S-MAX

ゲオ

次期iPhoneなどへ乗換時に今使っている機種の高額処分チャンス!?ゲオショップなどの店舗にて通常買取金額に最大1万円の上乗せをする「スマホ買取キャンペーン」を11月12日まで実施中


ゲオが「スマホ買取キャンペーン」をスタート!

ゲオホールディングスは8日、子会社のゲオが展開する全国1200店のゲオショップ・ゲオモバイルにてAndroidおよびiPhoneの対象スマートフォン(スマホ)を通常買取金額に最大10,000円の上乗せをする「スマホ買取キャンペーン」( https://geo-mobile.jp/smartphone-keitaikaitori/ )を実施すると発表しています。

期間は2017年9月8日(金)から11月12日(日)。上乗せ額はiPhone 7やiPhone 7 Plusが10,000円、iPhone 6sやiPhone 6s Plusが5,000円、iPhone 6やiPhone 6 Plusが3,000円、その他のiPhone SEやiPhone 5s以前のiPhoneおよびAndroidが1,000円。

これにより、買取額がNTTドコモ向けのiPhone 7 Plus(128GB)では57,000円、iPhone 7(128GB)では50,000円などとなっています。なお、買取額は変動することがあるとし、初期化ができなかったり、水没反応があったり、正常に動作しなかったり、傷・割れが多い場合については対象外。

また併せて、ゲオ各店舗における2017年9月8日時点の中古スマホ買取金額ランキングも発表されています。同社ではスマホなどの携帯電話の買取の際にはデータを消去し、ゲオ各店舗にて査定を行なった上で現金買取を実施しており、どんな状態でも100円以上で買い取るとしています。

続きを読む

ゲオとNTT Comが業務提携!格安スマホや中古スマホの「ゲオスマホ」と格安SIMをセットにする「ゲオ×OCN SIM」を4月2日から販売


GEO×OCN SIMの「ゲオスマホ」がスタート!

ゲオホールディングス(以下、ゲオ)とNTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)は2日、モバイル事業において業務提携を行い、新たなスマートフォン(スマホ)の販売サービス「ゲオスマホ」を2015年4月2日(木)より開始すると発表しています。

ゲオスマホではNTT ComがNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」と格安スマホや中古スマホを組み合わせて販売する「ゲオ×OCN SIM」を新たに商品化し、全国のレンタルショップ「ゲオ」の1047店舗で発売します。

格安スマホとしてはSIMフリーの「freetel priori2」(プラスワン・マーケティング製)および「Ascend G620S」(Huawei Technologies製)の新品2機種を投入、現在ゲオが保有する中古スマホのどちらからかを選択できます。新機種の一括販売価格(税抜)はfreetel priori2が9,800円、Ascend G620Sが21,800円。

SIMカードについてはゲオ×OCN SIMの「音声SIMタイプ」もしくは「通信SIMタイプ」から選べ、新品・中古スマホにクーポンが貰える会員証機能付き「ゲオアプリ」や中古衣料のeコマースアプリ「セカンドストリート」など、ゲオグループのアプリを事前にインストールして提供し、日頃からゲオを利用する人にとって便利なサービスとなっています。

続きを読む

ゲオの店頭でレンタルDVDやブルーレイが全品半額に!GEO情報も満載の「ゲオ公式アプリ」【Androidアプリ】【iPhoneアプリ】

bcf3c3a7.jpg

ゲオユーザーは必須のアプリ!

レンタルCDやDVD/ブルーレイ、音楽CDの販売、ゲームの販売や買い取りなどを行う店舗を全国各地に展開する「ゲオ(GEO)」の公式アプリ「ゲオ公式アプリ」を紹介する。

ゲオ公式アプリは、昨年2012年の11月にAndroid版が先行リリースされ、その後iOS向けにApp Storeでも公開され、現在はiPhoneiPod touchでも利用できる。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。