S-MAX

ケイ・オプティコム

携帯電話サービス「mineo」にて期間限定で低速モードの最大通信速度を500Kbpsまたは1Mbpsにする「mineoスイッチ増速ウィーク」を実施!オプション契約特典「パケ増し」も


サービス開始5周年!mineoスイッチ増速ウィークを実施

オプテージは31日、移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」( https://mineo.jp )において2019年6月10日(月)から6月23日(日)までデータ容量を消費しない「mineoスイッチ」の通信速度制限を大幅に引き上げる「mineoスイッチ増速ウィーク」を実施すると発表しています。

mineoでは現在、高速データ容量がなくなったときの速度制限時や高速データ容量を消費しないmineoスイッチがオン(節約時)のときに上下最大200Kbpsに制限していますが、mineoのサービス開始5周年に合わせてmineoスイッチがオンのときの最大通信速度を6月10日(月)早朝~6月17日(月)早朝までは500kbps、6月17日(月)早朝~6月23日(日)までは1Mbpsに増速するとのこと。

なお、mineoプチ体験(mineoプリペイドパックおよびmineo無料レンタル)や高速データ容量がなくなった場合は対象外で、その場合の通信速度は通常通り200kbpsとなるとのこと。また法人プランについては契約プランによって適応可否が決まるとのことで、詳細は公式Webサイトに掲載するとしています。

さらにmineoでは6月1日(土)からエンタメ系および新たにラインアップするビジネス系オプションサービスを利用する場合対象にオプションと契約コースに応じてパケットを毎月付与する「パケ増し」( https://mineo.jp/service/discount/packet-up/ )を提供開始すると案内しています。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」が事業説明会を開催!ユーザーをサポートスタッフとして起用するアンバサダー制度など、挑戦的な新施策とその戦略について解説【レポート】


格安SIMのマイネオが事業説明会を開催!招待キャンペーンはアンバサダーに

仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( https://mineo.jp )を運営するケイ・オプティコムは18日、都内にて事業説明会を開催し、新たな事業行動指針「mineo way」を骨子とした7つの新施策を発表しました。

mineoは2018年4月に100万回線契約を達成し、現在もMVNO市場において上位のシェアを持つ大手MVNOです。その特徴は同事業が掲げるブランドステートメント「Fun with Fans!」にある通り、ユーザーファーストの姿勢で事業運営を取り組み、公式コミュニティーサイト「マイネ王」などのユーザーコミュニティーの醸成を中心とした口コミ効果を使ったシェア拡大にあります。

今回発表された行動指針や新施策はこれまでに培ってきたユーザーコミュニティをさらに加速させ、事業運営にも食い込ませていく野心的な施策となっています。事業説明会で語られた戦略や方向性とともに、同サービスの今後について考察します。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にて「月額基本料金500円3カ月間割引」や「6GB・10GBコースが最大940円3カ月間割引」などのキャンペーンを2月1日より実施!機種変更応援も


格安SIMのマイネオが月額基本料金500円3カ月間割引キャンペーンなどを2月1日より実施!

ケイ・オプティコムは30日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( https://mineo.jp )において「月額基本料金500円3カ月間割引キャンペーン」および「6GB・10GBコースがおトクに使える!キャンペーン」、「機種変更応援キャンペーン」、「機種変更と保証サービス セットでおトクなキャンペーン」を実施すると発表しています。

キャンペーン期間は月額基本料金500円3カ月間割引キャンペーンおよび6GB・10GBコースがおトクに使える!キャンペーンは2019年2月1日(金)から5月8日(水)まで、機種変更応援キャンペーンおよび機種変更と保証サービス セットでおトクなキャンペーンは2019年2月1日(金)から3月31日(日)まで。金額はすべて税抜。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にてハズレなしで最大10GBの高速データ通信量がもらえる新春企画「マイネオ七福神」を実施中!コニュニティーサイト「マイネ王」にて


格安SIMのマイネオで最大10GBのパケットをプレゼント!

ケイ・オプティコムは4日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( https://mineo.jp )において新春企画「マイネオ七福神」を実施するとお知らせしています。

マイネオ七福神はmineoの公式Webコミュニティーサイト「マイネ王」内にある専用Webページ( https://king.mineo.jp/campaign_omikuji/4 )にてくじを引くと出た福袋によって最大10GB(10240MB)の高速パケット通信量がプレゼントされるキャンペーンで、期間は2019年1月4日(金)15時30分 ~ 2019年1月31日(木)23時59分まで。

続きを読む

ソフトバンク回線のMVNOが高音質通話サービス「VoLTE」に対応!LINEモバイルやmineo、nuroモバイル、b-mobile Sがそれぞれ案内。事業者間相互接続もはじまり、VoLTEの利用範囲が拡大


mineo、nuroモバイル、b-mobileのソフトバンク回線サービスがVoLTEに対応!

既報通り、LINEモバイルが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )においてソフトバンク回線でも高音質通話サービス「VoLTE」が11月29日より利用できるようになったと案内しています。

またソフトバンク回線のMVNOでは他にもケイ・オプティコムの「mineo(マイネオ)」( https://mineo.jp )やソニーネットワークコミュニケーションズの「nuroモバイル」( http://mobile.nuro.jp )、QTnetの「QTモバイル」で11月29日より、日本通信の「「b-mobile S」( http://www.bmobile.ne.jp/sb/ )で12月11日より提供されていると案内されています。

各社ともにより高音質なコーデック「EVS-SWB」を利用した「VoLTE(HD+)」にも対応しているとしており、LINEモバイルでは数週間から1ヶ月程度ですべての契約で切り替えが行われ、mineoとnuroモバイル、QTモバイルでは12月中旬までに順次切り替えが行われるとしていましたが、このうちのmineoでは12月11日にすべてのソフトバンク回線の利用者がVoLTE対応となったことが案内されています。

VoLTEに対応すると、高音質な音声通話や、発着信の時間の短縮、通話中でもLTEが利用できるなど、利便性が向上します。なお、VoLTEに対応した場合には留守番電話・転送電話の番号がそれまでの「106」から「0800-919-4006」に変わるのでご注意ください。

その他、iPhoneでVoLTEを利用するにはiPhone 6以降でiOS 8.3以上かつキャリア設定19.1以上になっており、設定の「モバイル通信」→「通信のオプション」→「4Gをオンにする」にて「音声通話とデータ」にチェックを入れる必要があるとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。