペーン「いつでもどこでも d払い」を毎月実施!11月14日からセブン-イレブンで+10%還元、12月2日からコンビニ各社で+10%還元など


毎月実施されるいつでもどこでも d払いキャンペーンがスタート!まずはセブン-イレブンで+10%還元

NTTドコモは13日、同社が提供するスマートフォン(スマホ)など向けコード決済サービス「d払い」において特定のジャンルや店舗でのキャンペーンを行う「いつでもどこでもd払い」( https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/campaign/#CPplan )を毎月開催するとお知らせしています。

まずは2019年11月14日(木)0:00から12月1日(日)23:59までコンビニエンスストア「セブン-イレブン」にて700円(税込)以上の買い物をする場合に通常の進呈ポイント(税込200円ごとに1ポイント=0.5%還元)に加えて支払額の10%のdポイント(期間・用途限定)を還元する「セブン‐イレブンでd払い10%還元キャンペーン」を実施します。

また2019年12月2日(月)0:00から12月15日(日)23:59はd払いが使える対象のコンビニエンスストアでの買い物で通常の進呈ポイント(税込200円ごとに1ポイント=0.5%還元)に加えて支払額の10%のdポイント(期間・用途限定)を還元する「コンビニd払い+10%還元キャンペーン」を開催します。

さらに12月2日から2020年3月31日(火)23:59まではキャッシュレス・消費者還元事業の還元率が5%である加盟店において支払額(税込)に対して通常進呈するdポイントに加え、キャッシュレス・消費者還元事業による5%分のdポイント(通常ポイント)および生活応援キャンペーンとして5%分のdポイント(期間・用途限定)を還元する「d払い生活応援キャンペーン」を実施します。

それ以降も加盟店やカテゴリー、地域などを設定し、d払いをお得に楽しめるキャンペーンを続々開催していき、d払いの利用者がお得に使えるようなキャンペーンを随時実施していくとのこと。なお、次回以降のキャンペーン内容については随時案内していくということです。今後も同社では「dポイント」の利便性向上を通じ、利用者の毎日がお得で楽しく便利な生活になるよう努めていくとしています。

続きを読む

交通系ICカード「PASMO」の買い物で10月1日より最大5%還元!経産省のキャッシュレス・消費者還元事業に参加で。電車・バスの運賃は対象外


PASMOで買い物をすると最大5%還元!ただし、還元方法がかなり面倒

パスモは11日、経済産業省が推進するキャッシュレス・消費者還元事業に参加し、同事業の実施期間において同社が提供する交通系ICカード「PASMO」において「PASMOキャッシュレスポイント還元サービス」を実施すると発表しています。

これにより、同事業の対象となる交通系電子マネー加盟店( https://cashless.go.jp/ )においてPASMOで決済すると、決済額に応じて5%(フランチャイズ店は2%)のポイントが貯まり、ポイントはパスモが指定する場所で1ポイント=1円に換算してPASMOにチャージできるとのこと。

ポイント還元期間は2019年10月1日(火)から2020年6月30日(火)まで。還元サービスを利用してポイントを貯めるには専用Webサイト( https://www.pasmo-point.jp/ )にてPASMOを登録する必要があり、貯まったポイントは集計期間ごとに還元場所( https://www.pasmo-point.jp/media/pdf/receive_place.pdf )にてPASMOにチャージする形で還元されます。

なお、記名PASMOだけでなく、無記名PASMOも対象ですが、電車・バスの運賃の支払いは還元対象になりません。また一集計期間の還元額の上限は20,000円ですが、PASMOの残額と還元額を合算して20,000円を超える場合は還元を行うことができず、還元されるポイントは案内メールに記載された還元期間を過ぎると失効するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。