S-MAX

ゼンリン

NTTドコモとゼンリン、スマホの動きと地図情報を活用した新しい屋内ナビゲーション技術を開発!4月以降に「ドコモ地図ナビ」の新機能として提供


ゼロから始めるスマートフォン

NTTドコモとゼンリンデータコムは19日、スマートフォン(スマホ)の動きと地図情報を活用した新たな屋内ナビゲーション技術を開発したと発表しています。NTTドコモが提供する「ドコモ地図ナビ powered by いつもNAVI」の機能の拡充として、屋内ナビゲーション機能を2015年4月以降に提供開始します。

従来の屋内測位では無線LAN(Wi-Fi)やBluetoothのBeaconを利用した測位方式が広く利用されていますが、精度を高めるには多くのBeaconを設置する必要があり、費用や維持が課題になっていたといいます。

今回開発された技術は歩行者の動きを検知するためにスマホに搭載されたモーションセンサーから取得した情報を独自開発した自律航法技術を使って解析。

利用者の動きを目的地までのルートに合わせた最適な位置に補正するルートマッチング技術と組み合わせることにより、GPS測位が困難な屋内環境やBeaconが設置されていない屋内環境においても屋外と同等の高精度なナビゲーションが実現されています。

続きを読む

2013 Japan IT Week春:ゼンリンデータコムブースとインクリメントPブースをレポート!HTML5などのスマホ対応新ナビゲーションを紹介【レポート】


マップ・ナビアプリ大手メーカーの2ブースにて新情報を入手しましたよ!

東京ビッグサイトにて2013年5月8日(水)~10日(金)の3日間にわたり開催されていたリードエグジビションジャパン主催で11もの展示会を同時開催するイベント「2013 Japan IT Week 春」。

今回の記事では、第3回スマートフォン&モバイルEXPO春の会場におけるゼンリンデータコムブースで新発表になったナビサービス「いつもNAVI on HTML5」、インクリメントPブースで展示されていた地図アプリ「Mapfan+」のAndroid版についての情報などをまとめて紹介します。

続きを読む

RWC、初音ミクのオリジナルコンテンツ満載の「初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲」を発表!4月15日から発売開始

47464f6a.png

ボカロファン必須!?のタブレットが登場!

カーナビゲーション、オーディオ機器、PC周辺機器などの企画・製造・販売を行うアール・ダブリュー・シー(以下、RWC)は、OSにAndroid 4.0(開発コード名:Ice Cream Sandwich;ICS)を採用した初音ミク仕様のタブレット「初音ミク タブレットナビ starring 藤田咲」(以下、初音ミク タブレットナビ)を4月15日から発売する。アニメイト、ビックカメラ・ソフマップ、ファミマドットコムにおいて予約受付中、価格は39,800円。

続きを読む

これひとつでナビ、乗換案内、時刻表、リアルタイム渋滞情報までチェックできる!「いつもNAVI トライアル版」【Androidアプリ】

1638add5.jpg

総合ナビゲーションアプリのトライアル版が登場!

スマートフォンで便利な機能といえば、地図やナビゲーション機能だ。スマートフォンを使いはいじめて道に迷うことが少なくなったという人も多い。とくにナビゲーション機能は、音声ガイド、徒歩対応など、さらに使い勝手や機能も向上を続けている。

ただ道を示すから、誰でもが使いやすいナビに進化してるのはナビアプリだ。

ゼンリンデータコムが提供する「いつもNAVI トライアル版」は、出発地から到着地までのナビゲーション機能を中心に、乗換案内や時刻表、渋滞情報などをリアルタイムに一発検索ができる総合ナビアプリだ。現在提供されているトライアル版は2011年6月30日(木)までの期間、無料で利用できる。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。