S-MAX

ソフトウェア更新

ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 lite」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を7月6日16時より順次提供開始


SIMフリーのフラッグシップスマホ「HUAWEI Mate 10 lite」がAndroid 8.0 Oreoに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は6日、昨年12月に発売したSIMフリーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P10(型番:RNE-L22)」(Huawei Technologies製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年7月6日(金)16時より順次提供開始するとお知らせしています。

ファーウェイ・ジャパンでは今年4月よりHUAWEI Mate 10 liteにAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを200人のベータテスター向けに提供し、正式版を6月中旬以降に提供予定としていましたが、予定よりやや遅れて提供開始されることになりました。

正式版は約1か月ですべての対象製品にソフトウェア更新が可能となる予定で、可能となった場合には対象の製品に更新通知が届くようになっています。なお、ファーウェイ・ジャパンのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップは「HUAWEI P10」や「HUAWEI P10 Plus」、「honor 9」に続いてとなります。

また更新によってAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップ以外にも独自ユーザーインターフェース「Emotion UI(EMUI)」の最新バージョン「EMUI 8.0」になるなどするということです。更新内容は以下の通り。

・EMUI8.0+Android8.0 へのアップデート
・システムの最適化、安定性向上
など


続きを読む

KDDI、au向けシャープ製スマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」と「AQUOS U SHV35」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を7月4日10時より提供


SHARP製スマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」と「AQUOS U SHV35」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は23日、携帯電話サービス「au(エーユー)」向けシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE mini SHV38」および「AQUOS U SHV35」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年7月4日(水)より提供開始するとお知らせしています。

更新は両機種ともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間はAQUOS SERIE mini SHV38がWi-Fiで約35分、4Gで約40分、AQUOS U SHV35がWi-Fiで約40分、4Gで約45分、更新後のビルド番号はAQUOS SERIE mini SHV38が「02.00.04」、AQUOS U SHV35が「03.02.04」。

主な変更点は以下の通りとなっています。なお、変更点はシャープの公式Webサイト「OSアップデート|AQUOS SERIE mini SHV38サポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」および「OSアップデート|AQUOS U SHV35サポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

○主なアップデート内容
1)ホームアプリ「AQUOS HOME」を搭載
2)「電話帳」アプリ
 ・電話帳一覧画面の構成を変更
 ・電話帳詳細画面の「特番付加発信」の起動手順を変更
 ・電話帳詳細画面で「発信前に番号を編集」および「ボイスメールに転送」の追加
 ・グループ機能の表示方法変更
 ・ダイヤル画面を変更
 ・通話履歴画面(一覧/詳細)の仕様が変更
3)「電話」アプリ
 ・連絡先をタブ内に表示
 ・着信中画面が仕様変更
 ・通話中画面が仕様変更
 ・クイック返信の履歴表示
4)ピクチャー・イン・ピクチャーの対応
5)通知
 ・バックグラウンドでアプリが実行中の通知の表示
 ・アプリアイコンバッジが通知に連動
6)ホームアプリ
 ・auベーシックホーム初回利用時のバッチの表示設定の追加

○主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
7)ロック画面にてショートカット機能の削除
8)「電話」アプリの発信中画面で表示されていた「音量・音質」および「音声メモ」、「メニュー」を非表示

※その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
AQUOS SERIE mini SHV38のOSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(12.3MB)[PDF]
AQUOS U SHV35のOSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(12.6MB)[PDF]


続きを読む

NTTドコモ、ハイエンドスマホ「V30+ L-01K」に「ThinQ AI」機能に対応するソフトウェア更新を提供開始!Googleアシスタント連携などのカメラ機能が向上


docomoスマホ「V30+ L-01K」が「ThinQ AI」に対応!

NTTドコモは26日、今年1月に発売した「2017-2018冬春モデル」のうちのプレミアムスマートフォン(スマホ)「V30+ L-01K」(LGエレクトロニクス製)においてAI(人工知能)を活用した「ThinQ AI」に対応するソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはXi、FOMAの各回線によるネットワーク経由による方法(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は約24分。ただし、回線環境などによって更新時間は異なる場合があるとのこと。

更新後のビルド番号(ソフトウエアバージョン)は「L01K10i」とのことで、確認方法は「設定」→「システム」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」となっています。なお、更新方法は「ソフトウェアアップデートガイド(isai V30+ LGV35 )(417KB)[PDF]」をご確認ください。主な更新内容は以下の通りで、詳細はメーカーであるLGエレクトロニクス・ジャパンのお知らせをご参照ください。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

改善される事象
・カメラの機能を向上いたします。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年6月になります。)


続きを読む

KDDI、au向けタフネススマホ「TORQUE G03 KYV41」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を6月26日に提供開始!釣った魚の長さを測るカメラ機能なども追加


auスマホ「TORQUE G03 KYV41」がAndroid 8.1 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は22日、携帯電話サービス「au(エーユー)」向け「2017年夏モデル」のうちのタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G03(型番:KYV41)」(京セラ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年6月26日(火)より順次提供開始するとお知らせしています。

更新は両機種ともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE/WiMAX 2+)回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間はWi-Fiで約40分、4Gで約45分、更新ファイルサイズは約1.40GB、更新後のビルド番号は両機種ともに「3.060BE」。主な変更点は以下の通りとなっています。

○主な改善内容
1)ピクチャー・イン・ピクチャーの搭載
2)ホーム画面:通知ドット表示の変更
3)指紋認証:72時間ごとに予備のロック方式の入力が必須に変更
4)カメラに新機能を追加
 ・Action Overlayに「FISHING MODE」を追加
 ・縦撮影や正方形(1:1)撮影に対応
 ・動画録画中に誤って停止ボタンをタッチして終了しないように「画面ロック」機能を追加
 ・撮影後に上にスワイプすると撮影画像を簡単に共有できる「クイックSNS」機能を追加

○主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
5)ホーム:「Google検索ウィジェット」の削除

○主な初期化項目
6)OSアップデート後はau IDの再設定が必要となります。
※au IDを再設定しない場合、「データお預かり」の「自動お預かり設定」が動作しませんのでご注意ください。
7)ビデオパスのコンテンツが削除されます。再ダウンロードをお試しください。
8)その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(4.1MB)[PDF]


続きを読む

MAYA SYSTEM、Android 7.0 NougatにしたSIMフリースマホ「FREETEL Priori 4」の認められていないWi-Fi電波を出力する問題を修正するソフトウェア更新を提供開始


SIMフリースマホ「FREETEL Priori 4」のWi-Fi電波出力問題が修正!

MAYA SYSTEMは21日、プラスワン・マーケティングから事業譲受したSIMフリーブランド「FREETEL(フリーテル)」におけるスマートフォン(スマホ)「Priori 4」において認められていない無線LAN(Wi-Fi)の電波が出力されている問題を修正するソフトウェア更新の提供を開始したとお知らせしています。

この事象は2017年11月6日より配信されているPriori 4をAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)にするソフトウェア更新(ビルド番号「FREETEL_FTJ162D_20170914_1455」)を適用すると、Wi-Fiの電波出力が電波法で規定されている範囲外となってしまうというもの。

そのため、同社ではただちにWi-Fiの利用を停止するよう案内していましたが、今回、認められていないWi-Fi電波を出力する問題の修正するソフトウェア更新が提供開始されました。なお、ソフトウェア更新の更新ファイルはWi-Fiを使わずに携帯電話ネットワークを利用するよう案内しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。