S-MAX

プレミアム4G

NTTドコモ、Xperia XZ SO-01JとV20 PRO L-01Jの下り最大通信速度を3月9日より500Mbpsに高速化!多値変調256QAM導入で、3波CAと組み合わせ


docomo PREMIUM 4GでXperia XZとV20 PROが下り最大500Mbpsに!

NTTドコモは7日、すでに販売中の「2016-2017冬春モデル」のうちのスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SO-01J」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「V20 PRO L-01J」(LGエレクトロニクス製)の2機種において2017年3月9日(木)より受信時最大通信速度を500Mbpsに向上するとお知らせしています。

これは同日より変調方式「256QAM」が導入開始され、これまでの変調方式「64QAM」と3波のキャリアアグリゲーション(CA)の組み合わせによる375Mbpsから約1.33倍となるため。

3CC CAは800MHz帯(Band 19)の15MHz幅および1.7GHz帯(Band 3)の20MHz幅、2GHz帯(Band 1)の15MHz幅のと合わせて実現するため、下り最大500Mbpsになるのは東名阪エリアのみ。東名阪以外でも256QAMは40都市で提供開始されるため、最大通信速度の高速化は行われます。

なお、実際には電波強度が十分に強い場所でないと256QAMにならなかったりするのでどこまで通信速度向上に効果があるかはわかりません。とはいえ、少しでも通信が速くかつ安定するのに期待したいところです。

続きを読む

NTTドコモが通信サービスを下り最大375Mbpsに高速化!3.5GHz帯やTDD・FDDの異なる方式によるCAも合わせて6月より提供開始――説明会で対応機種についても言及【レポート】

NTTドコモが通信サービスをさらに高速化!3.5GHz帯とFDD/TDDのCAなどを6月から提供に

NTTドコモは2日、都内にて「ネットワーク説明会」を開催し、今年6月より国内最速となる受信時最大375Mbpsの高速通信サービス「PREMIUM 4G」および3.5GHz帯(Band 42)によるTDD方式(時分割複信)のLTE(TD-LTE)による受信時最大370Mbpsのサービス提供を開始すると発表した。

これらはすでに提供しているLTE-Advancedの技術要素の「キャリアアグリゲーション(CA)」における3つの波を束ねる3CC CAの対応状況を進めたもので、特に受信時最大370Mbpsについては異なるFDD方式(周波数分割複信)とTDD方式を束ねたサービスになる。

また、300Mbps超のエリアは、通信トラフィックの緩和を目的として都市部を中心に展開する。さらに高速な375Mbpsのエリアについては、東京では新宿と池袋の一部にエリアを設ける。また、3.5GHz帯重点地区として東京および新橋、品川、渋谷、新宿、池袋の山手線エリアが挙げられた。

この高速通信に対応した端末が今後に発表および発売されることも質疑応答で明らかにされたが、対応する端末がどのような製品になるのかなどの詳細については決定後、正式に発表するという回答に留まったが、時期的に見て恐らく「2016年夏モデル」として登場しそうだ。今回はこれらの高速通信について紹介していく。

続きを読む

NTTドコモ、ドコモラウンジなどの東京・名古屋・大阪の3拠点で下り最大337.5Mbpsを提供開始!AQUOS ZETA SH-01Hで体感可能


NTTドコモが国内最速の下り最大337.5Mbpsをスポット展開!

NTTドコモがキャリアアグリゲーション(CA)を用いた高速通信サービス「PREMIUM 4G」においてドコモラウンジ(東京都)およびドコモスマートフォンラウンジ名古屋(愛知県)、ドコモショップグランフロント大阪店(大阪府)の3拠点で国内最速となる下り最大337.5Mbpsを提供開始しているとお知らせしています。

一歩先の快適さの体験として11月上旬に発売される下り最大300Mbpsに対応したスマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-01H」の展示機を用いて体感できるようになっています。

続きを読む

スマホも倍速駆動液晶の時代!滑らかでブレの少ない映像を楽しめるハイパフォーマンススマホ「AQUOS ZETA SH-01H」を写真と動画でチェック【レポート】

AQUOS ZETA SH-01H
IGZO液晶が200%加速する!

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、指紋センサーを搭載したシャープ製Android 5.1(開発コード名:Lollipop)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-01H」(以下、SH-01H)を発表しました。

発売時期は2015年11月上旬を予定し、すでに9月30日(水)よりドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格はまだ公表されていませんが、実質負担額で新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で5万円台半ばを予定。

大画面をコンパクトに持ち運べる「EDGEST」デザインが好評なAQUOSシリーズの中でも、ハイエンドに位置づけられる機種につけられる名前がZETAであり、本機もまたシリーズのフラッグシップとしての登場です。

本機は国内初でさらに最速となる下り最大300Mbpsでのデータ通信に対応し、64bit対応ヘキサコアCPU(1.8GHzデュアルコアCPU+1.4GHzクアッドコアCPU)「MSM8992(Snapdragon 808)」、3GB RAM、32GB内蔵ストレージを搭載するなど、まさにフラッグシップの名に恥じないハイスペック。このハイスペックをフル活用した新機能が今回の端末には数多く実装されています。

発表会のタッチ&トライコーナーで試作機に触れることができましたので、写真や動画とともに紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、国内初の下り最大300Mbps対応スマホ「AQUOS ZETA SH-01H」を発表!倍速120Hzの5.3インチフルHDハイスピードIGZO液晶や指紋センサーなど


NTTドコモが指紋センサー搭載スマホ「AQUOS ZETA SH-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、指紋センサーを搭載したAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-01H」(シャープ製)を発表しています。2015年11月上旬に発売予定で、本日9月30日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。

シャープのNTTドコモ向けハイエンドモデル「AQUOS ZETA」シリーズの最新機種で、夏モデルで前機種「AQUOS ZETA SH-03G」やさらにその前機種「AQUOS ZETA SH-01G」の約5.5インチサイズから約5.3インチサイズにやや小型化され、新たに「グリップマジック」(持つだけで画面ONや画面回転抑制、着信時の音量ダウンなど)が従来の静電センサーから近接センサーになってより使いやすくなっているとのこと。

一方、最大の特長は初の高速通信サービス「PREMIUM 4G」の下り最大300Mbpsに対応している点でしょう。今回発表された機種ではスマホでは唯一となっています。

続きを読む

NTTドコモ、3波CAの「PREMIUM 4G」で下り最大300Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01H」を発表!国内初の800MHz帯アンテナ内蔵クレードルが付属


NTTドコモが「Wi-Fi STATION N-01H」を発表!

NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2015-2016冬春モデル新商品発表会」を開催し、次世代通信規格「LTE-Advanced」の技術要素である「キャリアアグリゲーション(CA)」の3波を束ねる3CCに対応し、下り最大300Mbpsによる国内最速通信が利用できるモバイルWi-FIルーター「Wi-Fi STATION N-01H」(NEC製)を発表しています。2016年3月上旬以降発売予定。

3CCは800MHz帯(Band 19)の10MHz幅による75Mbpsと1500MHz帯(Band 21)の15MHz幅による112.5Mbps、2100MHz帯(Band 1)の15MHz幅による112.5Mbpsを合わせ、今年11月から提供される予定で、先にスマートフォンの「AQUOS ZETA SH-01H」が発売され、Wi-Fi STATION N-01Hは対応製品としては2機種目となります。なお、上りは最大50Mbpsのまま。

有線LANポートを搭載し、装着すると本体の電波感度が向上するクレードルを同梱。クレードルは国内初800MHzアンテナ内蔵型で本体の電波を増強するということです。

続きを読む

NTTドコモがiPhone 6sとiPhone 6s Plusで対応する下り最大262.5Mbpsの「PREMIUM 4G」について「ネットワーク説明会」を開催!11月には下り最大300Mbpsも提供予定【レポート】

NTTドコモ 受信最大262.5MbpsのPREMIUM 4GをiPhone 6s、iPhone 6s Plusから

NTTドコモは15日、都内にて「ネットワークに関する説明会」を開催し、すでに先日9月10日に発表した「PREMIUM 4G」を下り(受信時)最大262.5Mbpsに9月25日より高速化するほか、今年11月には3つの周波数帯を束ねて下り最大300Mbpsに高速化することを発表した。

PREMIUM 4Gは2015年3月に開始したLTE-Advancedの技術要素「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速通信サービスで、下り最大225Mbpsで提供しているが、9月25日に発売される「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」から東名阪地区においてさらに高速な下り最大262.5Mbpsになる。また11月から開始される下り最大300Mbpsは対応機種は今後発表される見込み。

現在、PREMIUM 4Gに対応する製品は2015年3月以降に発表された機種(一部除く)のみで、まだまだこれからという施策だが、さらにiPhone 6sとiPhone 6s Plusの2機種と対応製品が絞られることになった今回新たに始まる下り最大262.5Mbps以降のPREMIUM 4Gの狙いについてレポートしていく。

続きを読む

NTTドコモ、CAを利用した高速通信サービス「PREMIUM 4G」を9月25日より東名阪エリアのみで下り最大262.5Mbpsに高速化!iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusで利用可能


NTTドコモがPREMIUM 4Gを下り最大262.5Mbpsに高速化!iPhone 6sと6s Plusが対応

NTTドコモは10日、今年3月から提供しているLTE-Advancedの技術要素「キャリアアグリゲーション(CA)」を利用した高速通信サービス「PREMIUM 4G(プレミアム4G)」として展開している受信時最大225Mbpsの通信サービスについて東名阪地域で国内最速となる受信時最大262.5Mbpsへ高速化を2015年9月25日(金)より提供するとお知らせしています。

受信時最大262.5Mbpsの通信サービスは複数の周波数帯を束ねることで高速通信を可能とするCAにおいて、新たな周波数の組み合わせを追加することで実現します。

対応機種は同日9月25日に発売予定のApple製「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」の2機種。高速化によって対応機種を利用する場合にはこれまで以上に快適な通信サービスを利用可能になります。

続きを読む

NTTドコモ、下り最大225Mbpsの「PREMIUM 4G」をJR大阪環状線の駅間も含むぐるっと1周で提供開始


NTTドコモのPREMIUM 4GはJR大阪環状線ぐるっと1周対応!

NTTドコモが下り(受信時)最大225Mbpsの高速通信サービス「PREMIUM 4G」のエリア化を拡大しており、サービス開始時の2015年3月27日(金)に西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)が運営する「JR大阪環状線」の全駅対応に続き、2015年6月30日(火)にJR大阪環状線の全駅間においても対応したとお知らせしています。

同社ではPREMIUM 4Gのサービス開始時である今年3月27日時点ですでにJR大阪環状線の全駅対応を案内していましたが、駅間にも対応して常にキャリアアグリゲーション(CA)を利用した高速通信が利用できるようになっています。なお、下り最大225Mbpsを利用するには対応機種が必要です。

続きを読む

NTTドコモ、下り最大225Mbps対応モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」にソフトウェア更新!新たに800MHzと2100HzのCAに対応


モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」にソフトウェア更新!

NTTドコモは21日、今年2月に発売した同社初のLTE-Advancedの技術要素のキャリアアグリゲーション(CA)による下り最大225Mbpsで利用できるサービス「PREMIUM 4G」に対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-02G」(Huawei Technologies製)にソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

今回のソフトウェア更新によってこれまで2GHz帯と1.5GHz帯、800MHz帯と1.7GHz帯でCAが利用できていましたが、新たに2GHz帯と800MHz帯でもCAできるようになっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。