S-MAX

コミュニケーション

Googleアシスタントが利用できるコミュニケーションサービス「Allo」がパソコンなどのWebブラウザーでも利用可能に!ただし、対応するにはChromeのみ


メッセンジャーサービス「Allo」のWeb版がリリース!

Googleは14日(現地時間)、機械学習(ML)や人工知能(AI)などを利用したサポート機能「Google アシスタント」に対応したメッセンジャーサービス「Allo」を新たにパソコン(PC)などにおけるWeb版( http://g.co/alloforweb )を提供開始したとお知らせしています。

これまではAndroidおよびiPhoneなどのiOS向けアプリが提供されていただけでしたが、Web版がリリースされたことでPCなどでも利用できるようになりました。ただし、対応するWebブラウザーはGoogleの「Chrome」のみ。

続きを読む

Torを利用した秘匿性の高いAndroid向けメッセンジャーアプリ「Briar」のベータ版がGoogle Playストアで提供開始!BluetoothやAdhoc Wi-Fiを使ったP2Pモードも用意


Torを利用した秘匿性の高いメッセンジャーアプリ「Briar」が登場!

Briar Projectは21日(現地時間)、秘匿性の高いネットワーク「Tor」を利用することで傍受などがされにくいAndroid向けメッセンジャーアプリ「Briar」のベータ版「Briar Beta」を提供開始したと発表しています。

アプリ配信マーケット「Google Playストア」にて配信されており、利用料は無料で条件がAndroid 4.0(開発コード名:KitKat)以上となっています。ベータ版ながらCure53から「脆弱性もなく」というお墨付きも掲載されています。

続きを読む

人工知能サービス「Google Assistant」で補助が受けられる新世代のメッセンジャーアプリ「Allo」が提供開始!Androidだけでなく、iPhoneなどのiOS向けアプリもリリース


Googleの新チャットアプリ「Allo」が順次配信開始!

Googleは20日(現地時間)、今年5月に開催した開発者向けイベント「Google I/O 2016」において発表された新開発の人工知能(AI)サービス「Google Assistant」によってサポートされるメッセージング(チャット)サービス「Allo」を順次提供開始したとお知らせしています。

対応プラットフォームは、Android 4.1(開発コード名:JellyBean)以降およびiOS 9.1以降で、すでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」および「App Store」にてダウンロードが可能となっています。利用料は無料。

続きを読む

Twitter、ダイレクトメッセージ(DM)に既読通知機能や相手の入力中がわかる機能を追加!まずはAndroidとiOS向けアプリで対応し、Webも順次提供へ――設定でオフも可能


TwitterのDMが帰属通知機能に対応!

Twitter(以下、ツイッター)は8日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )のAndroidおよびiOS向けアプリをバージョンアップし、ダイレクトメッセージ(DM)の既読通知機能を追加したとお知らせしています。

アプリは順次最新バージョンを配信しているほか、既読通知機能はWeb版も順次対応予定で、今後すべてのユーザーで利用できるようにする予定とのこと。

初期状態ではオンになっているものの、設定の「プライバシーとセキュリティ」から「既読通知の送信/受信」をオフにすることも可能。オフにすると、既読通知が非表示になります。

続きを読む

コミュニケーションサービス「Skype」がスマホなどのモバイルでもグループビデオチャットが順次無料に!AndroidやiPhone、Windows 10 Mobileで利用可能


AndroidやiPhoneなどのSkypeでもグループビデオ通話が無料に!

Microsoftは12日(現地時間)、同社が開発・提供するコミュニケーションサービス「Skype」においてビデオチャットのスタートから10周年を記念してスマートフォン(スマホ)やタブレットなどのモバイル向けアプリにてグループビデオチャットを無料で利用できるようにすると発表しています。

モバイル向けアプリが提供されているAndroidおよびiOS、Windows 10 Mobileの公式アプリで今後数週間の間に順次提供していくとのこと。なお、パソコン(PC)向けは以前より無料で利用できるようになっています。

早く利用したいという場合にはビデオチャット10周年記念Webページ( http://10years.skype.com/ )にて登録すると優先的に対応アプリをインストールできるようになるということです。

続きを読む

iPhoneアプリとiPadアプリを統合した「Twitter for iOS」を提供開始!iPadでも引用RTなどが利用可能にーーiOS 9で導入される2画面分割機能にも対応


TwitterがiPhoneアプリとiPadアプリを統合!

Twitter, Inc.(ツイッター)は12日(現地時間)、同社が提供・運営する140文字以内の短文投稿(ツイート)ができるソーシャルネットワークサービス(SNS)「Twitter」( https://twitter.com )におけるiPhone向けアプリとiPad向けアプリを統合したと発表しています。

1つになった「Twitter for iOS」アプリによって、これまでiPhone向けアプリでは利用できていた引用RTやトレンドサーチなどの機能がiPadでも利用できるようになっています。さらに、iOS 9で導入される「マルチウィンドウ(2画面分割)」機能にも対応します。

続きを読む

Google、無料コミュニケーションサービス「Hangouts(ハングアウト)」の単独Webブラウザー版を提供開始!Google+からの切り離しが進む


Googleがハングアウトの単独Webサービスを提供開始!

Google(グーグル)は17日(現地時間)、同社が提供するコミュニケーションサービス「Hangouts(ハングアウト)」をパソコン(PC)などのWebブラウザーにて単独で利用できるWebサービス( https://hangouts.google.com )を公開したとお知らせしています。

これまでハングアウト同社のメールサービス「Gmail」やソーシャルコミュニケーションサービス(SNS)「Google+」からWebブラウザーで利用できていましたが、Google+とGoogleアカウントの切り分けを行っている流れから専用Webサービスが提供されました。

続きを読む

アバターコミュニケーションアプリ「LINE PLAY」が利用者数世界1600万人を突破!広瀬すずさん主演の新TVCM放映やキャンペーン実施など


アバターコミュニケーションアプリ「LINE PLAY」が利用者数1600万人突破!

LINE Corp.は4日、同社が運営するスマートフォン(スマホ)など向け無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」( http://line.me )と連携するアバターコミュニケーションサービス「LINE PLAY」の利用者数が2014年6月24日(火)に1600万人を突破したとお知らせしています。

また、合わせて女優の広瀬すずさんを主演に起用した新しいテレビコマーシャル(TVCM)を7月5日(土)より放映開始しています。

さらに、TVCMにて広瀬さんが着用している衣装・髪飾りアイテムの無料配布やダンサーが身につけているアイテムが手に入る限定ガチャの販売など、複数のキャンペーンを実施。加えて、公式ブログではTVCMの撮影秘話や、広瀬さんの誕生日をサプライズで祝った際の映像も紹介しています。

続きを読む

NTTドコモ、携帯電話ネットワークを利用しないBluetoothによるアドホックモードコミュニケーションをAndroid向けに開発


NTTドコモが圏外でもBluetoothでコミュニケーションできる機能を開発

NTTドコモは21日、携帯電話ネットワークを介さずに情報をやり取りできる「アドホックモード」でAndroidのスマートフォンやタブレット同士での通信が可能な新たなコミュニケーション手段を開発し、今後イベントや災害時などに活用できる新たなサービスとしての有用性・実用性の検証を進めていくと発表しています。

これにより、携帯電話ネットワークを利用しないため、イベント時などで電波が混雑して通信しづらいような状況でも近くにいる人とBluetoothを利用してコミュニケーションできる利点があります。

続きを読む

サラリーマン必携?!おすすめの相槌を表示します「Aiづち」【Androidアプリ】

ababd0b8.png

Shake or touch!

上司やおしゃべりな友達との会話で、退屈に感じたり、もう帰りたいなーという時がありますよね。もう相槌もこれ以上のボキャブラリーもない……。

そんな時にはAndroid向けアプリ「Aiづち」がたくさんの相槌からお勧めの相槌を表示してくれます。

では、詳細に紹介していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。