S-MAX

シャオミ

約4万円の高コスパなau向け5Gスマホ「Mi 10 Lite 5G XIG01」をファーストインプレッション!外観や基本機能などを紹介【レビュー】


auスマホ「Mi 10 Lite 5G XIG01」を写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が今年3月に発表した携帯電話サービス「au」向け5G対応スマートフォン(スマホ)「Mi 10 Lite 5G(型番:XIG01)」(Xiaomi Communications製)を9月4日に発売しました。他社のSIMカードを装着した場合に予期せぬ動作となるとして一時販売停止していましたが、無事に9月11日から販売が再開されています。

価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「au Online Shop」などの直営店では本体価格が42,740円で、かえトクプログラム適用時には残価が12,840円と設定されているため、実質負担額1,300円/月×23回(総額29,900円)となっており、機種変更ではau Online Shopや各店舗ともに「5G夏トク機種変更キャンペーン」によって5,500円割引、au Online Shopでは「お得割」によって規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引となっています。

Xiaomiは日本市場に昨年12月に参入したばかりですが、早くも移動体通信事業者(MNO)向けに納入することになりました。そんな日本のMNO向け第1弾となるau向けMi 10 Lite 5G XIG01の実機を試用する機会がありましたので、外観や基本機能を写真やスクリーンショットを交えて紹介したいと思います。

続きを読む

au向け5Gスマホ「Mi 10 Lite 5G XIG01」が9月9〜10日に一時販売停止に!ソフトウェア更新提供で11日より販売再開


auスマホ「Mi 10 Lite 5G」が一時販売停止に!対応バンドの問題。すでに販売を再開

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、携帯電話サービス「au」向け5G対応ミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Mi 10 Lite 5G(型番:XIG01)」(Xiaomi Communications製)を一時販売停止していたとお知らせしています。

販売停止期間は9月9日(水)から9月10日(木)の2日間で、auショップや量販店などのau取扱店にて販売を停止していたほか、少なくとも筆者が確認した9月10日時点では公式Webストア「au Online Shop」では「在庫なし」となっていました。

これに対し、auでは9月11日(金)にMi 10 Lite 5G XIG01に対してソフトウェア更新を提供開始し、同日より販売を再開しています。ソフトウェア更新によって修正される内容は以下の通り。販売停止の理由は発売当初、他社のSIMカードを装着した場合に予期せぬ動作となっていたとのこと。

具体的には利用者からSIMロック解除を行ってソフトバンク回線のSIMカードを装着した際に日本で利用するために必要な認証(いわゆる「技適」)を取得していない4G LTEのBand 8などで利用できていたことが報告されていました。auでは更新によって予期せぬ事象を修正し、店頭では更新を適用してから渡すようにしているということです。

・ダウンロードしたアプリの通知設定がOFFになっている場合がある。
・auメール受信後、auメールアプリを起動しただけでアプリアイコンバッジ表示が消えてしまう。
※更新されるソフトウエアには、上記以外に、より快適にMi 10 Lite 5G XIG01をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

楽天モバイル、楽天回線対応製品にSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」を追加!相互接続性試験を完了し、緊急地震速報なども利用可能に


シャオミのSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」が楽天回線対応製品に追加!動作が保証に

楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービスにおける正式プラン「Rakuten UN-LIMIT」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「Redmi Note 9S」(Xiaomi Communications製)を追加しています。

すでにRedmi Note 9SについてはXiaomiや楽天モバイルから公式に音声通話やSMS、データ通信を使えることが案内されていましたが、一方で緊急速報メール(ETWS)などの一部機能が利用できないとされていました。楽天モバイルが販売していない製品で、楽天回線対応製品に追加されたのは「Pixel 4」シリーズや「Pixel 4a」に続いてとなります。

新たに相互接続性試験を完了して楽天回線対応製品となったことで、ETWSやAPN自動設定(国内・国外)などを含めてすべての機能に対応しています。確認したビルド番号は「V11.0.11.0.QJWMIXM」(MIUI 11 based on Android 10)となっています。

なお、Xiaomiでは他にも日本にてSIMフリースマホ「Mi Note 10」シリーズを販売していますが、現時点ではMi Note 10シリーズについては従来通り、通話やSMS、データ通信といった一部機能のみに対応していることになっています。

続きを読む

KDDI、au向け5G対応スマホ「Mi 10 Lite 5G XIG01」を9月4日に発売!価格は4万2740円で、おトク割で最大2万2千円割引に


au 5Gスマホ「Mi 10 Lite 5G XIG01」が9月4日発売!価格は42,740円

KDDIおよび沖縄セルラー電話は31日、携帯電話サービス「au」向け5G対応ミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Mi 10 Lite 5G(型番:XIG01)」(Xiaomi Communications製)を2020年9月4日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付を実施しており、価格(金額はすべて税込)はの直営店では42,740円で、かえトクプログラム適用時には残価が12,840円と設定されているため、実質負担額1,300円/×23回(総額29,900円)となっています。

さらにau Online Shopでは「au Online Shop お得割」の対象機種となっており、新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引となっているほか、機種変更ではau Online Shopや各店舗ともに「5G夏トク機種変更キャンペーン」によって5,500円割引となっています。

また合わせてXiaomiでは「オンライン製品発表イベント」を開催し、同社初の日本の移動体通信事業者(MNO)向け製品となるMi 10 Lite 5Gを含む日本向け製品の紹介を行い、新たにスマートバンド「Miスマートバンド5」や完全ワイヤレスイヤホン「Mi完全ワイヤレスイヤホン2 Basic」と「Mi完全ワイヤレス小型イヤホンBasic 2」、空気清浄機「Mi空気清浄機3H」を日本で近日発売すると発表しています。

続きを読む

KDDI、au向け5G対応スマホ「Mi 10 Lite 5G XIG01」の詳細を案内!9月発売予定。価格は4万2740円で、かえトクプログラム適用時2万9900円


au 5Gスマホ「Mi 10 Lite 5G XIG01」が9月以降発売に!本体価格は42,740円

KDDIおよび沖縄セルラー電話が今年3月に発表した携帯電話サービス「au」向け5G対応スマートフォン(スマホ)「Mi 10 Lite 5G(型番:XIG01)」(Xiaomi Communications製)の詳細や本体価格を案内しています。また当初は7月以降発売予定とされていましたが、9月発売予定となりました。

本体価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「au Online Shop」などの直営店では42,740円で、かえトクプログラム適用時には残価が12,840円と設定されているため、実質負担額1,300円/×23回(総額29,900円)となっています。またau Online Shopでは8月19日(水)10時から、auショップや量販店などのau取扱店では8月19日開店時からな予約受付が開始されます。

さらにau Online Shopでは「au Online Shop お得割」の対象機種に8月19日より追加され、新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引となっているほか、機種変更ではau Online Shopや各店舗ともに「5G夏トク機種変更キャンペーン」によって5,500円割引となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。