S-MAX

スマサー

コミックマーケット91:どこかで見たようなパロディ誌からガチの技術本まで!濃すぎる入手したモバイル関連本を紹介(前編)【レポート】


きっとキミも欲しくなる!同人ならではの超ディープなモバイル系薄い本を紹介!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2016年の12月29日(木)~31日(土)の3日間に渡ってあらゆるサブカルチャー関連を扱う世界一の同人誌即売会「コミックマーケット91」(以下、コミケ91)が開催されました。

当ブログメディア「S-MAX」ではこれまでにも取材へ赴き、会場にて入手したアイテムの紹介を行ってきましたが、今回も取材へ行ってきましたので、モバイル系同人誌を2回に分けて紹介していきたいと思います。

まずは会場にて入手した実際のアプリ開発に役立つ濃ゆい専門書クラスのものから見覚えのあるデザインの雑誌調のものといったバラエティー豊かなものをお送りします。なお、紹介に当たって誌面内の画像掲載はおおまかにわかる程度のものとさせていただいておりますのでご了承ください。

続きを読む

コミックマーケット90:まだまだあるよ!会場で入手したモバイル系同人誌を一挙紹介【レポート】


幅広い(?)層の役に立つ考察本から特濃な技術解説本までまとめて紹介!!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2016年の8月12日(金)~14日(日)の3日間に渡ってあらゆるサブカルチャー関連を扱う世界一の同人誌即売会イベント「コミックマーケット90」(以下、コミケ90)が開催されました。

これまで数回に分けてコミケ90におけるモバイル関連の展示内容を紹介してきましたが、最後の記事となる今回は、ここまでに紹介しきれなかった"濃ゆーい"モバイル系同人誌などをまとめて紹介していこうと思います。

続きを読む

コミックマーケット87:モバイルに関する失敗とその対策Tips集、そして、台湾の最新モバイル事情なども!「Connect! Vol.5」と「Connect! Vol.SP2」を紹介【レポート】


皆さんはモバイルに関する失敗エピソードはありませんか?

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2014年12月28日(日)~30日(火)の3日間に渡ってサブカルチャーの祭典「コミックマーケット87」(以下、コミケ87)が開催されました。

前回はサークル「スマサー実行委員会」発行のスマホ情報同人誌「季刊スマサーVol.9」と「Car×SmartPhone」を紹介しましたが、今回の記事ではサークル「Project Connect」が発行しているモバイルに関する濃いトピックや情報が掲載されているモバイルユーザー向け同人誌「Connect!」の新刊、「Connect! Vol.05」と「Connect! Vol.SP2」を紹介します。

続きを読む

コミックマーケット87:きっと役に立つ!?モバイル情報満載のスマホ同人紙「スマサー」の9号とスマホを車で活用するガイドブック同人誌「Car×SmartPhone」を紹介【レポート】


スマホを活用する同人誌「スマサー」の新刊が登場、今回は車での活用本も!

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2014年12月28日(日)~30日(火)の3日間に渡ってサブカルチャーの祭典「コミックマーケット87」(以下、コミケ87)が開催されました。

そこで、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でもさっそく取材へ出向き、各サークルのスペースにて頒布されていたスマートフォン(スマホ)などのモバイル関連アイテムを入手してきましたので、今回から数回に渡って紹介していきたいと思います。

最初の本記事ではこれまでにも何度か紹介してきたサークル「スマサー実行委員会」発行のスマホ情報同人誌「季刊スマサーVol.9」と「Car×SmartPhone」を紹介します。

続きを読む

コミックマーケット86:マニアックなレビューからお役立ち情報を網羅したスマサー最新号からピンポイントすぎる電測本などをまとめて紹介【レポート】


まだあるコミケ86のモバイル関連の頒布物をまとめて紹介!

東京ビッグサイトにて年に2回行われるサブカルチャーの祭典「コミックマーケット86」(以下、コミケ86)が2014年8月15日(金)~17日(日)の3日間に渡り開催されました。

すでにコミケ86では「LipliStyle」や「PROJECT CONNECT」といったサークルの紹介をしてきましたが、最後を飾る今回は以前にも紹介してきたスマートフォン(スマホ)などのモバイル関連の総合的なものから、一般媒体では見られないような独創的な企画といったバラエティーに富んだ同人誌「季刊スマサー 8号」( http://smart-circle.net )をはじめ、これまでの記事で紹介できなかった頒布物で筆者が手に入れてきたものを全3点をまとめて紹介しようと思います。

続きを読む

コミックマーケット85:お役立ちレビューや反則スレスレな指南がいっぱい!スマホなどのモバイル活用・考察本「スマサー Vol.7」と「Connect! Vol.3」を紹介【レポート】


取っても濃ゆいスマートフォン&モバイル同人誌2冊を紹介!

東京ビッグサイトにて年に2回行われるサブカルチャーの祭典「コミックマーケット85」(以下、コミケ85)が2013年12月29日(日)~31日(火)までの3日間に渡って開催されました。

今回の記事では当ブログにて、これまでも紹介してきたスマートフォンやモバイル関連の考察・レビューを掲載している同人誌の「スマサー」の第7号(Vol.7)と「Connect!」の第3号(Vol.3)を紹介します。

なお、これまで同様に同人誌の記事の内容を紹介しますが、紳士協定にて一部分を切り取って紹介するようなものとなっております。興味を持たれましたら、通販や取り扱いのある同人誌ショップなどでお買い求めください。購入してもモバイル好きなら絶対損はないですよ!


続きを読む

コミックマーケット84:気軽に読める考察本からディープなカスタマイズまで!入手したスマートフォン関連本をまとめて紹介【レポート】


スマホ関連同人誌をまとめてドン!

東京ビッグサイトにて年に2回開催されるサブカルチャーの祭典「コミックマーケット84」(通称:コミケ)が2013年8月10日(土)~12日(月)まで開催されていました。

今回は、表題の通り「筆者がコミケ84で入手したスマホ関連の本」をイッキに紹介します。お硬い内容の技術関連から、軽く読んで楽しめるネタいっぱいな本まで沢山ありましたよ!では、さっそく見て行きましょう!!

続きを読む

今回も濃いぞ!他では見れない直球ネタ満載なスマートフォン考察同人誌「季刊スマサー第5号」をチェック【レポート】

f2ad34af.jpg

スマートフォンの裏の世界(?)を楽しめるスマサー第5号を紹介します!

2012年12月29日~31日の3日間、東京ビッグサイトにて開催されていた、世界最大のサブカルチャーの祭典「コミックマーケット83」。

前回のLiplisに引き続き、これまでも当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」で取り上げてきた超ディープなスマートフォン考察同人誌「スマサー」の最新刊2012年冬号(2012年12/31発行の第5号)が刊行されていましたので紹介します。

なお、前回同様にサークルの「スマサー実行委員会」の許可を得ての紹介ですが、紙面の中身全部をお見せできない紳士協定がございますので、ざっと紹介していきます。

続きを読む

今号も一般メディアではお目にかかれない“濃ゆい情報”に読み応えアリ!「季刊スマサー第4号」をチェック【レポート】

318b3a1d.jpg

超ディープなスマートフォンの世界を楽しめるスマサーの最新刊を入手!

東京ビッグサイトにて2012年8月10日(金)~12日(日)の期間に開催された同人誌などの即売会イベント「コミックマーケット82」(通称C82)で頒布されていた、超ディープなスマートフォン情報誌「季刊スマサー」の最新刊となる第4号を紹介します。

スマサーは以前にも「スマサー vol.3」を紹介しましたが、同人誌即売会イベントにて頒布しているスマートフォン情報誌です。最新号ではどんな濃い情報が掲載されているのでしょうか!?さっそく見ていきましょう。

続きを読む

商用​メディアでは絶対にお​目にかかれない「濃い​」情報や考察が満載!​?季刊のスマートフォ​ン考察同人誌「季刊スマサー」をチェック【レポート】

b6013d97.jpg

同人だからこそできる!超ディープなスマートフォンの世界

東京・有明にある東京ビッグサイトにて2012年4月30日(月)に開催された同人誌即売会イベント「COMIC☆1 6(コミックいち 6)」にて頒布されていた「スマサー実行委員会」が発行しているスマートフォン考察同人誌「季刊 スマサー」を紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。