S-MAX

ソフトバンク

ソフトバンク、SoftBankやY!mobileの携帯電話と固定電話との通話が通信設備の故障で利用しづらい状況に!現時点でもまだ復旧しておらず、重大事故に該当か


ソフトバンクとワイモバイルの携帯電話と固定電話との通話発着信に通信障害!

ソフトバンクは19日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」において通信設備の故障による影響で固定電話との発着信において2018年2月19日(月) 午前9時30分頃より利用しづらい状況になっているとお知らせしています。

障害は18時時点でも継続しており、復旧に向けて原因を調査中ですが、18時時点で復旧のめどは立っていないとのこと。同社では復旧次第、別途、案内するとしています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け2017年夏スマホ「Xperia XZs 602SO」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBank向けエクスペリアスマホ「Xperia XZs 602SO」がAndroid 8.0 Oreoに!

ソフトバンクは13日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2017年夏モデル」として昨年5月に発売したソニーブランドのハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZs(型番:602SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年2月13日(火)より提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで4G/3G/無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、ソフトウェア更新にかかる通信料は無料ですが更新ファイルサイズが大きいためにWi-Fiでダウンロードすることが推奨されています。

更新後のビルド番号は各機種共通で「41.3.D.0.227」で、更新にかかる時間は最大80分程度、主な変更点は以下の通り。なお、本体の内蔵ストレージに空き容量が約1.5GB以上必要となっています。

・Android 8.0 アップデート
・カメラアプリに静止画の歪みを補正する機能の追加
・セキュリティの向上

※ 更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は <<よくある質問>>をご覧ください。
※ Xperia XZs最新バージョンの詳細については <<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

復活した“一括0円”……最新スマホ「iPhone 8」でNTTドコモやソフトバンクが春商戦の火花を散らす!ガイドラインはどこへやら、総務省の検討会では問題視


各社でiPhone 8の一括0円合戦再び!?

スマートフォン(スマホ)などの最大の販売商戦期である“春商戦”を迎え、各社では学割やキャンペーンなどの割引合戦を開始しており、中でも2016年4月に総務省が定めた「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」(以下、ガイドライン)に沿ってほぼなくなっていた最新機種の“一括0円”がここに来て復活しています。

特に昨年末くらいから量販店やソフトバンクショップなどで店舗独自割引を適用し、話題のスマホこと「iPhone」シリーズの最新機種である「iPhone 8」の64GBモデルが他社から乗り換え(MNP)で一括0円販売されているケースが多く見られ、総務省が開催している「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」でも問題視されています。

しかしながら、現時点ではiPhone 8の一括0円販売は収まるどころか広がっている印象も受け、2月1日からはNTTドコモでもiPhone 8・8 Plusの新規契約およびMNPで値下げしたことに伴ってiPhone 8の64GBモデルについて「下取りプログラム」を利用したケースが多いながらも一括0円を謳っている店舗が多く出ています。

続きを読む

ワイモバイルのiPhone SEが一括1円、SIMフリースマホ「HUAWEI P10」が一括1万9800円などのセールをヨドバシカメラで実施中!オンラインでもSIMカード契約で最大2万円キャッシュバック


shimajiro@mobiler

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が提供する携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」において小型4インチスマートフォン(スマホ)「iPhone SE」(Apple製)の32GBモデルが「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」にて一括1円で販売されていた。

また同店舗ではワイモバイルの契約とSIMフリースマホのセット販売でも大幅割引を行なっており、例えば、人気のハイエンドモデル「HUAWEI P10」がおよそ4万円の割引で一括19,800円(通常60,440円)などとなっており、その他の機種でも15,000〜20,000円の割引が実施されていた。

続きを読む

ソフトバンク、ワイモバイル向けシャープ製Android Oneスマホ「X1」に対してAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再開!セキュリティー向上も実施


Y!mobileスマホ「Android One X1」のAndroid 8.0 Oreoへのアップデートが再開!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は6日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに昨年6月に発売した「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One X1」(シャープ製)に対する最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2018年2月6日(火)より順次再開しているとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)でネットワーク経由によるOTAが用意されており、更新の完了までに最大80分程度かかる場合があるとしています。更新後のビルド番号は「S1004」。主な変更点は以下の通り。

ビルド番号がS1002から
・まれに位置情報の測位に時間がかかる事象の改善
・留守番電話センターへ転送された際にまれにガイダンスの音声が聞こえなくなる事象の改善
・セキュリティの向上

ビルド番号がS1002以外から
・Android 8.0へのOSバージョンアップ
・まれに位置情報の測位に時間がかかる事象の改善
・留守番電話センターへ転送された際にまれにガイダンスの音声が聞こえなくなる事象の改善
・セキュリティの向上

※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ ご利用中の端末の更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は<<操作手順>>をご覧ください。
※ シャープ Android One X1サポート情報はこちらをご覧ください。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。