b9481e89.jpg

10Gbps信号伝送実験で採用した主要技術(イメージ図)

NTTドコモは2月27日、東京工業大学と共同で2012年12月11日に屋外移動通信環境下での伝送実験を行い、上り最大約10Gbpsのパケット信号伝送に世界で初めて成功したことを発表しています。

今回の実験では、逼迫する周波数の状況と急増するトラフィックに対応するために、これまで移動通信システムでは電波の直進性が強いため利用が難しいとされていた5GHz帯以上の高い周波数帯を用い、10Gbpsを超える高い伝送速度の実現を目的にしているということです。

これによって、実験の仕組みを下りパケット信号伝送に適用すれば、現在提供しているdocomo LTEサービス「Xi(クロッシィ)」での受信時最大100Mbpsの約100倍となる、下り最大約10Gbpsの高速通信も可能になるとのことです。


続きを読む