S-MAX

ビューワー

タブレット推奨!?Android対応コミケカタログブラウザ「CC-Viewer」【Androidアプリ】

6712d49c.jpg

WindowsMobile版に引き続き、Android版も紹介します。

昨日、導入編利用編と2回に渡って紹介したWindows Mobile向けコミケカタログビューアーアプリ「CC-Viewer」。

Windows Monbobile版の記事にてAndroid版も存在することを紹介しましたが、現状開発中で未実装の機能が多く、現時点で紹介することを見送るつもりだったのですが、未完成とはいえ、Android版の需要は少なくないであろうとの結論に達し、紹介することにしました。

基本的にはWindows Mobile版の移植になるので、すでに対応している機能についてはWindows Mobile版と同様になりますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは、さっそく紹介しましょう。
続きを読む

スタイラスとの相性抜群!コミケカタログを持ち歩ける「CC-Viewer」(利用編)【WindowsMobileアプリ】

6bce97ff.jpg

聖地へ赴く戦士(WindowsMobileユーザー)たちにオススメなCC-Viewerを使ってみる

すでに紹介したWindows Mobile向けコミケカタログビューアーアプリ「CC-Viewer」の導入編記事に続き、利用方法を紹介する利用編をお送りします。

冊子版のカタログと比べて場所をとらず重量にならず、PC向けDVDカタログではできない「手元でのサークルチェックやリスト編集」も可能な聖地へと戦い(同人誌、グッズ争奪的な意味での)に赴くWindows Mobileユーザー必携のアプリとなっています。

待機列などで空いた時間も発生することも多いコミケ、手元でのスムーズなサークルチェックが可能な「CC-Viewer」はコミケでのスムーズな戦利品の獲得に一役買ってくれると思います。

今回は実際に操作し、いくつかのサークルのピックアップなどの機能を試しながら解説します。

続きを読む

スタイラスとの相性抜群!コミケカタログを持ち歩ける「CC-Viewer」(導入編)【WindowsMobileアプリ】

13dfe4f3.jpg

この夏、聖地へ赴くすべての戦士(Windows Mobileユーザー)たちにオススメするアプリ!

今週末はいよいよ夏のイベント「コミケ82」ですね!コミックマーケットでは、会場のブースやサークルスペースをまとめたカタログが冊子の形態(あのサイズだと辞典とかタウンページクラスとも……)か専用アプリケーションを備えたWindowsやMAC向けDVDとして販売されています。

参加する人の中には「戦利品の持ち運びもあるからなるべく手荷物は軽くしたい!」というような人も多いかと思います。特に初日イベントブースと3日目東館は……。

感圧式タッチパネルのディスプレイだからこその使い勝手の良さでオススメなWindows Mobile向けのスマートフォンにインストールできるコミケカタログビューワーアプリの「CC-Viewer」を紹介します!

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でWindows Mobileアプリを紹介するのは相当に久しぶり。今回は、ちょぴり手のかかる導入までの流れを解説します。

なお、コミックマーケット82カタログDVDが別途必要になりますのでご注意ください。
続きを読む

待望のCure公式アプリが登場!コスプレイヤー画像をくまなくチェックできる画像閲覧アプリ「Cure Viewer for Android」【Androidアプリ】

180ecaac.jpg

ライブドアがCureの公式アプリを公開!

ライブドアは11月30日(水)、同社が運営するコスプレイヤーズコミュニティサイト「Cure(キュア)」の画像閲覧アプリ「Cure Viewer for Android」をAndroidマーケットに公開した。これまで非公式のCureアプリはあったが公式アプリは初。

Cureに投稿された約750万枚のコスプレ画像が快適に閲覧できる。画像閲覧に特化したアプリのため、メッセージや画像プレゼント、日記、予定表などの機能は利用できないが、画像検索のしやすさや画像表示がとてもスムーズなのが特長。今回は待望の公式Cureアプリをレビューする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。