S-MAX

スマート指紋センサー

NTTドコモ、セキュリティーなどを徹底したビジネススマートフォン「F-04F」を発表!電話とメール、自動通話録音などの法人向け機能が使いやすく


NTTドコモ、セキュリティなどを徹底した法人向けビジネススマートフォン「F-04F」を発表!

NTTドコモは10日、今冬および来春に発売・開始するの新モデルや新サービスを披露する「2013-2014冬春モデル新商品発表会」を開催し、徹底したセキュリティー機能や電話・メールなどが使いやすくなった「ビジネスホーム」などを搭載した法人向け製ビジネススマートフォン「F-04F」(富士通製)を発表しています。2014年1月以降に発売開始予定。

F-04Fは、今年9月に「法人向けスマートフォン(仮)」として開発していることが発表されていたモデルで、ビジネスに適した機能や使いやすさを実現したスマートフォンです。

すでに専用のデータ通信が月額2,980円の定額で利用できるパケット定額サービス「Xiパケ・ホーダイ for ビジネス」も合わせて提供することが発表されています。


続きを読む

NTTドコモ、下り最大150Mbps対応Xiスマホ「ARROWS NX F-01F」を発表!5インチフルHD「WhiteMagic」液晶と大容量3200mAhバッテリーで電池持ちと高画質を両立


NTTドコモが「ARROWS NX F-01F」を発表!

NTTドコモは10日、今冬および来春に発売・開始するの新モデルや新サービスを披露する「2013-2014冬春モデル新商品発表会」を開催し、5インチフルHD(1080×1920ドット)WhiteMagic液晶や2.2GHzクアッドコアCPU、2GBメモリーなどを搭載したハイスペックなAndroid 4.2(開発コード名:Jelly Bean)採用スマートフォン「ARROWS NX F-01F」(富士通製)を発表しています。2013年10月24日に発売開始予定で、本日10月10日(木)正午12時から事前予約が開始されます。

ARROWS NX F-01Fは、NTTドコモ向けの富士通製ハイエンドスマートフォン「ARROWS NX F-06E」(以下、F-06E)の後継機種で、同じく富士通が開発している「らくらくスマートフォンシリーズ」でも採用された省電力フルHD「WhiteMagic」液晶をディスプレイに搭載。さらに、3200mAhの大容量バッテリー搭載により、3日間充電無しで使えることが売りとなっています。

F-06Eと同様にフルセグ(地上デジタル放送、地デジ)の視聴にも対応。富士通ならではの指紋センサーも搭載したハイスペックで便利なスマートフォンとなっています。

続きを読む

ソフトバンク、TDD-LTEとFDD-LTEの「Hybrid 4G LTE」対応スマホ「ARRWOS A 301F」を発表!5インチフルHD液晶や2.2GHzクアッドコアCPU、スマート指紋センサーなど搭載


ARRWOS A 301Fが発表!

ソフトバンクモバイルは30日、2013年冬から2014年春にかけて発売する予定の新しいスマートフォンなどを発表する「2013 Winter - 2014 Spring ソフトバンク新商品発表会」を開催し、TDD-LTEに完全互換性があるとされる超高速通信規格「AXGP」および「FDD-LTE」の両方式に対応した「Hybrid 4G LTE」によるデータ通信サービスを利用できるAndroidスマートフォン「ARRWOS A 301F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。2013年12月上旬以降に発売予定。

10分の充電で1日使用できる超急速充電やフル充電で3日間の電池持ちを実現したバッテリー持ちの良く、充電を忘れても、外出前に短時間充電するだけで1日安心。また、大画面5.0インチフルHD(1080×1920ドット)液晶や2.2GHzクアッドコアCPU、富士通独自の「スマート指紋センサー」などを搭載し、快適かつ操作しやすいモデルです。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。