S-MAX

タクシー

NTTドコモと未来シェアが共同開発するモビリティサービス「AI運行バス」を写真と動画で紹介!交通や物流などを効率化&最適化【レポート】


ドコモと未来シェアがSmart Access Vehicle(SAV)でバスやタクシーの効率化を狙う!

NTTドコモは9日、都内にて「NTTドコモ×未来シェア」によるモビリティサービスプラットフォーム開発に向けた共同会見を開催し、乗合バス路線廃止などの交通課題への取り組みと、未来シェアが開発したAI(人工知能)による配車システムを搭載した「AI運行バス」の疑似体験デモを公開した。

会見にはNTTドコモ 取締役常務執行役員 法人ビジネス本部 部長の古川浩司氏、法人ビジネス本部 IoTビジネス部部長の谷直樹氏、未来シェア 取締役会長の中島秀之氏、代表取締役社長の松原仁氏が登壇。

NTTドコモの「リアルタイム移動需要予測」技術と未来シェアの配車システム「SAV(サブ)」技術を組み合わせ、効率的な交通社会を実現するモビリティサービスプラットフォームを2018年度中に実用化をめざすとしている。

本記事では今回発表されたモビリティサービスプラットフォームの仕組みを写真や動画を交えて紹介していく。

続きを読む

NTTドコモの街角でタクシーが捕まりやすくなる技術「AIタクシー」とは?仕組みと試乗体験を写真と動画で紹介【レポート】

タクシー需要はAIで効率化する?!

NTTドコモは17日、都内にて「人工知能を活用したリアルタイム移動需要予測の実証実験」についての説明会を開催した。

この実証実験は2016年6月よりNTTドコモ、東京無線、富士通、富士通テンによって行われているもので、それぞれが持つビッグデータやノウハウを元に「AIタクシー」実証実験を行い、予測正解精度92.9%を達成したという。

このAIタクシーの仕組みをざっくりと言い表すとすれば「魚群探知機」のようなもので、ドライバーは自分の経験と車載端末に表示される需要予測をもとに営業ルートを決めるというもの。今回はこのAIタクシーの説明とその効果について紹介していく。


続きを読む

LINEアプリからタクシー配車が可能なサービス「LINE TAXI」の東京版を開始!外部アプリの追加インストール不要&「LINE Pay」によるスムーズな支払いなどを実現ーー全国版も近日提供予定


LINEからタクシー配車が可能に!

LINE Corp.は6日、同社が提供・運営するスマートフォン(スマホ)など向け無料通話・無料メールサービス「LINE(ライン)」( http://line.me )のAndroidおよびiPhone向けアプリからタクシーの配車ができる新サービス「LINE TAXI」を2015年1月6日(火)から提供開始すると発表しています。

まずは東京版(23区内・三鷹市・武蔵野市)が利用でき、今後、全国版の提供開始は近日中を予定しているとのことで、日本交通との提携により、東京版公開時には日本交通が保有する車両を含む約3340台の車両が対象となり、今後予定している全国版展開時には日本交通が提携するタクシー事業者129グループが保有する合計約23000台が順次対象となるように準備を進めているということです。

また、先日提供開始したLINEと連携するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」により、降車時の料金支払いプロセスが一切不要のキャッシュレスによるスムーズなタクシー利用が可能となっています。なお、LINE Payを利用スルには事前にクレジットカードでの支払い登録が必要となります。

続きを読む

LINE、スマホなど向けタクシー配車サービス「LINE TAXI」を今冬に提供予定!日本交通と提携し、2015年には日本全国へ


LINEがタクシー配車サービス「LINE TAXI」を今冬に提供!

LINE Corp.は9日、同社の事業戦略発表イベント「LINE CONFERENCE TOKYO 2014」を開催し、スマートフォン(スマホ)など向け無料通話・無料メールサービス「LINE(LINE)」( http://line.me )を通じたタクシー配車サービス「LINE TAXI」を2014年冬頃に提供開始すると発表しています。

同時に発表した決済サービス「LINE Pay」を利用して支払いをすることができ、すでにスマートフォン(スマホ)など向けタクシー配車サービス「全国タクシー配車」を提供する日本交通を提携し、まずは東京からスタートするとのこと。その後、2015年には日本全国に提供地域を拡大する予定ということです。

続きを読む

腕時計でタクシーを呼ぶ未来は設計済み!Googleのスマートウォッチ「Android Wear」の音声コマンドをサンプルアプリで試してみる【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

タクシーを呼ぼうとしてこんなことを言われるかも!?(注:あくまでイメージです)

Googleが提案するスマートウォッチのプラットフォーム「Android Wear」では、利用者からの命令を音声コマンドで受け付けることができます。一部の音声コマンドはGoogle NowやGoogle マップなどのGoogleサービスだけでなく、サードパーティが提供するAndroid Wearアプリでも使えるようになっています。

そこで、今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」では、Android Wearアプリの簡単なサンプルを用いて、音声コマンドのいろいろを試してみました。Googleが思い描くウェアラブルデバイスの未来が垣間見えるかもしれません。

続きを読む

スマホからハイヤーを配車できるアプリ「Uber(ウーバー)」の国内正式サービスが開始!東京23区にて提供でiOSおよびAndroidに対応


ゼロから始めるスマートフォン

ハイヤーを配車できるアプリ「Uber(ウーバー)」の国内での正式サービスが2014年3月3日(月)より開始されています。エリアも東京23区内に拡大されました。

Uberはスマートフォン(スマホ)のアプリからハイヤーの配車を頼むことができるサービスです。対応OSはiOSおよびAndroidとなっています。

これまでに30の国・地域で提供されており、日本でも昨年の11月より試験サービスが行われていましたが、この度正式にサービスが開始されました。

タクシーの配車とは違い、トヨタのクラウンや日産のフーガ、BMWなどの黒塗りの高級車が使われ、運転手が手でドアを開けてくれるなどのハイグレードなサービスが提供されるのが特徴です。

続きを読む

東京でタクシーが簡単に呼べるアプリ「スマホdeタッくん」が提供開始!iOSおよびAndroid、Windows 8対応


東京でタクシーが簡単に呼べるスマホ&パソコン向けアプリ「スマホdeタッくん」

日本マイクロソフトと東京ハイヤー・タクシー協会は21日、東京のタクシーを簡単に呼べるアプリ「スマホdeタッくん」を提供開始したとお知らせしています。利用料は無料。

対応プラットフォームはiOSおよびAndroid、Windows 8となっており、それぞれアプリ配信マーケット「App Store」および「Google Playストア」、「Windows Store」にてダウンロードできます。

スマートフォン(スマホ)およびパソコンに内蔵されたGPSなどによる位置情報を利用し、現在地の近くにいるタクシーを呼ぶことができ、開始時点では日本交通および大和自動車交通、共同無線タクシー協同組合、チェッカーキャブ無線協同組合のタクシー会社が対応し、タクシー数は約6500台となるとしています。対応地域は東京23区および武蔵野市、三鷹市。

続きを読む

気になるタクシー料金を事前にチェック!タクシーをより便利に利用できる「たくなび」【Androidアプリ】

ad47078e.jpg

タクシー料金の目安が分かれば安心!

最近、やっと猛暑が弱まってきたように感じますが不安定な天候がしばらく続くようなので体調管理にはお気をつけください。

猛暑の影響で普段あまりタクシーを利用しない方でも、避難場所としてタクシーを利用されていた方も多いのではないでしょうか?例えば、「目的地までタクシーを利用するといったいいくらかかるんだろう……。」や「疲れてるからタクシーに乗りたいけど、料金が……。」といったことがありますよね。

今回は、そんな時に役に立つアプリを紹介したいと思います!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。