S-MAX

サブスクリプション

秋吉 健のArcaic Singularity:コンテンツビジネスのサブスクリプションモデルへの回帰。通信業界とサブスクリプションモデルの親和性やその注意点について考える【コラム】


通信業界におけるサブスクリプションモデルについて考えてみた!

今年も残すところあと2ヶ月弱となりました。通信業界も慌ただしく1年を終えようとしていますが、各大手通信キャリアやアプリメーカーにとって2018年を振り返った時、大きな話題の1つとしてコンテンツ内課金モデルの急激な失速があります。ゲームにおける課金ガチャが最も端的な例ですが、人々の射幸心を煽るようにして課金を促す方式が通用しなくなり始めたのです。

その一方で、数年前から再び見直され始めた課金方式があります。それがサブスクリプションモデルです。いわゆる定額課金方式と呼ばれるもので、月額料金を支払ってサービスや商品を定期購入するのが分かりやすい例ですが、Apple MusicやGoogle Play Musicといった音楽のストリーミング配信サービスやNetflixのような動画配信サービスといった月額の通信系サービスが主流化し、iTunes Storeのようなコンテンツ購入型サービスが勢いをなくしたあたりからも、サブスクリプションモデルへの人々の「回帰」が始まっているように感じられるのです。

一般的な流通を考えた場合、サブスクリプションモデルというのはデメリットも多くあまり成功しないイメージが強いのに、なぜ通信業界ではこういったモデルの導入が加速しているのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は通信業界とサブスクリプションモデルの親和性やその利用における注意点などを解説します。

続きを読む

AppleやGoogleに対抗!音楽配信サービス「Spotify」と「LINE MUSIC」が家族6人まで使える「ファミリープラン」を提供開始。LINEは年額払いで2ヶ月分お得も


スポティファイとラインミュージックが家族向けプランをスタート!

スポティファイジャパンは27日、音楽配信サービス「Spotify」( https://spotify.com/jp )において新たに聴き放題の有料プラン「Spotify Premium」を家族6人まで使える「ファミリープラン」を日本で提供開始したとお知らせしています。利用料は月額1,480円(金額はすべて税込)。

またLINE Corp.傘下のLINE MUSICは28日、音楽配信サービス「LINE MUSIC」( https://music.line.me )において同じく最大6人まで聴き放題になる「ファミリープラン」を月額1,400円で提供開始したと発表しています。

さらにLINE MUSICでは聴き放題の年額払いの「年割プラン」も年額提供開始し、1人で聴き放題の場合には年額9,600円、最大6人まで聴き放題の場合には年額14,000円となっており、月額払いと比べるとそれぞれ10ヶ月分なので2ヶ月分お得になっています。

続きを読む

音楽配信サービス「Spotify」がついに日本でサービス開始!広告付き無料と月額980円の2プランを用意――まずは登録制で招待コードが送られてきたら利用可能に


音楽配信サービス「Spotify」が日本で開始!

スポティファイジャパンは29日、4000万曲以上が聴き放題になるサブスクリプション型音楽配信サービス「Spotify」を2016年9月29日(木)より日本にてサービスを開催したと発表しています。

まずは招待制で、公式Webサイトやスマートフォン(スマホ)など向けアプリからメールアドレスを登録し、送られてきた招待コードを登録することで利用できるようになります。

利用料は広告が表示される無料プランと月額980円の有料プランが用意されており、広告の有無だけでなく、有料プランではオフライン再生や音質設定(最大320Kbps)、オンデマンド配信などに対応します。

続きを読む

スポーツ専門のライブ動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」が日本上陸!Jリーグやブンデスリーガ、MLB、NBA、UFC、F1など130以上のコンテンツが視聴可能


ゼロから始めるスマートフォン

スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」( https://www.dazn.com/ja-JP )が2016年8月23日(火)に日本でのサービスを提供開始しました。料金は月額1,750円(税抜)。なお、1カ月の無料お試しが利用できます。

マルチデバイスに対応し、テレビ(スマートテレビ)のほか、スマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコン(PC)などで利用できます。さらに今後まもなくゲーム機にも対応する予定となっているとのこと。

続きを読む

楽天、定額制のスマホなど向け電子雑誌読み放題サービス「楽天マガジン」を提供開始!月額380円で約200誌、独自キュレーションコンテンツも用意


ゼロから始めるスマートフォン

楽天は9日、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどから約200誌の電子雑誌が定額制で読み放題できるサービス「楽天マガジン」を2016年8月9日(火)に提供開始したと発表しています。

利用料は月額380円(税別)・410円(税込)で、年間購読なら3,600円(税別)・3,888円(税込)となっています。対応プラットフォームはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以降およびiOS 8.0以降。1アカウントにつき最大5台のスマートフォン・タブレット端末で利用可能。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。