S-MAX

ソネット

ソニーネットワークコミュニケーションズ、MVNOによる携帯電話サービス「nuroモバイル」を提供開始!2GBで月額700円から1GB=200円で10GBまで、SMSが+150円、音声が+700円に


MVNOによる携帯電話サービス「nuroモバイル」がスタート!

ソニーネットワークコミュニケーションズ(旧、ソネット)は30日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービスをリニューアルし、新サービスブランド「nuroモバイル」( http://mobile.nuro.jp )を2016年10月1日(土)0時より提供開始すると発表しています。

nuroモバイルはデータ通信のみなら月間高速通信容量2GBで月額700円(すべて税別)から利用でき、1GB=200円で最大10GBまで1GB刻みで自由に選べ、SMSは+150円、音声通話は+700円というシンプルな料金プランになっています。

また毎月容量を変更可能なほか、容量の繰越機能など機能面も強化。公式Webサイトのほか、Amazon.co.jpやソニーストアにて10月1日以降順次開始予定、ヨドバシカメラにて10月1日よりデータSIM・SMS付SIMを販売開始し、音声は順次発売。その他の家電量販店でも順次提供開始予定となっています。

続きを読む

月間500MBまでは月額利用料が無料で使える格安SIM「0 SIM by So-net」が2016年8月から毎月10の付く日のみ申込可能に!8月なら10・20・30日に


月額無料で使える格安SIM「0 SIM by So-net」の申込日が10の付く日に限定へ!

ソニーネットワークコミュニケーションズ(旧、ソネット)は20日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「So-net SIM」において月当たりの高速データ通信量が500MB未満までなら無料で使える「0 SIM by So-net」について2016年8月より申込日を毎月「0のつく日」に限定するとお知らせしています。

理由としては同社では努力が及ばずに仕入条件の変更や原材料の高騰などの環境悪化とし、例えば、8月なら8月10日、8月20日、8月30日のみに申し込みが可能となります。

続きを読む

ソネット、月間500MBまでは月額利用料が無料で使える格安SIM「0 SIM(ゼロシム)」を一般販売開始!SMSや音声通話対応プランも提供


月額無料で使える「0 SIM by So-net」が一般販売スタート!

ソネットは26日、NTTドコモの回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「So-net SIM」において月当たりの高速データ通信量が500MB未満までなら無料で使える「0 SIM(ゼロシム)」( http://lte.so-net.ne.jp/sim/0sim/ )を2016年1月26日(火)より販売開始したと発表しています。

0 SIMは昨年末に雑誌の付録として提供されていましたが、今回正式に一般販売開始されました。月額利用料が無料ですが、途、初期費用(登録事務手数料)が3,000円はかかります。

新たにSMSに対応した月額150円スタート、音声通話に対応した月額700円スタートのプランも用意され、SIMカードサイズもそれぞれ標準SIMカード(2FF)およびmicroSIMカード(3FF)、nanoSIMカード(4FF)が用意されています。金額はすべて税込。

続きを読む

初期事務手数料や月500MB未満の月額利用料が無料!エムオン・エンタテインメント、雑誌「デジモノステーション 2016年02月号」にソネットとのコラボSIM「0SIM by So-net」を付録


デジモノステーションとソネットのコラボSIMがお得!

エムオン・エンタテインメントが2015年12月25日(金)に発売する雑誌「デジモノステーション」の2016年02月号においてソネットとコラボレーション(コラボ)したSIMカード「0SIM by So-net」(SIMスペシャルスターターパック)を付録として付けるとお知らせしています。

価格はすでに予約受付を開始しているAmazon.co.jpでは紙版が620円。付属するSIMカードは契約事務手数料が無料で、毎月499MBまで(500MB未満)は月額基本料も0円で利用できるとのこと。

ユニバーサル料が月額2円かかるとは思いますが、月当たりのデータ通信量が499MBまではほぼ無料で使えるということでお試しで持っておくのに良さそうです。なお、SIMカードはnanoSIMカードサイズ(4FF)。

続きを読む

ソネット、「ロビスマホ」のティザーを公開!So-netやPLAY SIMブランドでシャープのロボット型電話機「RoBoHoN」が発売か――詳細発表や先行予約受付開始は11月16日に


「ロビスマホ」が登場へ!

ソネットは9日、同社のインターネット接続サービス「So-net」のモバイルサービスとして「ロビスマホ」のティザーWebサイトを公開しています。詳細は明らかにされていませんが、2015年11月16日(月)に詳細発表および先行予約受付開始が行われるということです。

ティザー画像ではデアゴスティーニ・ジャパンが展開する「ロボットを組み立ててロボットと暮らそう」をテーマにしたパーツ組み立てマガジン「週刊 ロビ」( http://deagostini.jp/rbi/ )のロボット「ロビ」が部屋の中で遊ぶ様子が描かれています。

続きを読む

ソニーモバイルとソネット、XperiaスマートフォンとSo-netのMVNOによるLTE対応携帯電話サービスを組み合わせたサービスを今春より提供!詳細は後日別途発表に


XperiaとSo-netの組み合わせが正式発表!写真は今月新たに追加された「Xperia Z3」の新色パープル

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)とソネット(以下、So-net)は30日、「So-net モバイル LTE」および「PLAY SIM」といった仮想移動体通信事業者(MVNO)によるLTE対応携帯電話サービスとソニーの技術を結集した高付加価値の「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)を組み合わせた新サービスを今春より開始すると発表しています。

以前に伝えられた報道では販路はイオンと手を組むとしていましたが、今回の発表ではSo-netのものを利用するとのこと。なお、どういった機種なのかや発売日、価格、通信プランを含めた月々の料金プランなどの詳細については決まり次第、発表するとしています。

続きを読む

ソネット、NTTドコモのMVNOサービス「So-net モバイル LTE」と格安スマホ「ZTE Blade Vec 4G」のセット販売開始!音声通話と高速LTE通信ができて機種代込み月額2480円ーーMNPにも対応


So-netから機種代込みで2,480円の格安SIMとスマホ「ZTE Blade Vec 4G」のセットが登場!

ソネット(以下、So-net) は1日、NTTドコモの携帯電話ネットワークを借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供しているモバイル通信サービス「So-net モバイル LTE」にて、LTE対応スマートフォン(スマホ)の「ZTE Blade Vec 4G」(ZTE製)と音声通話機能付きSIMのセット販売を2014年9月1日(月)より開始すると発表しています。

価格はキャンペーンで業界最安値の月額2,480円(機種代金割賦金額含む)にて提供され、機種代金は24回割賦払いを条件とするキャンペーン価格で月額590円(税抜)×24回の総額14,160円(税抜)、機種代金の通常価格は総額29,778円(税込)。なお、キャンペーン期間は2014年9月30日(金)の申し込みまで。

続きを読む

ソネット、LCCのPeach機内にてプリペイドSIM「So-net Prepaid LTE SIM」を7月15日より販売開始!訪日外国人向けに関西国際空港到着便から


So-net Prepaid LTE SIMがPeach機内で販売!

ソネットおよびPeach Aviation(以下、Peach)は7日、訪日外国人の利便性向上をめざし、関西国際空港到着便のPeach機内にて、日本国内でのLTE高速通信サービスが手軽に利用できるプリペイドSIMカード「Prepaid LTE SIM」の販売を2014年7月15日(火)より開始すると発表しています。

これまでにも国際線で旅行者向けに到着国の現地プリペイドSIMを提供している航空会社はあり、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも以前に日本からオーストラリア行きのジェットスター国際線の機内でプリペイドSIMを購入したことを紹介しましたが、今回、ソネットでは国内発行のプリペイドSIMにおいて、国際線定期便を運航する日系の航空会社での機内販売は日本初になるということです。

続きを読む

So-netが関西国際空港に設置した日本初のSIMカード自販機でプリペイドSIMを購入してみた【レポート】


ついに日本にもSIMカードの自動販売機が登場!

ソネット(So-net)はプリペイド式SIMカード(以下、プリペイドSIM)サービス「Prepaid LTE SIM」の提供を2014年4月22日より開始した。このプリペイドSIMはLTE方式の通信も利用可能で、外国語でのサポートが充実していることも特徴となっている。外国語でのサポートは、電話が日本語と英語、サービスサイトが日本語と英語、中国語(簡体字及び繁体字)、マニュアルが日本語と英語、中国語(簡体字及び繁体字)、韓国語、タイ語で提供している。

また、訪日外国人向けのサービスとして日本初となるSIMカードの自動販売機を空港に設置し、こちらも同日より提供を開始している。SIMカードの自動販売機はまず関西国際空港に設置されており、今回、さっそく購入して試してみたので紹介したいと思う。

続きを読む

ブルーガチャムクとモモが入れ替わり!「UQ WiMAX」と「So-net」のFacebookページに異変

70ecb2e2.png

モモちゃんが新生活にYES!って言ってるよw

UQコミュニケーションズとソネットエンタテインメント(以下、So-net)のFacebookページにおいて、日付が変わった4月1日の午前0時から、それぞれのキャラクターが入れ替わってカバー画像をジャックしている。これはいったいどういうことなのか?

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。