S-MAX

ファーウェイ問題

アメリカがファーウェイへの制裁の猶予期間を再再々延長!期間が45日間に短縮され、米司法省が新たに16の違反で追起訴


ファーウェイへの制裁の猶予期間がさらに45日間再延長!4月1日までに

米国商務省(United States Department of Commerce)は13日(現地時間)、 今年5月に同省の産業安全保障局(BIS)が中国の通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業を輸出規制リスト(Entity List)に追加したことに対して米国輸出管理規則(EAR)を改正する一時一般許可(TGL)をさらに45日間延長すると発表しています。

いわゆるアメリカのファーウェイに対する制裁による「ファーウェイ問題」における猶予期間で、これによってこれまで米国企業がファーウェイへの輸出を含む同社との取引について限定的に期間限定で承認する猶予が与えられていましたが、昨年8月および同年11月のそれぞれ90日間延長に続いてさらに45日間延長されて2020年4月1日(水)までとしました。

また米国司法省(United States Department of Justice)は同日、ファーウェイと同社のCFO(最高財務責任者)を務めるMeng Wanzhou(孟晩舟)氏、そして関連するHuawei DeviceおよびHuawei Device USA、Futurewei Technologies、Skycom Techといった4社を詐欺などの16の項目で追起訴したと発表しています。

続きを読む

アメリカがファーウェイへの制裁の猶予期間を90日間再延長!消費者や通信事業者に配慮してサポート継続も解決の糸口が見えずに問題が長期化へ


ファーウェイへの制裁の猶予期間が90日間再延長!

米国商務省(United States Department of Commerce)は18日(現地時間)、 今年5月に同省の産業安全保障局(BIS)が中国の通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業を輸出規制リスト(Entity List)に追加したことに対して米国輸出管理規則(EAR)を改正する一時一般許可(TGL)を再度90日間延長すると発表しています。

いわゆるアメリカのファーウェイに対する制裁による「ファーウェイ問題」における猶予期間で、これによってこれまで米国企業がファーウェイへの輸出を含む同社との取引について限定的に期間限定で承認する猶予が与えられていましたが、今年8月の90日感延長に続いてさらに90日間延長されて2020年2月16日(日)までとしました。

そのため、従来通りにすでにファーウェイの製品を利用している消費者や通信事業者が継続してサービスを利用したり、ネットワークの運用を行ったりするための特定の取引を米国企業とファーウェイは行え、ファーウェイでも同社のスマートフォン(スマホ)やタブレットなどに対してセキュリティーアップデートやアフターサポートを継続して実施可能となります。

続きを読む

NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P30 Pro HW-02L」の事前予約受付を8月21日10時より再開!発売は9月を予定。アメリカによる制裁猶予延長で


docomoの今夏発売スマホ「HUAWEI P30 Pro HW-02L」が予約再開に!

NTTドコモは19日、今夏以降に発売する「2019年夏モデル」のうちの最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30 Pro HW-02L」(Huawei Technologies製)について事前予約受付を2019年8月21日(水)10時より再開するとお知らせしています。

また発売時期をこれまで今夏としていましたが、新たに9月予定としています。予約および販売はドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて行われ、価格は現時点では89,424円(税込)を予定しています。

続きを読む

アメリカがファーウェイへの制裁の猶予期間をさらに90日間延長!同社製品を使う消費者や通信事業者に配慮。スマホやタブレットなどのセキュリティー更新やサポートを継続して可能に


ファーウェイへの制裁の猶予期間が90日間延長!

米国商務省(United States Department of Commerce)は19日(現地時間)、 今年5月に同省の産業安全保障局(BIS)が中国の通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業68社を輸出規制リスト(Entity List)に追加したことに対して米国輸出管理規則(EAR)を改正する一時一般許可(TGL)を再度発行すると発表しています。

これはいわゆるアメリカのファーウェイに対する制裁による「ファーウェイ問題」における猶予期間で、これによってこれまで米国企業がファーウェイへの輸出を含む同社との取引について限定的に90日間は承認する猶予期間が与えられていましたが、これがさらに90日間延長されました。

そのため、従来通りにすでにファーウェイの製品を利用している消費者や通信事業者が継続してサービスを利用したり、ネットワークの運用を行ったりするための特定の取引を米国企業とファーウェイは行え、ファーウェイでも同社のスマートフォン(スマホ)やタブレットなどに対してセキュリティーアップデートやアフターサポートを継続して実施可能となります。

続きを読む

au向け「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」およびUQモバイル向け「HUAWEI P30 lite」が8月8日に発売!価格は本体代約3.2万円に。キャンペーンは見送り


ファーウェイのauスマホ「P30 lite Premium」とUQスマホ「P30 lite」がついに発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は5日、携帯電話サービス「UQモバイル」向けスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30 lite」(Huawei Technologies製)を2019年8月8日(木)より順次発売すると発表しています。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話は5日、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」のうちのHUAWEI P30 liteの内蔵ストレージを128GBに増量したスマホ「HUAWEI P30 lite Premium(型番:HWV33)」(Huawei Technologies製)を8月8日に発売すると発表しています。

当初、UQ mobile向けHUAWEI P30 liteは5月24日、au向けHUAWEI P30 lite Premiumは5月下旬に発売を予定していましたが、アメリカがHuawei Technologiesおよびその関連企業68社を輸出規制リスト(Entity List)に追加した「ファーウェイ問題」によって発売が延期されていました。

販売はUQ mobile向けHUAWEI P30 liteがUQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店店頭および公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ」など、au向けHUAWEI P30 lite Premiumがauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて行われます。

価格(税込)はUQ mobile向けHUAWEI P30 liteが本体代金31,644円(分割なら初回1,836円+1,296円/月×24回)のマンスリー割-216円/月×24回(総額-5,184円)の実質26,460円(分割なら初回1,620円+1,080円/月×23回)、au向けHUAWEI P30 lite Premiumが本体代金32,400円(分割なら675円/月×48回)のアップグレードプログラムEX加入の場合で実質16,200円(675円/月×24回)からとなっています。

なお、au向けHUAWEI P30 lite Premiumはすでにau Online Shopなどにて予約受付も再開されており、当初、本体代金43,200円でしたので価格が値下げされての発売となりました。またUQオンラインショップにおけるUQ moble向けHUAWEI P30 liteは8月8日9:00に販売開始されます。その他、それぞれ発表時に案内していたキャンペーンは実施を見送ることになったとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。