S-MAX

クロッシィ

NTTドコモ、受信時最大75MbpsのXiエリア拡大品質向上地区情報を更新!2013年5月度は484地域が対象――Xi対応移動基地局車を四国でも運用開始


Xiエリア拡大・品質向上地区情報が更新!

NTTドコモは20日、高速データ通信規格LTEによるサービス「docomo LTE Xi(クロッシィ)」において受信時最大75Mbpsで利用できるようになるなどの「Xiエリア拡大品質向上地区情報」の情報を更新し、2013年5月度における実績をお知らせしています。

これによると、2013年5月度におけるXiエリア拡大品質向上地区は、484地域で更新されているとのこと。これまで紹介した通り、2012年12月度に522地域、2013年1月度に483地域、2013年2月度に547地域、2013年3月度に576地域、2013年4月度に456地域に続き大幅に更新されており、これで年末から合計3068地域が対象となっています。

また、Xiに対応した移動基地局車を四国で2013年6月28日(金)から運用開始することも案内されています。

続きを読む

NTTドコモ、LTE対応小型基地局装置を開発!大きさを10%以下で従来のXiエリア化困難地域にも投入可能で、さらなるエリア拡大・品質向上を進める


ドコモがLTE対応小型基地局を開発!すでに導入開始中

NTTドコモは20日、高速データ通信規格LTE方式に対応した「小型基地局装置」(以下、LTE対応小型基地局)を開発し、2013年6月から運用を開始したと発表しています。

NTTドコモではこのLTE対応小型基地局も含めて2013年度末までに5万局のLTE基地局を展開する計画であり、docomo LTEサービス「Xi(クロッシィ)」のエリア展開および品質向上の取り組みを加速していくとしています。

続きを読む

NTTドコモ、docomo LTEサービス「Xi(クロッシィ)」の契約者数が1200万を突破!パケット収入も前年比6%増加


docom LTE Xiが1200万突破!

NTTドコモは26日、2012年度の決算内容および2013年度の見通しを説明する「2013年3月期決算説明会」を開催し、その中で、高速データ通信規格LTEによるサービス「Xi(クロッシィ)」の契約者数が2012年4月20日(土)付で1200万に到達したことを明らかにした。

また、高速データ通信サービスが拡大することで、データ通信によるパケット収入も1,093億円(前年比+6.1%)増の18,939億円になったとのこと。

続きを読む

NTTドコモ、docomo LTEサービス「Xi(クロッシィ)」の設備投資を強化!2014年末には5万基地局設置および高速化対応加速へ


Xi基地局数を1年前倒し倍増へ

NTTドコモは26日、2012年度の決算内容および2013年度の見通しを説明する「2013年3月期決算説明会」を開催し、その中で、2013年度に高速データ通信規格LTEによるサービス「Xi(クロッシィ)」の設備投資を強化するという計画であることを示した。

それによって、Xi対応基地局数を1年前倒しで倍増し、2014年3月に5万局を設置し、Xiの下り最大75Mbpsに対応した高速化対応基地局設置数や国内最速下り最大112.5Mbpsに対応したエリア数も昨年12月時点の計画よりもさらに上回る計画となっているとのこと。

さらに、いち早く受信時最大150Mbpsのサービスも開始予定で、LTEによるサービスにおいて国内でエリア・速度ともにNo.1で満足度の高いサービスを提供できるよう努めていくとした。

続きを読む

NTTドコモ、受信時最大75MbpsのXiエリア拡大品質向上地区情報を更新!2013年3月度には576地域が対象


Xiエリア拡大・品質向上地区情報が更新!

NTTドコモは19日、高速データ通信規格LTEによるサービス「docomo LTE Xi(クロッシィ)」において受信時最大75Mbpsで利用できるようになるなどの「Xiエリア拡大品質向上地区情報」の2013年3月度における実績をお知らせしています。

これによると、2013年3月度におけるXiエリア拡大品質向上地区は、576地域で更新されているとのこと。これまで紹介した通り、2012年12月度に522地域、2013年1月度に483地域、2013年2月度に547地域に続き、大幅に更新されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。