S-MAX

ビックカメラ

ビックカメラやイオンなどの量販店の一部店舗でタブレット「iPad」(Wi-Fi+Cellularモデル)のSIMフリー版が8月23日から販売!Apple直営以外に販路を拡大


ビックカメラやイオンの一部店舗でiPadWi-Fi+Cellularモデル)のSIMフリー版が取扱開始!

ビックカメラおよびイオンリテールがApple製品を体験できる「Apple Premium Reseller」の一部店舗にてタブレット「iPad」シリーズのWi-Fi+CellularモデルにおけるSIMフリー版を2019年8月23日(金)より販売すると発表しています。取り扱うのは各店舗ともに「12.9インチiPad Pro(第3世代)」および「11インチiPad Pro」、「iPad Air(第3世代)」の3製品。

店舗はビックカメラがビックカメラ有楽町店とビックロ ビックカメラ新宿東口店の2店舗、イオンはNEWCOM レイクタウンKaze店とNEWCOM 沖縄ライカム店、NEWCOM 広島府中店の3店舗。なお、これらのイオン3店舗では新たにイオンリテールが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「イオンモバイル」の取り扱いも開始するということです。

続きを読む

NTTドコモのGoogleスマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」が量販店で一括1円販売!端末購入サポートに加え、店舗独自割引や有料オプション可能などで


shimajiro@mobiler

既報通り、NTTドコモが3月1日より昨年11月に発売したGoogleのハイエンドスマートフォン(スマホ)「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」の割引施策を「端末購入サポート」に変更し、両機種ともに本体価格から購入時に直接66,096円が割り引かれるようになっている。

これにより、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では税込5,184円OFFとなる「オンラインショップSPECIAL特典」を合わせて割引適用後の価格は、Pixel 3が一括27,216円(分割1,134円/月×24回)、Pixel 3 XLが一括60,264円(分割2,511円/月×24回)と購入しやすくなった。

一方、今回のNTTドコモが販売するPixel 3およびPixel 3 XLの端末購入サポートへの追加はドコモショップや量販店などの店頭でも行われており、合わせて一部店舗では独自割引によって一括1円で販売されていた。

筆者は東京都内のビックカメラにて確認したが、他の店舗でも実施されているところもあるようなので是非確認してみて欲しい。キャンペーン期限は不明だが、少なくとも3月の毎週末はやっていそうだ。

続きを読む

ファーウェイ、高コスパなSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 20 lite」を発表!価格は約4万円で6.3インチFHD+液晶やKirin 710、4GB RAM、クアッドカメラなど。ビックカメラ限定で11月30日発売


SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 20 lite」がビックカメラグループ限定で11月30日に発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は22日、最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 20」シリーズの下位機種「HUAWEI Mate 20 lite(型番:SNE-LX2)」(Huawei Technologies製)を日本にてビックカメラグループ限定モデルとして2018年11月30日(金)に発売すると発表しています。

価格は市場想定価格が税別39,800円(税込42,984円)で、販路はビックカメラおよびソフマップ、コジマの各店舗およびECサイト。すでに予約受付が実施されており、ビックカメラ.comでは税込42,984円の10%(4,298円分)ポイント還元となっています。

続きを読む

携帯電話サービス「IIJmio」の契約と同時にセットでSIMフリースマホなどの製品を購入する場合に初期費用を抑えられる「IIJmioアシストオプション」がビックカメラグループで提供開始


IIJmioアシストオプションが2月1日にスタート!

インターネットイニシアティブ(IIJ)は30日、NTTドコモやauの回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )の契約と同時にセットで一部のSIMフリー製品を「ビックカメラ」グループの店頭で購入する場合に購入代金をサポートする「IIJmioアシストオプション」を2018年2月1日(木)に提供開始すると発表しています。

取扱店舗は「BIC SIM即時発行店舗」全店。これにより、SIMフリーのスマートフォン(スマホ)などの製品を購入する場合に初期負担を軽減できるとのこと。ただし、IIJmioの契約は「BIC SIM」も含まれるものの、新規契約のみですでにBIC SIMを含むIIJmioを利用中の場合は利用できないということです。

メニューは月額加算料500円から3,000円までの500円刻みで6つあり(金額はすべて税抜)、製品価格を超えるメニューは選択できず、支払期間は12ヵ月もしくは24ヵ月を選択可能で、製品価格からIIJmioアシストオプション対象額を引いた差分の金額を購入時に支払う形となっています。

例えば、30,000円の製品をIIJmioアシストオプション2,000(月額加算料=2,000円)の適用期間12ヵ月で利用した場合は、2,000円×12ヶ月=24,000円は毎月のIIJmioの利用料とともにIIJmioアシストオプションとして支払い、製品購入時には残りの6,000円を払うことになります。

続きを読む

ASUS JAPAN、大容量5000mAhバッテリーやデュアルカメラを搭載したSIMフリースマホ「ZenFone 4 Max Pro ZC554KL」を12月23日に発売!ビックカメラグループ独占販売


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Max Pro ZC554KL」が12月23日に発売!

ビックカメラグループは21日、ASUS JAPANが取り扱う新たなSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 4 Max Pro(型番:ZC554KL)」(ASUSTeK Computer製)を2017年12月23日(土)に発売すると発表しています。

価格は29,800円(税別)で、すでに予約販売を行なっており、公式Webストア「ビックカメラ.com」では税抜29,800円(税込32,184円)の10%(3,218ポイント)還元となっています。なお、ZenFone 4 Max Pro ZC554KLはビックカメラグループ独占販売とのことで、ビックカメラのほか、傘下のコジマやソフマップなどで販売されます。

さらにビックカメラグループでは、インターネットイニシアティブが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「BIC SIM」と同時加入した場合に65歳以上限定で初期設定や電話サポートを割引して提供する「シニア向け安心スマホプラン」を提供するとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。