S-MAX

ドコッチ

NTTドコモ、子どもなどを見守る「ドコッチサービス」を2019年3月31日に終了!新規申込および専用ウェアラブル端末「ドコッチ01」の販売は2018年3月31日まで


docomoが子どもの見守りサービス「ドコッチ」を2019年度末で終了!

NTTドコモは5日、親などの家族が子どもの日頃の活動をさりげなく見守り、家族の安心と子どもの自立や安全をサポートするサービス「ドコッチサービス」を2019年3月31日(日)に終了すると発表しています。

ドコッチサービスは、各種センサーおよび通信機能を搭載したウェアラブル製品「ドコッチ 01(型番:DC01)」を装着することによって子どもの様子をいつでも確認できるサービスとして2015年4月4日から提供しています。

しかしながら、利用者のニーズと市場環境を踏まえて、経営資源を集中すべくサービスの提供を終了することにしたとのこと。なお、位置検索サービス「イマドコサーチ」などのドコッチサービス以外については引き続きドコッチ 01で利用可能。

またサービス提供終了に先立って2018年3月31日(土)にドコッチサービスの新規申し込みおよびドコッチ 01の新規販売の受付を終了し、ドコッチ 01および「ドコッチおでかけアプリ」および「ドコッチアプリ」のサポートも2019年3月31日までとなるということです。

続きを読む

NTTドコモ、3GやGPSに対応した子ども向け簡単見守りスマートウォッチ「ドコッチ 01 DC01」のライトブルーを4月10日に発売


子ども向けスマートウォッチ「ドコッチ 01」のライトブルーが4月10日に発売!

NTTドコモは8日、3G対応スマートウォッチ(腕時計型ウェアラブル端末)の新モデル「ドコッチ 01(型番:DC01)」(ファーウェイ製)のライトブルーを2015年4月10日(金)に発売すると発表しています。

すでにホワイトが4月4日に発売されており、ライトブルーは4月上旬発売予定とされていました。価格は直営Webショップ「ドコモオンラインショップ」では一括13,608円(税込)、分割567円(税込)/月×24回。利用にはホワイトの発売と同時に提供開始された「ドコッチサービス」の付加機能使用料月額280円がかかるほか、料金プランはデバイスプラス500(月額500円)とFOMA定額データプラン(月額1,505円〜)に対応。料金および価格は税抜。

ドコッチ01は主に子ども向けとして身に着けることで「持ち忘れ」や「置き忘れ」が防止できるウォッチタイプのデバイスで、3Gによる広いエリアで安定した通信が可能な800MHz帯(新800MHz帯含む)と2GHz帯に対応。

角が当たらないよう丸みを帯びた形状に仕上げたほか、肌に触れる裏面は、塗装を施しておらず、クレードルは端子部が使用する際だけ突出するよう設計されており、安全性に配慮されています。加えて、防水・防塵に対応しており、活発な子どもの日常をしっかりとサポートします。

続きを読む

NTTドコモ、3GやGPSに対応した子ども向け簡単見守りスマートウォッチ「ドコッチ 01 DC01」を4月4日より順次発売!専用「ドコッチサービス」も同日より提供開始


子ども向けスマートウォッチ「ドコッチ 01」が4月4日より発売!

NTTドコモは26日、3G対応スマートウォッチ(腕時計型ウェアラブル端末)の新モデル「ドコッチ 01(型番:DC01)」(ファーウェイ製)を2015年4月4日(土)より順次発売すると発表しています。

また、同じく4月4日からドコッチ01を利用して親などが子どもの日頃の活動をさりげなく見守り、家族の安心と子どもの自立や安全をサポートするサービス「ドコッチサービス」を提供開始します。

ドコッチサービスは利用料金として付加機能使用料が月額280円で、料金プランはデバイスプラス500(月額500円)とFOMA定額データプラン(月額1,505円〜)に対応。それぞれ料金は税抜。本体価格は一括13,608円(税込)、分割567円(税込)/月×24回。

発売日はホワイトが4月4日、ライトブルーが4月上旬となっており、発売に先立ち3月26日から全国のドコモショップおよび直営Webショップ「ドコモオンラインショップ」にて事前予約を受付いたします。

ドコッチ01は主に子ども向けとして身に着けることで「持ち忘れ」や「置き忘れ」が防止できるウォッチタイプのデバイスで、3Gによる広いエリアで安定した通信が可能な800MHz帯(新800MHz帯含む)と2GHz帯に対応。

角が当たらないよう丸みを帯びた形状に仕上げたほか、肌に触れる裏面は、塗装を施しておらず、クレードルは端子部が使用する際だけ突出するよう設計されており、安全性に配慮されています。加えて、防水・防塵に対応しており、活発な子どもの日常をしっかりとサポートします。

続きを読む

NTTドコモ、2014-2015冬春モデルを発表!スマホ7機種やタブレット2機種、ケータイ4機種、モバルー2機種、スマウォ2機種を投入――LTE-AvancedのCAによる下り最大225Mbpsなども提供へ


NTTドコモが総勢17機種の2014-2015冬春モデルを発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2014-2015冬春モデル新商品発表会」を本日12:00から都内で開催する予定で、発表会の模様は特設サイト「2014-2015冬春モデル 新商品・新サービス発表会 | 製品 | NTTドコモ」から各動画配信サイトにてライブ配信を行う予定でいます。

イブ配信サイトは「Ustream」や「ニコニコ生放送」、「YouTube」、「NOTTV」でも閲覧できます。さらに、Twitterアカウント「NTTドコモ - Facebook」でも発表会について投稿しているようですので、ご確認ください。

発表されたのは、Androidスマートフォンが「Xperia Z3 SO-01G」および「Xperia Z3 Compact SO-02G」、「GALAXY Note Edge SC-01G」、「GALAXY S5 Active SC-02G」、「ARROWS NX F-02G」、「AQUOS ZETA SH-01G」、「Disney Mobile on docomo SH-02G」の7機種、Androidタブレットが「ARROWS Tab F-03G」および「GALAXY Tab S 8.4 SC-03G」の2機種、ケータイが「N-01G」および「P-01G」の通常2機種に加え、子供向け「キッズケータイ HW-01G」やシニアなど向け「らくらくホンベーシック4 F-01G」の合計4機種、モバイルWi-Fiルーターが「WI-Fi STATION HW-02G」および「Wi-Fi STATION L-01G」の2機種、スマートウォッチが「Gear S(型番:SM-R750D)」および「ドコッチ(型番:DC01)」の2機種と総勢17機種を投入します。

サービス面では今夏に開始したXi(LTE)による音声通話「VoLTE」に続き、auがすでに開始しているLTE-Advancedの技術要素のひとつである「キャリアアグリゲーション(CA)」を今年度中に開始し、下り最大225Mbpsと国内最速の通信サービスを提供します。これは上記のモバイルWi-Fiルーター2機種が対応。なお、VoLTEは今回スマートフォンは全機種対応となります。

また、同社としては初のTD-LTEに対応したGALAXY Note Edge SC-01GおよびWi-Fi STATION L-01Gでは中国の一部エリアなどでLTE国際ローミングが利用できるようになるほか、GALAXY Note Edge SC-01GやARROWS NX F-02Gが北米などで利用できる700MHz(Band 17)に対応。

さらに、CDよりも高音質なハイレゾオーディオにスマートフォン7機種およびタブレット2機種が対応するほか、ホームアプリ「docomo Live UX」がクラウド対応し、機種変更してもすぐにホーム画面を引き継げるようになります。この他、世界的に人気となっている自分撮り(セルフィー)にもフィーチャーし、スマートフォンのフロントカメラが広角レンズを採用していたり、パノラマ撮影ができたりするようになるなど、多彩な機能が搭載されています。

なお、ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも発表会の模様をリアルタイムで更新していきます。S-MAXのTwitterアカウント「@smaxjp」またはFacebookページ「S-MAX - Facebook」でも発表会情報をリアルタイムで投稿していきます!また、現地における展示による端末レポートなどの詳細記事も投稿していきますのでご期待ください!!

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。