S-MAX

スマホ用語を徹底解説

よく使うアプリを画面下に集約!アプリをすぐに起動できる「ドック」ってなに?【スマホ用語を徹底解説】

28ff34f3.jpg

アプリをワンタッチで起動!

スマートフォン(スマホ)の基本的な用語や常識を解説していく連載「スマホ用語を徹底解説」。多くの人は「それくらい知っている!」という内容から、「それってそういうことなんだ!」というトリビアまでしっかりと紹介しています。

今回解説するのはスマートフォンのホーム画面下部にある「ドック」です。

iPhoneやAndroidスマートフォンにはホーム画面下部にドックと呼ばれるアプリを置けるスペースがあります。ドックはホーム画面をスライドさせても固定で表示されるため、頻繁に利用するアプリを登録しておけば、アプリをワンタッチで起動できます。

それでは、ドックによく利用するアプリを登録して素早く起動させる方法を紹介します。
続きを読む

ドロワーってなに?アプリ一覧画面を使いこなそう【スマホ用語を徹底解説】

4915e03c.jpg

タッチで画面を拡大・縮小

スマートフォン(スマホ)の基本的な用語や常識を解説していく連載「スマホ用語を徹底解説」。

多くの人は「それくらい知っている!」という内容から、「それってそういうことなんだ!」というトリビアまでしっかりと紹介しています。

今回解説するのはAndroidスマホのアプリ一覧画面である「ドロワー」です。

Androidスマホは、ホーム画面にアプリアイコンが一部しか並んでいません。ホーム画面に表示されていないインストールしてあるアプリを起動するには、ドロワーから立ち上げます。

頻繁に使うアプリはホーム画面から起動するほうがラクちんですよね……。もちろん、Androidスマホではドロワーにあるアプリをホーム画面に自由に追加して貼り付けることもできます。

それでは、ドロワーの意味と、アプリをホーム画面に追加する方法を紹介します。

続きを読む

写真や地図を拡大縮小!スマホの基本操作「ピンチイン・ピンチアウト」ってなに?【スマホ用語を徹底解説】

8f47eb32.jpg

タッチで画面を拡大・縮小

スマートフォン(スマホ)の基本的な用語や常識を解説していく連載「スマホ用語を徹底解説」。多くの人は「それくらい知っている!」という内容から、「それってそういうことなんだ!」というトリビアまでしっかりと紹介しています。

今回解説するのはスマホの基本操作である地図や写真画面などを2本指で拡大・縮小する操作「ピンチイン・ピンチアウト(ピンチ操作)」です。スマホではタッチパネルで直感的な操作ができるのが特徴ですが、このピンチ操作は便利な操作のひとつですよね。

では、早速、どういった操作なのか紹介していきたいと思います。

続きを読む

ホーム画面から情報チェックやアプリ操作ができる「ウィジェット」ってなに?【スマホ用語を徹底解説】

5758d41d.jpg

ホーム画面から設定を変更可能

先週から開始したスマートフォンを使っていく上で必要な基本的な用語や常識を解説していく連載「スマホ用語を徹底解説」。第1回目の前回は、画面操作の1つの「フリック」について紹介しました。

第2回目の今回解説するのは、ホーム画面からアプリや操作や情報を素早くチェックできるAndroidの機能「ウィジェット」です。

では、ウィジェットとはどういったものなのか紹介していきましょう。

続きを読む

画面をパパっと指ではらう!“フリック”操作って何?【スマホ用語を徹底解説】

bc0c3323.jpg

画面を指でパパっとはらう

新しくスタートする連載「スマホ用語を徹底解説」では、スマートフォンの基本的な用語・常識を解説していきます。

今回解説するのはiPhoneが取り入れたことで非常に知名度が向上し、AndroidやWindows Phone 7でもよく利用される操作方法「フリック」です。
続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。