S-MAX

プリペイドSIM

秋吉 健のArcaic Singularity:旅人よ、プリペイドSIMはいかがですか?インバウンド向けサービスの需要急増に対処する通信業界の奮闘と戦略について考える【コラム】


急増するインバウンドへの通信サービスについて考えてみた!

今年1月、27年ぶりとなる新しい税が導入されました。出国税です。筆者は旅行でも仕事でも一切日本から出たことがないため、今のところ何の影響もない税制ですが、誰もが気軽に海外へ遊びに行く昨今、筆者のような人はもはや珍しい部類でしょう。

JATA(日本旅行業協会)の統計によれば、2017年の海外旅行者数は約1789万人、訪日外国人旅行者(インバウンド)数は約2869万人となっており、合計で約4658万人もの人々が日本から出国しています。出国税は1人あたり一律1000円となっており、海外旅行者やインバウンドの数は現在も増加し続けているため、その税収は年間で軽く500億円を超えるものになると予想されます。

出国税は観光立国を目指す日本がインバウンドのための施設や案内を整備するために使用されるそうですが、こういったインバウンド向けの施策で頭を悩ませているのは政府や航空・旅行業界ばかりではありません。通信業界もまた、急増するインバウンドへの対応をさまざまに模索しているのです。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回は通信業界におけるインバウンド向け施策について考察します。

続きを読む

NTTドコモとぐるなび、京都位置情報活用協議会が関西を訪れる訪日外国人にプリペイドSIM「Japan Welcome SIM & Wi-Fi」の無料配布キャンペーン「Plan 0 KANSAI」を実施


Japan Welcome SIM & Wi-Fi Plan 0が期間限定で関西国際空港で配布!

NTTドコモおよびぐるなび、京都位置情報活用協議会は29日、訪日外国人の関西周遊促進を目的としたSIM無料配布キャンペーンについての連携協定を2019年1月25日(金)に締結したと発表しています。

キャンペーンは、NTTドコモが提供する訪日外国人向けプリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIM & Wi-Fi」の「Plan 0(プランゼロ)」モデルを利用して京都位置情報活用協議会のスマートフォン(スマホ)など向けアプリ「こことろ」のダウンロードを推進するもの。

合わせてJapan Welcome SIM & Wi-Fi Plan 0のプリペイドSIMの配布を2019年2月1日(金)から3月17日(日)までの期間(予定)において関西国際空港へ到着するバニラエア機内(2月中のみ予定)および海外旅行代理店で実施し、訪日外国人の利便性向上を図ります。

またスマホなどにインストールしたこことろアプリを利用することで、関西広域連合が実施している関西への誘客促進と関西全域への周遊促進事業「さぁ、西の都へ SUPER KANSAI」への送客の推進およびイベントに参加可能となります。

さらにぐるなびの外国語版にクーポンを掲載している関西エリアの飲食店情報を提供することによってぐるなび加盟店への送客を推進し、訪日外国人の関西周遊を促進するとのこと。

これにより、関西地域を訪問する訪日外国人の通信環境の整備と併せてスタンプラリーやグルメ・ショッピングクーポンなどの利用によって人気の観光地を周遊促進することができるとともに関西地域の活性化促進が期待されるとしています。

なお、各社ではJapan Welcome SIM & Wi-Fiやこことろアプリで得られる周遊データを収集することで今後の観光促進の取り組みに生かしていくほか、2020年および2015年を見据えて訪日外国人に
楽しんでもらえるようなサービス協創活動を推進していくとしています。

続きを読む

IIJの訪日客など向けプリペイドSIM「Japan Travel SIM」のフルMVNO版を購入して試してみた!セットアップ方法やライトMVNO版との比較も紹介【レポート】


shimajiro@mobiler

既報通り、インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービスにおいてコアネットワーク設備の一部である加入者管理機能(HLR/HSS)を自前で用意した「フルMVNO」によるサービスを3月15日に提供開始した。

当初は法人向けサービスのみであったが、4月2日より個人でも利用できるデータ通信サービス「Japan Travel SIM」のフルMVNO版を販売開始。Japan Travel SIMは2014年10月に発売された主に訪日客向けのプリペイドSIMカードで、フルMVNO版は同サービスの新パッケージという位置付けだ。

そこで今回はさっそくJapan Travel SIMのフルMVNO版を購入してみたので、これまで販売されてきたライトMVNO版との違いや、フルMVNO版のセットアップの方法などを紹介する。なお、IIJでは通常の個人向け「IIJmio」においても今夏にフルMVNOによるサービスを提供予定となっている。

続きを読む

IIJが日本初のフルMVNOによる携帯電話サービスを提供開始!NTTドコモ網で加入者管理機能(HLR/HSS)を保有・運用し、まずは法人向けと訪日向け「Japan Travel SIM」で提供


IIJが日本初のフルMVNOを提供開始!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は15日、新たに日本初の「フルMVNO」による携帯電話サービスを2018年3月15日(木)に提供開始すると発表しています。

まずは同日より法人向けモバイルデータ通信サービス「IIJモバイルサービス/タイプI」を提供し、利用形態に応じた多彩なプランを用意するとともに、IoTを始めとする特定用途に対して回線の効率化を実現するとのこと。

また2018年4月2日(月)より訪日外国人や一時帰国者向けのモバイルデータ通信サービス「Japan Travel SIM」をフルMVNOとして独自のSIMカードを発行し、新たに1.5GBと3GBのデータ通信量の入ったパッケージを提供します。

さらに一般的な個人向けサービス「IIJmio」においても今夏にフルMVNOによるサービスを提供予定だとしています。なお、同社ではこれまでにNTTドコモにフルMVNOを実現すべく加入者管理機能(HLR/HSS)連携に関する申し込みをしており、2017年度中に商用サービス開始をめざしていました。

続きを読む

NTTドコモ、外国人旅行者向けデータ通信専用プリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIM」の無料で使える「プラン0」を12月26日より提供開始!まずは北海道と新潟で受取可能


docomoのプリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIM」でプラン0がようやくスタート!

NTTドコモは25日、外国人旅行者が日本滞在中に利用できるデータ通信専用プリペイドSIMサービス「Japan Welcome SIM」において無料で使える「プラン0」を2017年12月26日(火)に提供開始するとお知らせしています。

プラン0は訪日前に自国で対象の広告動画閲覧などのミッションを達成することでSIMカードや基本料込で15日間無料でデータ通信(128Kbps)が利用可能となる料金プランで、当初は今年10月頃に提供開始される予定でした。

今回、まずは北海道および新潟エリアにおいて12月26日より順次提供が開始されるとのこと。提供エリアは順次拡大していき、SIMカード受取場所は公式Webページ( https://docomo.prepaid-sim.jp/lp/plan0area/ )にて案内されます。

またこれまで提供してきた有料の「プラン1000」を「プランS」、「プラン1700」を「プランM」と名称を変更し、新たに「プランL」を新設するとのこと。なお、訪日外国人旅行者向けではありますが、日本人でも契約は可能で、有料プランの決済方法はクレジットカードのみ。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。