S-MAX

バッテリー

Apple、iPhone 6sのバッテリーに問題で一部製品が突然電源が切れる不具合!対象には無償修理プログラムを提供


iPhone 6sの一部製品に突然シャットダウンする不具合で修理対象に!

Appleは21日(現地時間)、昨年9月に発売した同社製のスマートフォン(スマホ)「iPhone 6s」の一部にて予期せず突然電源が切れる不具合があることを明らかにしました。

対象製品は2015年9月~10月に製造されたもので、非常に少ない数だとのこと。対象製品には公式修理プログラムを実施し、無償で修理(バッテリー交換)するとお知らせしています。

続きを読む

Appleの新4インチスマホ「iPhone SE」がiFixitによって分解!内蔵メモリーはiPhone 6sシリーズと同じ2GBに――電池容量は1624mAhに


Appleの新小型スマホ「iPhone SE」がiFixitによって分解!

iFixitは1日(現地時間)、日本時間では3月22日に発表され、先日3月31日に発売されたAppleの新しい4インチスマートフォン(スマホ)「iPhone SE」を分解したレビューを掲載しています。

分解に用いた製品はアメリカ(米国)向け「A1662」と日本で販売されている「A1723」ではありませんが、携帯電話ネットワーク以外は基本的には同じと見られます。

これによりAppleが公開している両製品の仕様では内蔵メモリー(RAM)や電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされていませんが、今回、分解したことによる部品によってそれらの数値が判明しています。

続きを読む

NVIDIA、Tegra K1搭載の8インチAndroidタブレット「SHIELDタブレット」の自主回収・無償交換対応を日本でも開始!発火がある恐れで


ゼロから始めるスマートフォン

既報通り、NVIDIAが日本国内では昨年10月に発売したTegra K1搭載のゲーマーなど向け8インチAndroidタブレット「SHIELDタブレット」に発火の恐れがあるとして、自主回収すると発表しています。

これに伴い、同社は7日、日本国内でも同製品の自主回収と無償交換の対応を行うと発表しています。日本向けSHIELDタブレットのうちの「P1761W」のほか、海外向けの「P1761」と「P1761WX」を国内で使用している場合についても同様に交換に応じるということです。

続きを読む

NVIDIA、発火の恐れがあるとしてTegra K1搭載のゲーマーなど向け8インチAndroidタブレット「SHIELDタブレット」を自主回収・無償交換へ


ゼロから始めるスマートフォン

NVIDIAは31日(現地時間)、日本国内では昨年10月に発売したTegra K1搭載のゲーマーなど向け8インチAndroidタブレット「SHIELDタブレット」に発火の恐れがあるとして、自主回収すると発表しています。

対象となるのは2014年7月から2015年7月までに出荷されたもののうち、バッテリーのタイプが「Y01」となっている製品で、対象製品は回収後に無料交換にて対応します。

なお、バッテリーが発熱によって発火する恐れがあるため、データのバックアップに必要な操作を除いて対象製品の使用を停止するよう呼びかけています。

続きを読む

人気の「ダンボー」をモチーフにしたモバイルバッテリー「cheero Power Plus DANBOARD Version」シリーズにスリムな「plate」と「block」の2モデルが発売


今度のダンボーモバイルバッテリーは薄型・軽量!

ティー・アール・エーは13日、同社のアクセサリーブランド「cheero(チーロ)」において人気漫画「よつばと!」のキャラクター「ダンボー」をモチーフにしたモバイルバッテリーに新しくより薄くなった「cheero Power Plus DANBOARD version -plate- 4200mAh(型番:CHE-055)」(以下、plate)と「cheero Power Plus DANBOARD version -block- 3000mAh(型番:CHE-056)」(以下、block)を2015年1月13日(火)12時より販売開始するとお知らせしています。

価格は希望小売価格がplateが4,480円(税抜)、blockが3,480円(税抜)となっており、Amazon.co.jpではplateが2,980円(税込・送料込)、blockが2,380円(税込・送料込)となっています。

cheero Power Plus DANBOARD versionはこれまでにも10400mAhの通常・FLAVORS6000mAhのminiがありましたが、それぞれと面積はほぼ同じでより薄くなった2モデルが発売となりました。毎回、cheero Power Plus DANBOARD versionシリーズは人気ですが、現時点でもAmazon.co.jpでは両モデルとも在庫ありとなっています。

続きを読む

CEATEC JAPAN 2014:パナソニック、ウェアラブル端末などに最適な「ピン型リチウムイオン電池」を展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
使いどころは無限大かも!超小型リチウムイオン電池が登場!

10月7日(火)から11日(土)の4日間にわたって、千葉件の幕張メッセにてIT・エレクトロニクスの総合展示会「CEATEC JAPAN 2014」が開催されています。

本記事ではパナソニックのブースにて先日発表された、「ピン型リチウムイオン電池」が展示されていたので紹介します。

続きを読む

Apple、一部の「iPhone 5」のバッテリー駆動時間が急に短くなるなどの問題で無償交換プログラムを8月29日から実施


iPhone 5でバッテリーに不具合で無償交換!

Apple(アップル)は22日(現地時間)、2012年9月に発売した同社のスマートフォン「iPhone 5」の一部機種でバッテリー駆動時間が急に短くなったり、より頻繁に充電が必要になったりする可能性があることが判明したとし、該当機種である場合には無償で交換するとお知らせしています。

iPhone 5は国内ではauおよびソフトバンクモバイルから販売されており、対象となるのは2013年1月以前に製造された製品。すでに一部機種で電源・スリープボタン(本体上部側面右側に配置されているキー)が機能しなくなる問題で交換プログラムが実施されていますが、これに続いて、今回はバッテリーで交換プログラムが実施されます。

対象となるかどうかは公式Webページ「iPhone 5 バッテリー交換プログラム - Apple サポート」にてシリアル番号を入力することで確認できます。交換対象期間は015年3月1日まで。

続きを読む

NTTドコモ、アフターサービス「電池パック安心サポート」の提供条件を2014年4月から変更!スマホは交換額を値下げ、ケータイは無償交換を廃止でポイント交換に


NTTドコモが「電池パック安心サポート」の提供条件を変更!

NTTドコモは19日、同社の契約者に提供している会員サービス「ドコモプレミアクラブ」および「ドコモビジネスプレミアクラブ」の会員に対して、電池パックを無償でもらえたり、ドコモポイントと交換できるアフターサポートサービス「電池パック安心サポート」の提供条件を2014年4月から変更するとお知らせしています。

これまで、iモードケータイ(フィーチャーフォン)では利用期間によって電池パックを無償でもらえていたものが廃止され、ドコモポイントとの交換という実質値上げされたのに対し、スマートフォン向け電池パックや補助充電アダプタ02、ポケットチャージャー02についてはプレミアステージ以上であればドコモポイントの値下げが行われています。

続きを読む

NTTドコモやau by KDDI、ソフトバンクの「2013-2014冬春モデル」をチェック!バッテリー容量や連続待受時間、連続通話時間などをまとめて紹介


各社の2013-2014冬春モデルのバッテリー容量や連続待受時間、連続通話時間などをまとめてみた!

年末商戦を迎え、携帯電話などの無線通信各社が「2013-2014冬春モデル」を発表しました。先行して、9月30日にUQコミュニケーションズソフトバンクモバイル、続いて、10月2日にau by KDDI、そして、10月10日にNTTドコモが発表会を開催しました。なお、auは来春モデルはさらに別途発表するとのこと。

スマートフォンでは、NTTドコモが11機種12モデル、auが6機種、ソフトバンクが4機種、タブレットでは、NTTドコモが1機種、auが1機種を投入します。その他、各社がケータイ(フィーチャーフォン)やモバイルWi-Fiルーター、スマートデバイスなどをラインナップしました。

今回は、これらの発表された新機種と先月20日に発売された「iPhone」を加え、スマートフォンおよびタブレット、ケータイについてのバッテリー容量や連続待受時間、連続通話時間などをまとめて紹介したいと思います。なお、すでに発売日・発売時期およびディスプレイやサイズ、大きさについてまとめています。

続きを読む

スリープ中はWi-Fiが使える状態でもLTE通信しているかも!? AndroidスマホのWi-Fi設定を見直してLTEの通信量制限に備えよう【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

この設定項目見たことある!?

携帯電話ネットワークへのLTE導入に伴い、携帯電話事業者各社は携帯電話ネットワークでの通信に7GB/月の通信量上限を設定しました。通信量制限を超過すると速度大幅低下、もしくは追加料金の支払いという「お仕置き」が待っているだけに、少しでも携帯電話ネットワークでの通信量を抑えたいというのは誰もが思うところでしょう。

今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」では、Androidを搭載したスマートフォン(スマホ)やタブレットにひっそりと存在する「スリープ時のWi-Fi接続」設定を紹介します。この設定を調整することで、より多くの通信を携帯電話ネットワークからWi-Fiへ逃がすことができます。自宅など長く滞在する場所でWi-Fiが使える人はこの設定を見直すことで携帯電話ネットワークでの通信量を減らせるかもしれません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。