S-MAX

ソニー

KDDI、au向け最新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance SOV33」を発表!5インチフルHD液晶やSnapdragon 820などを搭載ーーフルセグやおサイフケータイに対応し、6月中旬以降に発売


au向けスマホ「Xperia X Performance SOV33」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは10日、今夏に発売するau向け「2016年夏モデル」としてソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)製Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance SOV33」を発表しています。

発売時期は2016年6月中旬以降を予定。また、旗艦店「au SHINJUKU」および「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」、「au HAKATA」にて2016年5月11日(水)より、全国のauショップにて5月13日(金)以降順次先行展示し、全国5カ所で「au × Xperia オーナーズパーティー Vol.3」を6月以降順次実施するとお知らせしています。

ソニーモバイルの新しいフラッグシップ「Xperia X」シリーズの最上位モデルとして今年2月に発表された「Xperia X Performance」は、従来までのフラッグシップ「Xperia Z」シリーズに代わって投入され、前機種「Xperia Z5 SOV32」と比べると画面サイズが約5.0インチにサイズダウンしつつ、チップセットなどを最新の高性能な部品にしたハイエンドモデルとなっています。

au向けでは機能的にはワンセグやフルセグ、おサイフケータイ(Felica)に対応しているほか、auの各サービスのアプリなどがプリインストールされ、外観では背面の中央はグローバル版と同様に「XPERIA」ロゴですが、下部に「au」ロゴと型番「SOV33」が記載され、横にラインか入っています。

また、3つの周波数帯をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねる「3CC CA」対応し、LTE UE Category 9によって4G LTEとWiMAX 2+を束ねて下り最大370Mbpsおよび上り最大25Mbpsの高速データ通信が利用可能です。なお、下り最大370Mbpsは東京都渋谷駅周辺から順次提供予定。

続きを読む

ソニー、Android向けニュースアプリ「Socialife News」をリニューアルして「News Suite」に改名!機能も大幅刷新で、引き続いてフィード登録やXperia以外でも利用可能


Sonyのニュースアプリ「Socialife News」が「News Suite」にリニューアル!

ソニーは17日、Xperiaシリーズにプリインストールされているニュースアプリ「Socialife News(ソーシャルライフ・ニュース)」をリニューアルして新たに「News Suite(ニューススイート)」として提供開始したことをお知らせしています。

すでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」にてインストール・アップデートすることができで、利用料は無料。Socialife Newsと同様にXperia以外のAndroid製品で利用可能。

Socialife Newsのときから当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」の記事も配信していましたが、News Suiteになってからも引き続いて配信しており、手軽に記事を閲覧できます。なお、Socialife Newsと同様にNews SuiteでもRSSなどのフィードを自分で登録して利用できます。

続きを読む

ソニーが新型電池で2020年までにスマホなどを1.4倍長持ちに!ポストリチウム電池として硫黄化合物による新型電池の実用化へ


電池持ちがさらに良くなる!

日本経済新聞は17日、ソニーがスマートフォン(スマホ)などに用いられているリチウムイオン電池に代わるより電池密度の高い新型電池を2020年にも実用化すると報じています。

新型電池は硫黄化合物を用い、リチウム硫黄(Li-S)電池やマグネシウム硫黄(Mg-S)電池が有望だとされ、現在の電池の体積当たりのエネルギー密度700Wh/Lを約1.4倍の1000Wh/Lまで引き上げる計画だということです。

これにより、スマホなどの消費電力が同じであれば同じ体積の電池パックを用いれば約1.4倍の電池持ちになり、一方、同じ電池持ちにすれば約3割のサイズダウンが見込めます。

続きを読む

ソニーモバイル、公式Webショップ「Xperia Store」を「ソニーストア」に10月22日に統合!Xperia Store会員向けソニーストア割引クーポンをプレゼントするキャンペーンも実施中


Xperia Storeがソニーストアに統合へ!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は5日、同社が運営する直営Webショップ「Xperia Store」について2015年10月22日(木)9時30分にソニーマーケティングの運営する「ソニーストア」に統合するとお知らせしています。

これにより、Xperiaとつながるソニー製品を幅広く販売しているソニーストアと統合することで、ワンストップでさまざまなソニー製品を購入でき、Xperiaをより一層楽しめるようになるとのこと。

なお、Xperia Store限定商品を含む、現在、Xperia Storeで販売している商品については同日からソニーストアにて購入できるようになります。

また、Xperia Store会員の場合には、ソニーストア会員(My Sony ID)を新規登録すると、Xperia Store会員限定でソニーストアで使えるクーポンをプレゼントするということです。

続きを読む

NTTドコモ、小型フラッグシップスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」を発表!Xperia Z5の高性能がそのままに4.6インチの手に収まりやすいコンパクトサイズに――新たに指紋センサーも搭載


NTTドコモがコンパクトスマホ「Xperia Z5 Compact SO-02H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、約4.6インチHD(720×1280ドット)IPS液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」や64bit対応オクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia Z5 Compact SO-02H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発表しています。2015年11月中旬に発売予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

Xperia Z5 Compact SO-02Hは今年9月に発表されたグローバル市場向け「Xperia Z5 Compact」のNTTドコモ版で、昨年冬モデルとして発売された「Xperia Z3 Compact SO-02G」の後継機種です。また、同時に発表された「Xperia Z5 SO-01H」の小型モデルで、国内ではNTTドコモ版のみが販売されます。

Xperia Z5シリーズとしては他に大型の「Xperia Z5 Premium」もありますが、これもNTTドコモからは「Xperia Z5 Premium SO-03H」として同時に発表されました。

Xperia Z5 SO-01Hの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶に対し、Xperia Z5 Compact SO-02Hは約4.6インチHDで、Xperia Z5 SO-01Hとの違いは他には内蔵メモリー(RAM)が3GBではなくて2GB、フルセグやNOTTVに非対応などがあります。

その他の64bit対応オクタコアCPU(Qualcomm製「Snapdragon 810 MSM8994」)や32GB内蔵ストレージなどの基本性能はXperia Z5 SO-01HやXperia Z5 Premium SO-03Hと同様で、これらの2機種と同じく新たに右側面の電源キー部分に指紋センサーを搭載したほか、リアカメラではF2.0で広角24mmレンズの1/2.3型約2300万画素裏面照射積層型イメージセンサー「Exmor RS for mobile」(F2.0レンズ)を搭載し、位相差とコントラストによるオートフォーカスでより高速な0.03秒で正確にピントが合うハイブリッドオートフォーカスに対応しています。

なお、Xperia Z5 Compact SO-02HはXperia Z5 SO-01Hと同様に外観ではNTTドコモ版は海外版との違いとして背面中央の「SONY」ロゴが「docomo」ロゴに変わっているほか、機能的には日本市場向けのおサイフケータイ(Felica)やワンセグにも対応しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。