S-MAX

ノジマ

ニフティをノジマが買収!NifMoやISPサービスなどのコンシューマ事業はすべて富士通から譲渡――ビッグローブはKDDI傘下に


NiftyがNojimaグループ、BIGLOBEがKDDIグループに!

富士通は31日、子会社でインターネット接続(ISP)サービス「@nifty」や仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「NifMo」などを展開しているニフティを再編すると発表しています。

再編後はクラウドを中心とするエンタープライズ向け事業会社「富士通クラウドテクノロジーズ」とISPを中心とするコンシューマ向け事業会社「ニフティ」に分け、コンシューマ向け事業会社の新ニフティは2017年4月1日に富士通が持つ同社の全株式をノジマに譲渡するとのこと。

ノジマでは今後も@niftyやNifMoなどのサービスはブランド名を含めて継続し、ニフティのブランド価値、提供サービス並びにお客様基盤の維持を最優先にノジマグループが持つ実店舗網や営業力とのシナジーを活用しながら、引き続き事業を拡大していくとしています。

一方、ビッグローブは31日、KDDIが2016年12月8日に発表していたように全株式を取得し、KDDIの完全子会社化したと発表しています。ビッグローブは日本電気(NEC)のISPサービスなどの事業会社でしたが、2014年4月1日に日本産業パートナーズが買収していましたが新たにKDDI傘下となりました。

続きを読む

ノジマ、店頭で携帯電話や電気、ガス、水道、税金などの「公共料金収納サービス」を開始!ご来店ポイント付与や通信料金をより安くするための無料相談も実施


ノジマが公共料金収納サービスを開始!

ノジマは3日、家電量販店「ノジマ」の全店舗で携帯電話、NTT利用料、電気、ガス、水道、税金などの各種料金の支払いができる「公共料金収納サービス」を2014年12月より提供していると発表しています。

これにより、コンビニエンスストア(コンビニ)などと同様に支払用紙のバーコードをスキャンすることで料金収納が可能となり、来店したユーザーには「ご来店ポイント」(50~4,000Pt)が付与されます。 なお、同社では家電小売店舗の店頭で公共料金の支払いができるサービスは業界初の試みだとのこと。

また、ノジマではコンビニでは実現が難しいサービスとして、支払い内容を元に通信料金などをより安くするための無料相談を実施するということです。

これにより、それぞれのユーザーに最適なプランをコンサルティングするほか、合わせて、期間限定でノジマのプライベートブランド「ELSONIC」の単3電池4個パックをプレゼントするとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。