S-MAX

ケータイプラン

NTTドコモ、新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を発表!6月1日提供開始でスマホは月額1980円から。月々サポートや端末購入サポート、docomo with、iモードは新規受付終了


docomoの新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」が発表!その内容とは!?

NTTドコモは15日、都内にて「新料金プラン発表会」を開催し、スマートフォン(スマホ)向けによりわかりやすくシンプルになった新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」を2019年6月1日(土)に提供開始すると発表しています。また提供開始に先立って2019年5月22日(水)に予約受付を開始するとのこと。

ギガホは月30GBまで利用できる定額プラン、ギガライトは月1GBからはじまる段階制定プランとなっており、それぞれ家族内の国内通話料が無料となります。利用料は通常、2年契約でギガホが1回線のみなら月額6,980円(金額はすべて税別)、家族(3親等以内)の2回線なら1回線当たり月額6,480円、3回線以上なら1回線当たり月額5,980円で2019年9月30日(月)までに加入すると「ギガホ割」によって最大6ヶ月毎月1,000円が割り引かれて各々月額5,980円、月額5,480円、月額4,980円です。

またギガライトは1回線なら月1GB・3GB・5GB・7GBまでが月額2,980円・3,980円・4,980円・5,980円、2回線なら1回線当たり月額2,480円・3,480円・4,480円・5,480円、3回線以上なら1回線当たり月額1,980円・2,980円・3,980円・4,980円で、こちらはギガホ割のような割引はないとのこと。さらに固定通信サービス「ドコモ光」を契約している場合には「ドコモ光セット割」によってギガホおよびギガライトの5GB以上なら永年毎月1,000円割引、ギガライトの3GBなら永年500円割引となります。

その他、ケータイやキッズケータイなどのフィーチャーフォン向け料金プランとして「ケータイプラン」が月額1,200円、「キッズプラン」が月額500円、さらにスマホ以外にタブレットなどを1人で合計2台持つ場合にスマホがギガホ・ギガライトとなっているなら2台目は月額1,000円となる「データプラス」が提供されます。

家族以外にも通話をするならオプションで国内通話が無料になる「かけ放題オプション」が月額1,700円、5分以内の国内通話が無料になる「5分通話無料オプション」が月額700円となります。同社ではこれらに従来通り「ずっとドコモ特典」やはじめてのスマホを使う人向けの「はじめてスマホ割」によってこれまで以上にお得に使えるようになるとしています。

ずっとドコモ特典は同社を長くたくさん使っているギガホやギガライト、ケータイプランの契約者にdポイントクラブステージに応じて契約者の誕生月にdポイント(期間・用途限定)を毎年進呈するもので、プラチナステージなら3,000ポイント、4thステージなら2,000ポイント、3rdステージなら1,500ポイント、2ndステージなら1,000ポイント、1stステージなら500ポイントがもらえます。なお、ずっとドコモ特典におけるdポイント(期間・用途限定)の獲得は契約者自身によって手続きが必要となり、契約者の誕生月を含む6か月目の月末まで申し込めます。

さらに新料金プランの提供開始に伴って既存料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」におけるFOMA・Xi向け料金プランおよび「docomo with」などの料金割引サービス、「月々サポート」や「端末購入サポート」などの端末割引サービスは2019年5月31日(金)に、FOMA音声プランおよび割引サービス、iモードは2019年9月30日(月)に、FOMAデータプラン・ユビキタスプランおよび割引サービスは2020年3月31日(火)にそれぞれ新規受付を終了します。ただし、現在契約中の料金プランや割引サービスについては新料金プラン提供後も継続利用は可能とのこと。

続きを読む

携帯電話サービス「IIJmio」にて音声通話に特化した料金プラン「ケータイプラン」が2月1日より提供!月額税別920円で、別途データ通信もチャージすれば利用可能


IIJmioにて音声通話に特化した料金プラン「ケータイプラン」が登場!

インターネットイニシアティブ(IIJ)は24日、NTTドコモやauの回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )において音声通話やSMSの利用に限定した新しい料金プラン「ケータイプラン」を2019年2月1日(金)より提供開始すると発表しています。

通話料やSMS送受信料は別途かかるものの、月額920円(すべて税別)で契約できるため、待受専用や海外出張・留学で日本に長期間いない場合に電話番号は保持しておきたいなどの利用時に向いています。なお、データ通信も別途、クーポン(高速通信が可能なデータ量)を購入すれば利用可能。

またサービス開始を記念してIIJmioにケータイプランで新規契約した場合に初期費用を1円に割り引く「ガラケーでも格安SIMを使おう!キャンペーン」( https://www.iijmio.jp/campaign/keitai/keitai201902.jsp )を2019年2月20日(水)23:59まで実施します。

なお、新規契約時には初期費用の他にSIMカード発行手数料(タイプD:394円、タイプA:406円)がかかりますが、キャンペーンでもSIMカード発行手数料は別途発生するとのこと。

その他の「スペシャルセール!スマホ大特価キャンペーン」や「ハイグレードスマホ スペシャルキャンペーン」、「SHARP SH-M08 発売記念キャンペーン」と同時適用が可能で、対象端末と同時にケータイプランをお申し込みいただくと「選べるe-GIFT」をプレゼントするということです。

続きを読む

ワイモバイル、月額2980円からのスマホ向け新料金プラン「スマホプラン」を8月1日から開始!PHS音声機種やデータ通信向けも「ケータイプラン」および「Pocket WiFiプラン」に名称変更


ワイモバイルが新料金プラン「スマホプラン」を発表!

ワイモバイルは17日、今年6月にイー・アクセスとウィルコムが合併し、その後、7月にワイモバイルに社名を変更後、はじめての「ワイモバイル 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、今後の事業戦略や新料金プラン、新サービス、新機種を発表しています。

新料金プランとしては「Y!mobile」ブランドをスタートさせる8月1日と同時にスマートフォン(スマホ)向け新料金プラン「スマホプラン」を導入します。

スマホプランは月当たりに利用できるデータ通信量に応じて、1GBおよび3GB、7GBの3種類用意され、1回10分以内で月300回までの国内通話定額と合わせて月額3,980円からの“全部コミコミ”となっています。また、スマホプランを対象とした国内通話が相手先、通話時間、通話回数による制限がなく使えるようになる「スーパーだれとでも定額」も月額1,000円で提供。

一方、ケータイやデータ通信端末向け料金プランは既存のウィルコムやイー・モバイル向けのプランが名称変更され、ケータイ向けでは「新ウィルコム定額プランS」が「ケータイプラン」、データ通信端末向けでは「4Gデータプラン」が「Pocket WiFiプラン」として提供されます。

その他、各種割引やキャンペーンなど、さらに、新規申込受付が終了される料金プランやサービス、名称が変更される料金プランやサービスなどが発表されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。