S-MAX

バッテリー

MacBookやNintendo Switchなども充電可能な大容量26800mAhのモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 26800 PD」が発売!実際に使ってみたので紹介【レビュー】


AnkerからもUSB PDに対応した大容量バッテリーが遂に発売!

モバイル周辺製品などを手がけるAnker(アンカー)が2017年8月14日(月)より最新の給電規格であるUSB PowerDelivery(以下、USB PD)に対応したモバイルバッテリー「[http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B06Y54R76L/kmax-22[Anker PowerCore+ 26800 PD]]」の販売を開始しました。

同製品はUSB PDを用いて最大30Wでの給電が可能となっており、バッテリー容量も26800mAhと非常に大容量となっています。希望小売価格は9,999円(税込)となっており、すでにAmazon.co.jpや一部の家電量販店などで購入が可能です。筆者もさっそく、同製品を入手しましたのでご紹介していきます。

続きを読む

飛行機の手荷物でもOK!USB PD対応でスマホだけでなくMacBookなどの製品も充電可能なモバイルバッテリー「RAVPower Type-C 26800mAh RP-PB058」を試す【レビュー】


MacBook Proも充電可能なモバイルバッテリーを紹介!

スマートフォン(スマホ)やタブレットの普及に伴って充電にモバイルバッテリーを使っているという人も多いかと思います。黎明期は5000mAh程度の容量のバッテリーが主流でしたが、今となっては20000mAhをも超えるほどの大容量バッテリーも多数販売されています。

この度、バッテリーをはじめとしたサプライ品を販売するRAVPowerより最大30WのUSB PDに対応した26,800mAhの大容量バッテリー「RAVPower Type-C 26800mAh RP-PB058(以下、RP-PB058)」を提供いただきましたのでさっそく使用感をレビューして行きたいと思います。

続きを読む

Apple、iPhone 6sのバッテリーに問題で一部製品が突然電源が切れる不具合!対象には無償修理プログラムを提供


iPhone 6sの一部製品に突然シャットダウンする不具合で修理対象に!

Appleは21日(現地時間)、昨年9月に発売した同社製のスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」の一部にて予期せず突然電源が切れる不具合があることを明らかにしました。

対象製品は2015年9月~10月に製造されたもので、非常に少ない数だとのこと。対象製品には公式修理プログラムを実施し、無償で修理(バッテリー交換)するとお知らせしています。

続きを読む

Appleの新4インチスマホ「iPhone SE」がiFixitによって分解!内蔵メモリーはiPhone 6sシリーズと同じ2GBに――電池容量は1624mAhに


Appleの新小型スマホ「iPhone SE」がiFixitによって分解!

iFixitは1日(現地時間)、日本時間では3月22日に発表され、先日3月31日に発売されたAppleの新しい4インチスマートフォン(スマホ)「iPhone SE」を分解したレビューを掲載しています。

分解に用いた製品はアメリカ(米国)向け「A1662」と日本で販売されている「A1723」ではありませんが、携帯電話ネットワーク以外は基本的には同じと見られます。

これによりAppleが公開している両製品の仕様では内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされていませんが、今回、分解したことによる部品によってそれらの数値が判明しています。

続きを読む

NVIDIA、Tegra K1搭載の8インチAndroidタブレット「SHIELDタブレット」の自主回収・無償交換対応を日本でも開始!発火がある恐れで


ゼロから始めるスマートフォン

既報通り、NVIDIAが日本国内では昨年10月に発売したTegra K1搭載のゲーマーなど向け8インチAndroidタブレット「SHIELDタブレット」に発火の恐れがあるとして、自主回収すると発表しています。

これに伴い、同社は7日、日本国内でも同製品の自主回収と無償交換の対応を行うと発表しています。日本向けSHIELDタブレットのうちの「P1761W」のほか、海外向けの「P1761」と「P1761WX」を国内で使用している場合についても同様に交換に応じるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。