S-MAX

グリー

東京ゲームショウ2013:次世代のソーシャルゲームへ進化するGREEブース――進撃の巨人のカードゲーム化なども【レポート】

01
進化するソーシャルゲーム

千葉・幕張メッセで昨日19日(木)から開催となったゲーム関連イベント「東京ゲームショウ 2013(TGS 2013)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)。本日20日(金)まではゲーム業界関係者向けだが、今週末の21日(土)・22日(日)の2日間は一般公開となる。

今回は、昨年も紹介したGREEブースについて今年も引き続き見所をレポートしたいと思う。ソーシャルゲームもここに来てさらに進化してきており、同社の次世代ゲームの行方にも注目したい。

続きを読む

グリー、フィーチャーフォン向け「GREE」で上限額の設定を超えて利用できる障害が発生していたことを公表、超過額の総額2,800万円を返金

8b21a7a1.png

未成年ユーザーの一部に設定額を超過して利用できる障害が発生

グリーは7日、フィーチャーフォン(従来型のケータイ)向け「GREE」において、未成年ユーザーの一部で上限額を超えて利用できる事象が発生していたことを発表した。

障害の詳細は、2012年4月26日から9月7日の期間中、フィーチャーフォン向け「GREE」において、未成年のユーザーがクレジットカードによる支払いを選択した場合、15歳以下月間5,000円(税込)まで、16歳以上19歳以下月間10,000円(税込)まで、という利用金額の上限である制限を超えて決済できる状態になっていた。

影響の範囲は、延べ733名、期間中の上限超過額は総額28,114,470円という。影響の範囲について同社では、「2012年4月26日から9月7日の期間における10歳から19歳までのお客様を対象とした調査によるもので、10歳未満のお客様については精査し、影響の範囲に変更のある場合には、速やかに公表させていただきます」としている。

続きを読む

東京ゲームショウ2012:GREEブースではスマートフォンの性能アップとともに加速するソーシャルゲームを多数出展【レポート】

スマートフォン向けのリッチコンテンツが続々登場!

グリーは、東京ゲームショウ2012(TOKYO GAME SHOW 2012:略称TGS2012)においてパートナー提供タイトルを含む33タイトルを出展した。それぞれ試遊台が設けられており、今後ローンチ予定のタイトルも体験が可能となっている。

9月21日より発売が開始された「iPhone5」(アップル製)をはじめとするスマートフォンの性能向上もあり、フィーチャーフォンからの移植が多かったスマートフォン向けのソーシャルゲームが次のステップへと向かっていることがわかる展示となっている。リッチコンテンツ化したグリーブースの出展作品をピックアップしつつグリーブースを紹介していこう。

続きを読む

推しメンを育てるのは難しい?GREEからアイドルをプロデュースするカードゲーム「IDOL J@M」が登場!100人以上のアイドルが出演するゲームの攻略法をちょっとだけ教えます【ハウツー】

自分だけのドリームユニットを作ろう!

2012年8月31日よりサービスインとなったフジテレビとグリーが業務提携したソーシャルゲーム「IDOL J@M(アイドルジャム)」。ブラウザ上で遊ぶゲームですので、GREEのIDがあればスマートフォン(一部非対応端末あり)、フィーチャーフォンで無料で遊ぶことができます。

100名以上の人気アイドルが登場するというIDOL J@Mのゲームシステムは、GREEのソーシャルカードゲームで遊んだことがある人なら「あ、あれね」とすぐわかるので、どのようにゲームを進めれば良いのか理解できると思いますが、GREEのIDを取得して初めて遊ぶ人にとっては、目的がわからなかったり何が面白いのかわからなかったりするかと思います。

そこで今回は、基本的なゲームの進め方を教えちゃいます。

続きを読む

東京ゲームショウ2011:スマートフォン対応が進むGREEのソーシャルゲーム【レポート】

iPhone、androidでもソーシャルゲームが続々登場

2011年9月15日より千葉・幕張メッセで開催となった世界最大級のゲーム関連展示イベント「東京ゲームショウ2011(TGS2011)」(一般公開日は9月17日~18日)。

新作ゲームソフトが目白押しの会場内に、携帯電話やスマートフォン向けのソーシャルゲームを数多く展示していたがのGREEだ。

ドリランドやモンプラなどモバイル向けのソーシャルゲームサービスを提供するGREEは、ソニー・コンピュータエンタテインメント、スクウェア・エニックス、セガなど大手メーカー並の大きなブースでの出展でその勢いをアピールしていた。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。