S-MAX

ファーウェイ

最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P30」や高コスパスマホ「HUAWEI P30 lite」のSIMフリー版が発表!5月24日発売で、価格は8万4110円と3万2880円に


ファーウェイがSIMフリースマホ「P30」と「P30 lite」を5月24日に発売!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は21日、都内にて「新製品発表会」を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30」およびコストパフォーマンスの高いスマホ「HUAWEI P30 lite」、ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeLace」を日本にて発売すると発表しています。またすでに発表していたスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT(42mmシリーズ)」の発売日や価格なども案内されました。

発売時期はHUAWEI P30およびHUAWEI P30 lite、HUAWEI WATCH GT 42mmシリーズは5月24日(金)、HUAWEI FreeLaceは6月下旬を予定し、価格はオープンながら市場想定価格(税抜/カッコ内は税込)はHUAWEI P30が77,880円(84,110円)、HUAWEI P30 liteが32,880円(35,510円)、HUAWEI WATCH GT 42mmシリーズが20,880円(22,550円)、HUAWEI FreeLaceが8,880円(9,590円)となっています。

販路は各製品ともにファーウェイ楽天市場店に加えて、HUAWEI P30およびHUAWEI P30 liteは仮想移動体通信事業者(MVNO)および量販店、ECサイト、HUAWEI WATCH GTはビックカメラおよびヨドバシカメラ、Amazon.co.jpなど、HUAWEI FreeLaceはAmazon.co.jpとなっており、すでに発表されているようにHUAWEI P30 liteはワイモバイルUQ mobileからも発売されます。

さらに内蔵ストレージが128GBに増量された「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」がauから販売されます。なお、au向けHUAWEI P30 lite Premium HWV33は購入時にSIMロックがかかっており、SIMロック解除に対応してますが、その他のHUAWE P30およびHUAWEI P30 liteはSIMフリー版です。

発表会ではその他にもNTTドコモから今夏に発売予定のフラッグシップスマホの上位モデル「HUAWEI P30 Pro HW-02L」も紹介されたほか、アメリカによる同社への制裁に異を唱えつつ、同社の製品を利用するユーザーに対しては改めて日本市場においてもセキュリティーアップデートやアフターサポートなどを継続することなどが説明されました。

続きを読む

アメリカがファーウェイへの制裁に90日間の猶予期間を発表!同社製品を使う消費者や通信事業者に配慮。スマホやタブレットなどのセキュリティー更新やサポートを継続すると公式に案内


ファーウェイが既存のスマホなどの製品へのセキュリティー更新などのサポート継続を案内!

米国商務省(United States Department of Commerce)は20日(現地時間)、同省の産業安全保障局(BIS)が中国の通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業68社を輸出規制リスト(Entity List)に追加したことに対して米国輸出管理規則(EAR)を改正する一時一般許可(TGL)を発行すると発表しています。

これにより、米国企業がファーウェイへの輸出を含む同社との取引について限定的に90日間は承認する猶予期間が与えられ、すでにファーウェイの製品を利用している消費者や通信事業者が継続してサービスを利用したり、ネットワークの運用を行ったりするための特定の取引を米国企業とファーウェイは行えるとしています。

一方、ファーウェイは同日に同社が展開する「Huawei」ブランドおよび「Honor」ブランドにおけるスマートフォン(スマホ)やタブレットなどのすべての販売した製品と在庫に対してセキュリティーアップデートやアフターサポートを継続して実施すると案内しています。

続きを読む

GoogleがHuaweiとの取引を停止したと報道!既存製品は引き続いてGoogle PlayやGmailなどの各種サービスを利用可能と公式に案内


アメリカのファーウェイへの制裁問題は早期解決なるか?!早くもGoogleは取引中断に

Reuterは19日(現地時間)、アメリカの商務省・産業安全保障局がHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業68社を輸出規制リスト(Entity List)に追加した問題で、Googleが同社との一部取引を停止したと報じています。

輸出規制リストに追加された企業と許可を得ずに取り引きをした場合、その企業も制裁の対象に追加される場合もあり、米国再輸出規制(EAR)の対象となるGoogle PayやGmailなどのサービス、そしてAndroidの技術的サポートなどをGoogleがファーウェイへ提供を停止しているということです。

一方、GoogleではAndroidの公式Twitterアカウント( @Android )にて既存のファーウェイのAndroid搭載製品においてGoogle PlayなどのサービスやGoogle Play Protectionによるセキュリティーの保持などは継続して利用できることを明示し、利用者の不安を解消するよう努めています。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパンが5月21日13時より新製品発表会を開催!ライブ中継も実施。最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P30」シリーズのSIMフリー版などを発表へ


ファーウェイが最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P30」シリーズの日本市場向け発表会を実施!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は16日、新製品発表会を2019年5月21日(火)13:00より実施するとお知らせしています。また特設Webサイト( https://www.amazon.co.jp/adlp/huaweilive )にてライブ中継を実施するとし、開始時間までのカウントダウンが行われています。

発表する新製品の予告は同社の公式Twitterアカウント( @HUAWEI_Japan_PR )でも毎日行われており、投稿内容に「50倍ズーム」や「超高感度センサー」、「超広角カメラ」といったキーワードがあることから「HUAWEI P30 Pro」を示しているものと見られ、Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の最新フラッグシップスマホの日本市場向けが発表されるものと見られます。

続きを読む

アメリカがファーウェイを輸出規制リストに追加!米企業から機器・技術などの購入が禁止に。対象は日本法人やHiSilicon、端末製造会社なども含む


ファーウェイが米国輸出規制リストに追加!米中貿易摩擦が加速

米国商務省(United States Department of Commerce)は15日(現地時間)、同省の産業安全保障局(BIS)がスマートフォン(スマホ)や基地局などを開発・製造する中国の通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業68社を輸出規制リスト(Entity List)に追加すると発表しています。

これにより、ファーウェイとその関連企業は米政府の許可なく米企業から部品やソフトウェアなどを購入できなくなります。これに対し、ファーウェイでは産業安全保障局の決定に異を唱えて「誰の利益にもならない」とし、この措置による影響を軽減するために積極的に務めるとしています。

昨年のZTEが輸出規制リストやその後に輸出権限剥奪者リスト(Denied Persons List)に追加された「ZTE問題」に続いてとなり、両社ともに主に基地局などの通信インフラ事業での問題ではありますが、ZTEの場合にはスマホなどの生産がストップして供給・販売できなくなるなどというように端末事業にも大きな影響が出ました。

なお、輸出規制リストに追加された関連企業の中にはファーウェイの日本法人である華為技術日本(Huawei Technologies Japan K.K.、以下「ファーウェイ・ジャパン」)も含まれており、ZTEのときのように問題が長期化すれば日本でのスマホなどの製品販売やソフトウェア更新などにも少なからず影響が出てくる可能性があると想定されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。