S-MAX

ソフトバンクロボティクス

ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」がホテルコンシェルジュに!マイステイズ・ホテル・マネジメントによる導入発表会の様子とともに解説【レポート】


Pepperがホテルコンシェルジュに初挑戦!

ソフトバンクロボティクスおよびマイステイズ・ホテル・マネジメントは7月28日、都内の「ホテルマイステイズプレミア赤坂」にて、人型ロボット「Pepper」をホテルコンシェルジュとして新たに導入することを発表しました。導入時期は8月下旬を予定しています。

マイステイズ・ホテル・マネジメントではこれまでに数店舗でPepperを試験導入して人気観光スポットの案内などを行っており、今回はその正式導入に向けた発表となります。海外からの旅行客も多いホテルでのPepper導入にはどのようなメリットがあるのでしょうか。発表会の模様とともに解説します。

続きを読む

Pepperがコーヒーを淹れてくれる「ロボカフェ」が都内ソフトバンクショップ3店舗で試験導入!顔認識機能でユーザーを記憶し好みのコーヒーを提供【レポート】


Pepperがコーヒーを淹れてくれる「ロボカフェ」がテストオープン!

ソフトバンクおよびソフトバンクロボティクスは19日、コーヒーマシンと連携したロボット「Pepper」が顔認証機能を活用してお客様を記憶し、無料でコーヒー(ネスカフェ)を提供するサービス「ロボカフェ」をソフトバンク銀座およびソフトバンク表参道、ソフトバンク六本木の3店舗にて試験導入しました。試験期間は2017年7月19日(水)から8月2日(水)までの約2週間となっています。

導入のきっかけとなったのは繁忙期の店舗営業です。ソフトバンクショップのようにたくさんのお客様が訪れて長時間お待たせしてしまうような業種の場合、待っているお客様へ何かサービスをしたくともスタッフも多忙で手が回りません。そのような時にPepperが活躍できることは何か、という発想から生まれたということです。

今回はそんなPepperが無料でコーヒーを淹れてくれるロボカフェの様子を写真と動画を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

ソフトバンク、Android開発者もパーソナルロボット「Pepper」の開発ができる「Pepper meets Android」を7月より販売開始!発表会を写真で紹介【レポート】

スターウォーズのようだけど!?AndroidアプリがPepperでも動くようになる

ソフトバンクロボティクスおよびソフトバンクは19日、都内にて「Pepperの新たな展開に関する記者発表会」を開催し、人型ロボット「Pepper」がGoogleのAndroidに対応したことを発表した。

Androidに対応したPepperは、2016年7月より開発者向けモデルが先行販売され、Androidのプラットフォーム上でロボアプリが可能になる「Pepper SDK for Android Studio」のβ版も同日に提供開始となった。

今回はこのAndroidに対応したPepperはどのようなものとなるのかを発表会のプレゼンテーションを中心に紹介していく。

続きを読む

鈴木奈々さんの滑ったギャグが青山の街に空しく響いた!「Pepperだらけのケータイショップ」オープニングイベントを写真と動画で紹介【レポート】

世界初のPepperだけのケータイショップが期間限定オープン

ソフトバンクロボティクスとソフトバンクは24日、東京・南青山で「Pepperだらけのケータイショップ」オープニングセレモニーを開催し、ロボット「Pepper」だけの携帯電話ショップを2016年3月24日(木)から30日(水)までの期間限定でオープンする。

この無人のケータイショップでは複数台のPepperが呼び込みから受付、ヒヤリング、商品紹介、契約などのショップの通常業務を分担して行うという世界初の試み。

この試みに店長Pepperも開始前に「今まで僕が何かすれば世界初という言葉が付いたのですが、本日の世界初がダントツで一番緊張しています」と明かし、「お客様に喜んでいただけるよう、努めさせていただきます」と挨拶した。

開店に先駆けて、ゲストとして今田耕司さん、益若つばささん、鈴木奈々さんを迎えPepperの接客についてトークセッションが行われた。今回はこのオープニングセレモニーのようすをレポートしていく。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。