S-MAX

デジタイザーペン

Microsoftのタブレット「Surface Proシリーズ」で手書きメモ!スマホやタブレットと連携して使える「Note Anytime」を紹介【Windowsアプリ】

思考を記録するならやはり手書きメモ

ペンなどを使って手書きでメモを取る「手書きメモ」アプリは短い言葉を直感的に記録できるため重宝するのだが、アプリの多くはデータをその機種内に保存するため、スマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコンなどと複数の機種を利用していると「いざ」という時に確認できないというもどかしさがある。

このような複数の機種を利用する「マルチデバイス」でデータを共有するにはクラウド(Web上にデータを保存する)サービスを利用するのが手っ取り早いわけだが、この手書きメモとクラウドを融合させた便利な手書きメモアプリの代表格として「Note Anytime」がある。特にペン操作が可能なスマホやタブレットを利用しているユーザーにオススメしたい1本だ。

Note AnytimeはiOS版、Android版、そして、Windows 8版がリリースされているが、今回は、Microsoft製タブレット「Surface Proシリーズ」で使用するWindows 8版を紹介したいと思う。

続きを読む

ワコム、Samsung GALAXY Note 3およびGALAXY Note 10.1 2014 Editionにペン入力技術「Wacom feel IT technologies」を提供!Sペンはさらに使いやすく


Wacom feel IT technologiesがGALAXY Note 3などに採用!

Wacom(ワコム)は18日、Samsung(サムスン電子)が今月4日(現地時間)に独ベルリンで発表した最新スマートフォン「GALAXY Note 3」およびタブレット「GALAXY Note 10.1 2014 Edition」の2機種に同社のモバイル機器向けに最適化した独自のデジタルペン入力システム「Wacom feel IT technologies(以下、feel)」が採用されたと発表しています。

これまでも初代「GALAXY Note」をはじめとした「GALAXY Noteシリーズ」で採用されてきましたが、GALAXY Note 3などでは、feelによる「Sペン」機能がさらに進化して使いやすくなっています。なお、GALAXY Note 3は国内でも10月以降に発売されることが明らかにされています。

続きを読む

GALAXY Noteに最適化されたスタイラスもあり!デジタイザーペン対応製品向けワコム「BAMBOO Stylus feel」を試す【レビュー】


BAMBOO Stylus feelの使い心地はいかに!?

スマートフォンやタブレットの急速な普及に伴って、画面を指で触って操作する“タッチ操作”も当たり前のようになってきており、最近では、パソコン向けOSであるWindows 8がタッチ操作に対応したことにより、パソコンでもタッチ操作ができるようになってきています。

一方で、画面を指で触ってとなると、どうしても文字を書いたり、図や絵を描くなどといった細かなことは難しく、その場合は、やはりペンのようなスタイラスが欲しくなってきます。

そこで、前回、通常のタッチパネルだけではなく、ワコムの技術によってより繊細なペン入力ができるデジタイザーペン対応製品向けの高級スタイラス「BAMBOO Stylus feel carbon CS400UK」を紹介しました

今回は、BAMBOO Stylus feel carbonの通常モデルである「BAMBOO Stylus feel CS300UK」を紹介したいと思います。

なお、BAMBOO Stylus feelには、特にデジタイザーペンが利用できるスマートフォン「GALAXY Noteシリーズ」に最適化され、通常モデルよりも1.5mm短くなっている「Bamboo Stylus feel for Samsung Galaxy Note」も用意されています。GALAXY Note使いの人は、こちらもチェックしてみてください!


続きを読む

GALAXY NoteやSurface Proなどのデジタイザーペン対応機種での描き心地抜群!ワコムの高級スタイラス「BAMBOO Stylus feel carbon CS400UK」を試す【レビュー】


ワコムのデジタイザーペン対応「BAMBOO Stylus feel carbon」を紹介!

携帯電話からスマートフォンに変わり、ディスプレイをタッチして操作する“タッチ操作”が主流になり、この流れがさらに広がり、タブレットに加え、最近では、Windows 8がタッチ操作に対応したことからパソコンでも画面を触って操作することが主流となってきています。

一方で、指でのタッチは、おおまかな操作はできるものの、やはりどうしてもメモで文字を書いたり、図や絵を描いたりといったことは難しいのが現状です。

そこで、一般にスマートフォンやタブレット、そして、パソコンのタッチ操作として現在用いられている静電容量式タッチパネルとは別の技術を用いた製品も出てきており、その中でも書き心地の評価が高いのが、スマートフォン「GALAXY Noteシリーズ」やタブレット「Surface Pro」などのデジタイザーペンを利用したものとなります。

今回は、このデジタイザーペン対応機種なら使えるワコム製「BAMBOO Stylus feel carbon(型番:CS400UK)」を紹介します。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。