S-MAX

データ移行

ドコモショップにおける「初期設定サポート」の内容を統一!他所で購入して持ち込んだり、ケータイ補償サービス利用時は有料に。来店予約対応店舗も拡大


NTTドコモがショップやオンラインにおけるサポートを拡充!

NTTドコモは29日、都内にて「2019年度 第2四半期決算説明会」を開催し、ドコモショップにおける「来店予約」拡大や「初期設定サポート」の実施、「ドコモスマホ教室」の拡充などの新たな取り組みを展開していくと発表しています。

まず来店予約についてはすでに全国のドコモショップにて1043店舗で導入していますが、より多くの人が待ち時間なく受付できるようにさらに2020年3月末までに1500店舗へ導入する予定とのこと。なお、ドコモショップは2018年度末時点で約2300店舗となっているため、およそ65%で導入されることになります。

また2019年12月1日(日)から全国約2300店舗のドコモショップで初期設定サポート内容を統一し、店頭でスマートフォン(スマホ)などの端末を購入して「初期設定・データ移行」を希望する人に対し、全店無料でサポートを実施します。

一方、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や量販店、一般販売店で購入した端末をドコモショップへ持ち込んでサポートを希望する人に対しても一様に全店でサポートを有料で行い、料金は3,000円/回(税別)となります。対象製品はキッズケータイおよびNeuxs 5Xを除く各スマホ・タブレット。

サポートの範囲はともに「Apple ID」や「Googleアカウント」の設定、「dアカウント」の設定、ドコモアプリケーションの設定、データのコピーとなり、同社ではスマホを購入後の初期設定や操作などの受付をする専門スタッフをすでに全国で804店舗へ配置し、今後も順次拡大予定だとしています。

さらにドコモスマホ教室については参加数が累計400万人を突破し、講座数も最大33と拡充していますが、今後は2020年の小学校プログラミング教育必修化に備えた学びの場としてプログラミング教育サービス「embot」を使った有料版プログラミング教室を2020年2月から展開予定です。

続きを読む

iPhone同士でデータ移行して新機種に切替完了!iOS 12.4から実装されたデータ移行機能を最新のiPhone 11 Proで実際に試してみた【ハウツー】


iOS 12.4以降に実装された端末間データ移行機能を試してみた!

既報の通り、Apple(アップル)の新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 11」シリーズが9月20日に発売され、すでに多くの人が購入されたのではないでしょうか。

スマホの買い替えといえば、面倒で若干の不安も付きまとうのがデータの移行作業です。iPhoneであれば、パソコン(PC)やiCloudへデータをバックアップし、新しい端末で復元作業を行う必要があり、時間も手間もかかるものでした。

しかし、そんな煩雑で面倒なデータ移行作業を非常に簡単に終わらせてくれる機能がiOS 12.4から実装されました。端末間で直接データを移動できるという機能で、PCやインターネットとの接続を必要としない点が大きな特徴です。

今回筆者はiPhone 11 Proを購入し、実際にこれまで使っていた「iPhone XS」からのデータ移行を行ってみましたので、データ移行をする際の注意点などとともに解説します。

続きを読む

iOS 9の新機能「Move to iOS」を使ってAndroidから新スマホ「iPhone 6s」にデータ移行してみた【レビュー】


AndroidのデータをiPhoneにワイヤレスで移行!

Appleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」が9月25日に発売されました。すでに開封および外観のレビューでも紹介したように新色のローズゴールドが追加されて4色展開になったほか、カメラの画素数もアップして4K動画の撮影にも対応するなどしています。

また、最新の「iOS 9」がプリインストールされており、感圧機能「3D Touch」を搭載し、新しいユーザーインターフェース(UI)を体感することができます。

そんなiOS 9の新機能としてAndroidからiPhoneにワイヤレスでデータを移行できる「Move to iOS」が利用できるようになりました。これまではAndroidからiPhoneのデータ移行はパソコンを使わなければ難しかったので、公式で対応したのは嬉しいです。

そこで、筆者はこれまでにもiPhoneを使っていましたが、せっかくなので普段利用しているAndroidから実際にiPhone 6sにMove to iOSを使ってデータ移行してみましたので、手順と内容について簡単に紹介します。

続きを読む

KDDI、au向け「データお預かりアプリ」をiOSに対応!BluetoothやWi-Fiでダイレクトデータ移行機能にも対応し、AndroidとiPhoneでスムーズに移行可能


au向け「データお預かりアプリ」がiPhoneなどのiOSに対応!

KDDIおよび沖縄セルラーは10日、auスマートフォンおよびauタブレットのデータを簡単・便利に保存できる「データお預かりアプリ」 においてiPhoneなどのiOS向けアプリを提供し、端末間でのダイレクトデータ移行機能を提供開始するとお知らせしています。

これにより、iPhoneやiPadに保存した写真および動画、アドレス帳、カレンダーの各データをデータお預かりアプリを利用することで、最大1GBまで「auスマートパス」サーバーに手軽に預けることができます。さらに、auスマートパス会員であれば50GBの保存が可能。

また、Bluetoothまたは無線LAN(Wi-Fi)を経由し、インターネットを介さず端末同士で直接データをやりとりできるダイレクトデータ移行機能( http://goo.gl/a35118 )を同日6月10日より新たに提供し、異なるOS同士でもデータ移行が利用できるため、iPhoneからAndroidへの機種変更やマルチデバイスでの利用がよりスムーズになります。

続きを読む

Google、iPhoneなどのiOS搭載機種からAndroid搭載機種へのデータ移行を紹介するWebページを公開!AppleのAndroidからiPhoneへの移行に対抗


GoogleがiPhoneからAndroidへのデータ移行を解説!

Google(グーグル)は15日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのモバイル機器向けプラットフォーム「Android」の公式Webサイト「Android.com」においてライバルのiPhoneなどのiOS搭載機器からAndroid搭載機器へ乗り換える場合におけるデータ移行方法について紹介するWebページ「Switch to Android」を公開しています。

ちょうど先月、Appleの新機種「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の発売に合わせてAndroidからiOSへのデータ移行方法を紹介するWebページが公開されていますが、これに対抗する形となっています。なお、どちらのページも現時点では英語のみとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。