S-MAX

デュアルSIM

ZTEの最新SIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」でデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)を試す!設定や活用方法を紹介【レビュー】


ZTEのフラッグシップスマホ「AXON 7」で最近話題のDSDSを試した!

ZTE(中興通訊)の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AXON 7」とその小型・廉価版「AXON 7 mini」。日本でもZTEジャパンから10月13日に正式に発売されることが案内され、すでに10月21日よりSIMフリーモデルとして販売されています。

デザインにも注力したZTEの主力「AXON」シリーズの最新作として日本市場に投入されましたが、両機種とも先に発売されているミドルレンジスマホ「BLADE V7 MAX」と同じく日本における「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」機能に対応しています。

DSDSに対応することによって、4G(LTE方式)と3G(W-CDMA方式)の2つのSIMカード(回線)を同時に1つの携帯電話で通話・通信の待ち受けが可能になります。

すでにBLADE V7 MAXでもDSDS機能を紹介していますが、今回はあらためてAXON 7とAXON 7 miniにおけるDSDSの設定方法をご紹介します。なお、記事では主にAXON 7を用いてますが、AXON 7 miniにおいても同様に設定することが可能です。

続きを読む

今年のSIMフリースマホの注目はデュアルSIM!Moto 4G PlusやZenFone 3シリーズなどが対応するデュアルスタンバイとデュアルアクティブの違いを説明!何ができて何ができない?


shimajiro@mobiler

日本で7月22日(金)に発売されるSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus」(Motorola Mobility製)や、台湾で発売された「ZenFone 3」シリーズ(ASUSTeK Computer製)などの機種がサポートするデュアルSIM・デュアルスタンバイ「DSDS(Dual SIM Dual Standby)」の仕様について解説する。

恐らく日本では今年のSIMフリースマホのトレンドとなり、Moto G4 Plus以降も3G(W-CDMA方式)と4G(LTE方式)のDSDS対応機種が発売になると見られる。一方、近い仕様としてデュアルSIM・デュアルアクティブ「DSDA(Dual SIM Dual Active)」というのもあるため、これとの違いも含めてまとめていく。

続きを読む

Samsungの新スマホ「Galaxy Note5」の台湾版を使ってみた!気になった仕様を紹介――デュアルSIMやLTE対応周波数、黒板機能など【レビュー】


shimajiro@mobiler

世界に先駆けて8月15日に台湾にて販売が開始されたSamsung Electronics(以下、サムスン電子)製スマートフォン(スマホ)の新機種「Galaxy Note5(型番:SM-N9208)」。

すでに紹介したように筆者も前日より並んで限定200台の先行販売で購入した。購入したのは32GBモデルのGold Platinumで、価格は23,880台湾ドル (約92,000円)だった。

今回は実際に使ってみてまずは気になった仕様についてデュアルSIMや対応周波数帯、黒板機能などをざっくばらんに紹介する。なお、台湾では限定200台の後もGalaxy Note5が販売されており、在庫があるということだ。

続きを読む

CEATEC JAPAN 2014:加賀ハイテック、LTE対応SIMフリースマホ「Tjc StarQ Q5002」などを展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
LTE対応でデュアルSIMのSIMアンロックスマートフォン登場!

10月7日(火)から11日(土)の4日間にわたって、千葉件の幕張メッセにてIT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2014」が開催されています。

本記事では加賀ハイテックブースにてTjc製のSIMフリースマートフォン「StarQ Q5002」が展示されていたので紹介します。続きを読む

コヴィア、デュアルSIMに対応したAndroid搭載SIMフリースマホ「FleaPhone CP-F03a」を3月14日発売!価格は1万9800円


ゼロから始めるスマートフォン

コヴィア(covia)がデュアルSIMに対応したAndroid搭載SIMフリースマートフォン「FleaPhone CP-F03a」を2014年3月14日(金)より国内で発売すると発表しています。価格はオープンながら店頭予想価格は19,800円。

W-CDMA規格のSIMスロットを2基(標準SIMカードサイズのスロット1個とmicroSIMカードサイズのスロット1個)搭載した「デュアルSIM」仕様となっており、2種類のSIMをセットしてメニューから切り替えることができます。ただし、2つのSIMカードで同時に通信することはできないということです。

続きを読む

シネックスインフォテック、デュアルSIM対応SIMフリースマホ「freetel」を11月16日に発売開始!国内最安クラスの1万2800円


デュアルSIM対応SIMフリースマホ「freetel」を11月16日に発売開始!

シネックスインフォテックは14日、SIMカードを2枚装着できる「デュアルSIM」に対応し、SIMロックのかかっていないSIMフリーのスマートフォン「freetel」(プラスワン・マーケティング製)を2013年11月16日(土)に発売開始すると発表しています。

特長としては国内最安クラスの本体価格12,800円という廉価モデルであることです。また、今回、発売を記念し、2013年12月31日(火)まで本体価格にプラス1,000円~2,000円でSIMカードを同梱するセット販売も行うとしています。

続きを読む

IIJ、デュアルSIMやLEDライト、クアッドバンドLTEなどに対応したSIMフリーモバイルWi-Fiルーター「RX501NC」を発表!12月9日発売で法人向けに提供


SIMフリーモバイルWi-Fiルーター「RX501NC」がIIJから登場!

インターネットイニシアティブ(IIJ)は13日、デュアルSMやLEDライト、クアッドバンドLTEなどに対応したSIMフリーモバイルWi-Fiルーター「RX501NC」(ネクス製)を発表しています。

2013年12月9日(月)に発売開始され、同社がNTTドコモの携帯電話網を借り入れて提供する法人向けMVNOサービス「IIJモバイルサービス/タイプD」向けに提供するとのこと。

続きを読む

OPPO、デュアルSIM対応スマホ「OPPO Find Mirror R819」を発表!EXPANSYS Japanでも仮注文受付中で9月上旬に出荷予定


OPPO Find Mirrorが発表!

Shenzhen OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は19日(現地時間)、薄さ7.3mmおよび重さ110gのスリム&ライトなデュアルSIM対応Androidスマートフォン「OPPO R819」を発表しています。

また、EXPANSYS Japanが運営する海外の機種を国内向けに販売しているWebストア「EXPANSYS(エクスパンシス)」にてOPPO R819が仮注文の受付を開始しています。2013年9月上旬に出荷予定で、配送業者をFedExにした場合に送料を無料にするキャンペーンを実施するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。