S-MAX

ケイ・オプティコム

格安SIM「mineo」にて「続・大盤振る舞い900円6カ月割引キャンペーン」が開始!音声通話プランが月額410円から利用可能――紹介キャンペーンも延長


mineoが続・大盤振る舞い900円6カ月割引キャンペーンを開始!

ケイ・オプティコムは30日、同社がNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )において「続・大盤振る舞い(ぞく・おおばんぶるまい)900円6カ月割引キャンペーン」を2017年12月1日(金)から2018年1月18日(木)まで実施するとお知らせしています。

通話対応のデュアルタイプを新規契約(MNP含む)した場合に月額基本料金から900円を6ヶ月間割引するというもの。これにより、最も安い月500MBプランなら半年間は月額410円で使えます。

今年9月1日から11月9日まで実施していた「大・大盤振る舞い12カ月900円割引キャンペーン」と同じ900円割引ですが、大・大盤振る舞いでは12カ月間だったものの、続・大盤振る舞いでは6ヶ月間と短くなっている点が異なっています。

なお、2017年12月26日(火)まで実施中の「au回線をもっと使ってみよう!対象国産スマホ購入で最大15,000円割引キャンペーン」との併用はできず、割引額が小さい続・大盤振る舞い900円6カ月割引キャンペーンは適用されないとのことなのでご注意ください。

また継続して提供している紹介した人と紹介された人がギフト券(Amazonギフト券またはEJOICAセレクトギフト)をそれぞれ1,000円分もらえる「mineo紹介キャンペーン」についても一旦11月30日に終了しますが、新たに12月1日から実施されます。期間は2018年1月18日(木)まで。

続きを読む

格安SIM「mineo」の契約事務手数料が無料になるエントリーコード付きの家電批評の特別編集雑誌「SIMフリー完全ガイド」が販売中!2GB×3ヶ月のパケット増量特典も


mineoエントリーコードが付録の雑誌「SIMフリー完全ガイド」が発売!

ケイ・オプティコムがNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )において契約事務手数料(通常3,240円)が無料になるエントリーコードが付録として付いてくる雑誌「【完全ガイドシリーズ202】 SIMフリー完全ガイド (100%ムックシリーズ)」が2017年11月20日(月)に発売しています。

価格は734円で、Amazon.co.jpなどで販売されている「mineoエントリーコード」(462円)よりも高いですが、特別特典としてさらにmineo開通の翌月から2GB×3カ月のパケット(データ通信量)増量(付与のタイミングは当該月の10日頃)があるとのこと。

また紹介キャンペーンも適用可能とのことなので、Amazonギフト券1,000円分がもらえるため、2017年9月1日から導入されたSIMカード発行手数料(Dプラン:425円、Aプラン:438円)を加えると若干初期費用として費用がかかってしまいますが、使いはじめにどのくらいデータ通信をするのか心配な人には良さそうです。

なお、mineoでは開通月は契約したプランの月間パケット量はそのまま(500MBプランなら500MB)使えますが、料金は契約日から月末までの利用日数に応じた日割りとなりますし、余ったパケット量も翌月までは繰り越せるので月途中での契約もむしろお得感があります。

またmineoの公式コミュニティーWebサイト「マイネ王」にてeo ID連携をはじめてした場合には1GBがプレゼントされますし、さらに「パケットギフト」や「フリータンク」を利用すればうまく利用プランをより安いものにできると思われます(金額はすべて税込表記)。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にてauプランへMNPまたはプラン変更した場合で同時に国内メーカースマホ「DIGNO V」または「arrows M03」を購入すると1万5千円を割り引くキャンペーンを実施


mineoのau回線をもっと使ってみよう!対象国産スマホ購入で最大15,000円割引キャンペーン

ケイ・オプティコムは9日、NTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )において「au回線をもっと使ってみよう!対象国産スマホ購入で最大15,000円割引キャンペーン」を2017年11月10日(金)から2017年12月26日(火)まで実施すると発表しています。このキャンペーンはau回線を利用した「Aプラン(auプラン)」と対象機種をセットで申し込んだ場合に月額基本料金から625円(税別)を24ヶ月間(総額15,000円)割り引きます。

なお、対象は他社のau系回線以外からAプランへMNP(他社から乗り換え)およびmineoのDプラン(ドコモプラン)からAプランへプラン変更する場合で、同時に「DIGNO V」もしくは「arrows M03」を購入した場合のみ。

また同社では新たにmineoにて「ZenFone 4 ZE554KL」および「ZenFone 4 Selfie Pro ZD553KL」を2017年11月10日(金)に、「AQUOS sense lite SH-M05」を2017年12月1日(金)に発売すると発表しています。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にて回線ごとに高速データ通信容量410MBをもれなくプレゼント!既存利用者含む8月31日までに申し込んだ場合が対象――エントリーパッケージは値下げ


mineoが既存ユーザーに410(よ・い・おーさま)MBプレゼント!

ケイ・オプティコムは6日、NTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )において2017年8月31日(木)までに申し込んで契約している回線に高速データ通信容量410MBをプレゼントするキャンペーンを実施しています。

プレゼントは回線ごとにもれなく410MBが自動的に2017年10月6日(金)より順次行われ、応募や手続きなどは不要。すでに筆者の回線にも付与されていました。対象の人は「My mineo」から確認してみてください。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にて紹介元と紹介先にギフト券2千円分がプレゼントされる「倍増!紹介キャンペーン」などが11月9日まで実施!通話対応プランを新規契約なら900円×12ヶ月割引も


mineoの各種キャンペーンが9月1日から11月9日まで実施!

ケイ・オプティコムは31日、同社がNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )において「大・大盤振る舞い(だい・おおばんぶるまい)12カ月900円割引キャンペーン」など各種キャンペーンを2017年9月1日(金)から11月9日(木)まで実施すると発表しています。

大・大盤振る舞い12カ月900円割引キャンペーンは通話対応のデュアルタイプを新規契約(MNP含む)した場合に月額基本料金から900円×12カ月割引するというもの。これにより、最も安い月500MBプランなら1年間は月額410円で使えます。

また、mineoでんわサービスにおいて10月1日(日)より5分以内の国内通話が何度でも無料となる「mineoでんわ 5分かけ放題サービス」(月額850円)を月額料金はそのままで「mineoでんわ 10分かけ放題」へ拡大するとのこと。

さらに7月1日から8月31日まで実施していた紹介した人と紹介された人にそれぞれAmazonギフト券2,000円分がプレゼントされる「倍増!紹介キャンペーン」を2017年11月9日(日)まで期間延長するとしています。

その他、auプランで利用可能な新スマートフォン(スマホ)「DIGNO V」(京セラ製)などを9月1日(金)より販売開始するとともに、従来から販売しているスマホ4機種においても同日より販売価格を改定しています。

DIGNO Vについては他社のau系回線以外からAプランにMNPまたはDプランからAプランに変更して購入した場合にAmazonギフト券5,000円分をプレゼントするほか、「arrows M04」を購入した先着2500人にAmazonギフト券2,000円分をプレゼントするということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。