S-MAX

フリービット

終了間近!対象者の1年間基本料金が無料になるトーンモバイルの「はじめようスマホ」キャンペーンを紹介ーー子どもの次のターゲットはシニアに【レポート】


トーンモバイルの子どもとシニア世代をターゲットにしたキャンペーンがまもなく終了!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社トーンモバイルが仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「TONEモバイル」において19歳以下と50歳以上を対象とした基本プランが1年無料または端末代金を1万円値引きする「はじめようスマホ」キャンペーンを6月30日まで実施中だ。

TONEモバイルは、NTTドコモの回線を使用したMVNOで、インターネット使い放題(500~600Kbps程度)、通話基本料(IP電話)込み、月額基本料1,000円でサービスを提供している。

さらに、取り扱い製品は独自スマートフォン(スマホ)「TONE m15」の1機種のみで、リソースをシステムアップデートや機能追加、アフターサポートなどに重点を置く。

この製品は約5.5インチHD(720×1280ドット)ディスプレイ、OSはAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)、チップセット(SoC)に「MediaTek MT6735」、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、背面1300万画素および前面500万画素カメラを搭載し、価格は29,800円。

大手携帯電話会社などが販売すうrハイスペックスマホのような尖った部分はないが、TONEモバイルはスマホやスマホで使える便利な機能を低価格で使いたいというユーザーをターゲットとしていると言える。

まもなく終了する子どもやシニア世代に向けた割引キャンペーンは、見守り機能などのサービスとあわせてることで、価格以上の価値を体験して貰うという狙いがあるのだろう。

今回は、5月26日に行われた「メディアラウンドテーブル」においてシニア層に向けたプロダクトアップデートについて紹介していく。

続きを読む

2017 Japan IT week 春:フリービット、固定IP付与などができる法人向けMVNOデータ通信サービス「YourNet無制限スタートパッケージ」を展示!イベント限定特別キャンペーンも実施【レポート】


「休眠」や「固定IP付与」などのビジネス用途向けオプションが魅力なFreeBitのMVNOサービスを紹介!

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2017年5月10日(水)から5月12日(金)の3日間に渡ってリードエグジビジョンジャパン主催が主催する法人・商談向けのIT関連総合展示会「2017 Japan IT week 春」が開催されています。

Japan IT weekは複数のIT関連展示会が合同で毎年春・秋に開催されており、今回も13の展示会(ソフトウェア&開発展、ビッグデータ活用展、組み込みシステム開発技術展、データストレージEXPO、情報セキュリティEXPO、Web&デジタルマーケティングEXPO、データセンター展、クラウドコンピューティングEXPO、モバイル活用展、IoT/M2M展、通販ソリューション展、モバイル端末・周辺機器展、店舗ITソリューション展)が実施。

当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも毎回主にモバイル系のネタを探しに取材に行っており、今回もさっそく赴いてまいりましたので、数回に渡ってレポートをお送りしたいと思います。

まずはじめの本記事では、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と協業で仮想移動体通信事業者(MVNO)として携帯電話サービス「TONEモバイル(トーンモバイル)」を運営しているフリービットのブースにて同社が単独で提供している法人向けのデータ通信量無制限のデータ通信SIM「YourNet無制限スタートパッケージ」を紹介します。

続きを読む

ツタヤのスマホ「TONE」が仙台に来た!宮城県内初の取扱店舗「TSUTAYA仙台荒井店」がクロスモール仙台荒井内にオープン――店内などをさっそく紹介【レポート】


TONEモバイルの取扱い店舗が遂に宮城に初進出!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社として2015年1月に設立された仮想移動体通信事業者(MVNO)のトーンモバイルが展開する携帯電話サービス「TONEモバイル」(以下、TONE)。

CCCの主要事業となるエンターテイメントサービス店舗「TSUTAYA」の店頭およびオンラインストアを活用し、050番号のIP電話とNTTドコモ回線でのLTEパケット通信使い放題サービスを組み合わせた回線契約を月額1,000円(税別)から提供。同社オリジナルのスマートフォン(スマホ)とセットで販売するサービスが話題です。

そのトーンモバイルが2016年9月21日(水)に全国では41店舗目、そして、宮城県内では初となるTONE取扱店舗を仙台市若林区にある複合型ショッピングセンター「クロスモール仙台荒井」内にオープンしました。今回、オープンに併せてさっそく店内の様子を含め、取材を行なってきましたので、その様子を紹介していきます。

続きを読む

CCCおよびフリービット、トーンモバイルを5月5日に始動!"Tのスマホ"第1弾を発売ーーTSUTAYAとTONE直営の合計16店舗やオンラインなどで販売


TSUTAYAとTONEの"Tのスマホ"がスタート!

トーンモバイルおよびカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)、CCCモバイルは30日、CCCグループとフリービットの戦略的資本・業務提携により実現化した日本のスマホを変えるTのスマホ「TONE」を2015年5月5日(日)のSHIBUYA TSUTAYAを皮切りに、TSUTAYAの12店舗とTONE直営の4店舗を合わせた全国16店舗とオンラインストア( https://marche.tone.ne.jp/cgi-bin/signup/signup.cgi?plan_cd=EB004001 )、電話での販売を開始すると発表しています。

Tのスマホ第1弾として3Gのみに対応した製品「TONE」(これまで「PandA」の第3ロットとして販売してきた端末)が発売され、価格は一括払いで24,000円、分割払いで月額1,000円×24回。料金プランもデータ通信のみなら月額1,000円のものがあり、さまざまなオプションやサービスが用意されます。価格および料金はすべて税抜。

続きを読む

フリービット、NTTドコモのMVNOサービス「freebit mobile」を2倍の500〜600Kbpsに増速などの6つの向上を実施!移動型実店舗STANDもフランチャイズで2015年末までに300店舗めざす


freebit mobileがサービス向上を発表!

フリービットは17日、NTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「freebit mobile」において各種サービスを6つの項目において向上させると発表しています。

主な内容はこれまで速度制限された場合に250〜300Kbpsになっていたものを500〜600Kbpsに200%増速するほか、速度制限を解除する高速チケットオプションを従来の100MBごとに250円だったものを1GBごとに300円に、アプリで自由に料金プランが作れる「マイプラン設定」の提供、PandA統合ソフト「ONE」のリリース、IP電話にて119番への発信に替わる機能と留守番電話機能の追加などとなっています。

また、実店舗を展開する「freebit mobile移動型店舗STAND」をフランチャイズ形式で全国展開し、2015年度末までに300店舗をめざすとしています。

続きを読む

PandAシリーズなどのSIMフリースマホも販売!MVNOでは珍しい実店舗のキャリアショップ「ATELIER freebit 福岡天神」へ行ってきた【レポート】

6c3fcff1.jpg
freebitモバイルのキャリアショップ「ATELIER freebit 福岡天神」を紹介!

NTTドコモやau(KDDIおよび沖縄セルラー)、ソフトバンクモバイル、Y!mobile(ワイモバイルおよびウィルコム沖縄)といった各移動体通信事業者(MNO)はそれぞれ自社ブランドのショップ(店舗)を展開しいますが、MNOの回線を借り入れて携帯電話サービスを行っている仮想移動体通信事業者(MVNO)のショップを利用したことはありますでしょうか?

今回はDTIが提供するMVNOサービス「freebit mobile(フリービットモバイル)」が展開しているMVNOとしては非常に珍しいMNOと同等の実店舗で単独営業なショップ「ATELIER freebit 福岡天神」に行ってきましたので紹介したいと思います。


続きを読む

エイブル、freebit mobile パートナープログラムを利用してスマホ事業に参入!独自スマホ「ABLE PandA」で「スマホが変えるスマイ(住まい)」を提供


エイブルがスマホ事業に参入!独自スマホ「エイブルPandA」を販売

フリービットとエイブルは20日、フリービットグループが展開するコンシューマ向け携帯電話サービス「freebit mobile」において、独自の販路および顧客層を持つ企業・団体に対して、独自市場における付加価値を追加したスマートフォン(スマホ)を提供できるようにするfreebit mobileの第5の販売方法として「freebit mobileパートナープログラム」(以下、パートナープログラム)を利用した戦略的協業を開始すると発表しています。

今回の取り組みはパートナープログラム初のパートナーとして、TGRoom原宿店 MAISON ABLEを旗艦店とし、まず、エイブル直営店全国10店舗(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、京都、大阪)での販売を開始し、全国400店舗を超えるエイブル直営店での販売をめざして、フリービットが販売するスマートフォン(スマホ)「PandA」のエイブルカスタマイズ版(以下、エイブルPandA)の販売およびモバイル通信サービスの提供を順次開始するということです。

freebit moibleではエイブルの業界初のスマホサービス参入をバックエンドから全力で支えていくとしています。

続きを読む

フリービット、独自スマホ「PandA」を企業・団体専用にカスタマイズできる「freebit mobile パートナープログラム」を提供開始


独自スマホ「PandA」を企業・団体専用にカスタマイズ!

フリービットは20日、フリービットグループが展開するコンシューマ向け携帯電話サービス「freebit mobile」において、独自の販路および顧客層を持つ企業・団体に対して、独自市場における付加価値を追加したスマートフォン(スマホ)を提供できるようにするfreebit mobileの第5の販売方法として「freebit mobileパートナープログラム」(以下、パートナープログラム)を提供開始すると発表しています。

同社が提供するスマホ「PandA」をカスタマイズした製品と、NTTドコモの携帯電話ネットワークを借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)によるモバイルサービスをセットにして販売することで、「仮想独自スマートフォンサービス」を実現できるとのこと。

これにより、同社ではfreebit mobileを知らない層に対しての販売戦略を本格化することができ、パートナーは独自のスマホビジネスを展開できるようになり、“スマホを変える”スマホによって生まれるより具体的なライフスタイルを訴求していくとしています。

なお、パートナープログラムを利用し、不動産賃貸仲介会社のエイブルがカスタマイズしたスマホ「エイブル“PandA”」を全国10店舗にて今秋より販売することが発表されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。