S-MAX

スマートソニックレシーバー

ユーザーの意見を取り入れ、さらに使いやすくなったMIL規格準拠のタフネスケータイ「MARVERA2 KYY09」を写真と動画でチェック【レポート】


より使いやすくなって帰ってきた新MARVERAを写真と動画でチェック!

既報の通り、KDDIおよび沖縄セルラーは27日、2014年冬に発売予定の新モデルなどを披露する「au発表会 2014 Winter」を開催し、京セラ製折りたたみ型ケータイ(フィーチャーフォン)「MARVERA2 KYY09」(以下、MARVERA2)を発表しています。発売時期は2014年12月初旬を予定。

MARVERA2は前機種「MARVERA KYY08」(以下、MARVERA)の使いやすさを継承し、これまでの防水・防塵・耐衝撃性能に対応したタフネスモデルとなっています。

また、今回新たにアドレス帳登録件数が最大2000件まで拡張したほか、スマートソニックレシーバーへの対応や電子マネーカード「au WALLET」へのチャージ・ポイント確認、au厳選のサービスが使い放題になる「セレクトパック」へのダイレクトアクセスなど、auの新しいサービスとも連携した便利機能も搭載しています。

そんなMARVERA2の実機を発表会場内のタッチ&トライコーナーで実際に試すことができましたので写真と動画で紹介します。


続きを読む

大人の上品さをさらにブラッシュアップ!使いやすさにこだわったモダンデザインスマホ「URBANO L02」を写真でチェック【レポート】

URBANO L02
エントリーモデルとしての安定感がさらに増した新URBANO

既報の通り、KDDIおよび沖縄セルラーは22日、Android 4.2(開発コード名:Jelly Bean)を採用した京セラ製のスマートフォン「URBANO L02(アルバーノ エルゼロニ)」を発表しました。発売は2014年2月上旬予定となっています。

端末メーカー各社が性能や技術面で競い合うことが多い中、常に一定のクオリティを保ちつつエントリーユーザー向けに特化した扱いやすい端末を作り続けているのが京セラです。このURBANO(アルバーノ)シリーズは同社のDIGNO(ディグノ)シリーズと並ぶ人気のスマートフォンシリーズであり、上品で落ち着いたデザインと使いやすさを追求した機能やアプリが多いのが特徴です。

前機種となる「URBANO L01」は2013年6月に発売されましたが、約半年でどのような進化を遂げたのでしょうか。都内で開催された「au発表会 2014 Spring」の展示コーナーにて実際に開発機に触れることが出来ましたので画像と共に紹介します。

続きを読む

だれ定パスやテザリングなどのBluetooth連携が魅力!京セラ製ウィルコムPHSケータイ「WX12K」を購入したので開封して外観をチェック【レビュー】


ウィルコム最新PHSケータイ「WX12K」を買ったので開封&外観レポート!

既報通り、ウィルコムから京セラ製音声PHSケータイ「WX12K」が昨日14日(木)に発売開始されました。

京セラ製のPHSケータイでは、当時“京ぽん2”として人気となった「WX310K」以来の久しぶりにBluetoothによるテザリング機能に対応した機種で、Bluetoothを経由でスマートフォンやPCなどとの連携できるようになっており、新しく「だれでも定額パス」機能にも対応しました。

また、防水・防塵だけではなく耐衝撃性能も有し、QAM変調方式による高度化PHS「W-OAM typeG」に対応した初めての折りたたみPHSケータイであることも特徴となっています。

早速筆者も購入したので、さっそく開封レポートを行い、外観についても写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

バナナ1本よりも軽い!側面はわずか3mmのau向け京セラ製スマートフォン「DIGNO M KYL22」を写真と動画でチェック【レポート】


薄い!軽い!密かにハイスペック!な「DIGNO M KYL22」は買いだ!

既報の通り、KDDIおよび沖縄セルラーは2日、高速通信規格「LTE(FDD-LTE)」による下り最大150Mbpsのデータ通信サービス「4G LTE」に対応、Android 4.2(開発コード名:Jelly Bean)を搭載した京セラ製のスマートフォン「DIGNO M KYL22(ディグノ・エム・ケイワイエルニニ)」(以下、KYL22)を発表した。2013年11月下旬以降に発売する予定。

同日、都内で開催された「au 発表会 2013 Winter」の展示会場において展示されていたKYL22を試すことができたので写真と動画で紹介する。

続きを読む

KDDI、音と振動で相手の声を伝える「スマートソニックレシーバー」搭載のau向け京セラ製ケータイやスマートフォンが累計販売台数100万台を突破と発表


スマートソニックレシーバー搭載機種が累計販売台数100万台を突破!

KDDIおよび沖縄セルラーは1日、京セラのセラミック技術をベースとした圧電素子によって、音と振動で相手の声を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載したau携帯電話について2013年6月に国内累計販売台数が100万台を突破したと発表しています。

スマートソニックレシーバーを搭載した機種は、2012年5月に発売した「URBANO PROGRESSO ISW12K」が初搭載となり、その後、「簡単ケータイK012」や「DIGNO S KYL21」、「URBANO L01」の4機種に搭載されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。