S-MAX

ストラップ

カワイくておしゃれで機能的!来場プレゼント企画もあるHamee初のスマホアクセサリー展示会「ハミコレ」を写真で紹介【レポート】

hamee-corection-001
おしゃれなスマホケースがずらっと勢揃い!Hamee初の展示会「ハミコレ」開催!

オリジナルデザインのスマートフォン(スマホ)ケースやスマホ周辺機器を販売するHameeは、本日11日(土)と12日(日)の2日間、原宿の「MOSHI MOSHI GALLERY」で同社初となるスマホアクセサリー展示会「ハミコレ」を開催しています。

Hameeは知る人ぞ知るスマホ関連グッズの通販ショップ。かつては「ストラップヤ.com」の社名でユニークなデザインのガラケー向けストラップを通信販売し話題となるなど、流動の激しいこの業界の中でも老舗と呼べる歴史を持ちます。

本展示会では同社のスマホアクセサリーブランド「iFace(アイフェイス)」を中心とした展示が行われ、アクセサリーデザイナー「KAE」氏指導によるワークショップなども行われます。今回はその展示の一部を写真にてご紹介します。

続きを読む

モップ風のクリーナーで超かわいい!ソフトバンクBBがCRAFTHOLICとのコラボ商品第3弾「CRAFTHOLIC ストラップ付きクリーナー」を8月31日から発売開始

05a8749c.jpg

ソフトバンクBBがまたもや女子力アップアイテムを発売!

ソフトバンクBBは28日、インテリアファブリックや生活雑貨の企画・販売をするACCENT(アクセント)が2008年から展開しているキャラクター「CRAFTHOLIC」とのコラボ第3弾となる「CRAFTHOLIC ストラップ付きクリーナー」を31日から発売すると発表した。

7月14日から発売している「CRAFTHOLIC スタンド HUG 2nd Series」とおそろいのデザインとなる“Oshama craft”を採用し、ウサギ型の「RAB」、クマ型のSLOTH、ネコ型のKORAT、サル型のLORISの4種類をラインナップする。

クリーナー部分はカラフルなモップをあしらったデザインになっており、“お掃除用品”と“動物キャラクター”であることの両方が一目で分かる。

本製品は「SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)」ブランドの商品となり、SoftBank SELECTION取扱店およびSoftBank SELECTIONオンラインショップにて販売されている。価格はオープンだが、SoftBank SELECTIONオンラインショップでは各種ともに980円で販売される予定で、同オンラインショップでは予約注文を受け付けている

続きを読む

気になる新製品!スマートフォンにも最適♪手軽に電子マネーが利用できる「Edyストラップ」【レビュー】

5de8e7b4.jpg

これは手軽!スマートフォンにEdyストラップ!

先日発売された、iPhone4向け「電子マネーシール for iPhone4」に続き、今度はどの機種にも利用できる「Edyストラップ」が発売され、早速編集部に届いたのでレビューしてみます。

続きを読む

スト​ラップにぶら下げて持​ち歩ける超小型のハイ​ビジョンムービーカメ​ラ「ちびCAM HD​」


ちっさいカメラを携えて出かけよう!

2011年の2月9日から12日までパシフィコ横浜にて開催されているイベント「CP+2011」におけるトダ精光ブース内のアンデックス・ユウのコーナーにて、昨年末に発売されて話題となっているストラップとしてぶら下げることができるほど小さなハイビジョンムービーカメラ「ちびCAM HD」が展示されてましたので、紹介したいと思います。

続きを読む

もらわんといかんばい!ソフトバンク「勝利のお父さんストラップ」をもらいに行こう!


勝利のお父さんストラップがもらえるのは今月まで!

ソフトバンクは、プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」が昨シーズンのリーグ優勝を果たした優勝記念として、同社のCMキャラクターでもある「お父さん」の特別バージョンのケータイストラップ「勝利のお父さんストラップ」をプレゼントするキャンペーンを実施している。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。