S-MAX

ポータブル音楽プレイヤー

Appleの新しい第6世代「iPod touch」を購入!64bit対応A8チップや8メガピクセルiSightカメラなどを搭載しながら4インチと「iPhone 6」の小さなWi-Fi版【レビュー】


第6世代「iPod touch」の外観を紹介!

Apple(アップル)がポータブルミュージックプレイヤー(携帯型音楽再生機)「iPod」シリーズのうちの同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズと同じプラットフォーム「iOS」を採用したタッチパネル対応ディスプレイ搭載の新型「iPod touch(第6世代)」(以下、iPod touch 6th)を発売した。日本では7月16日より手にしている人がいるだろう。

特長は4インチ640×1136ドットの「iPhone 5s」などまでと同じRetinaディスプレイを搭載しながら「iPhone 6」などと同じ64bit対応「A8」チップおよび「M8」チップや約800万画素(8メガピクセル)のiSightカメラ(リアカメラ)、HD画質のFaceTimeカメラ(フロントカメラ)、IEEE801.11ac、Bluetooth 4.1、3軸ジャイロセンサー、加速度センサーなどとスペックが強化されている点。

また、内蔵ストレージもこれまでと同じ16GBおよび32GB、64GBに加え、iPod touchでははじめて128GBが用意された。価格は公式Webストア「Apple Online Store」にて販売されており、価格(税別)は16GBモデルが24,800円、32GBモデルが29,800円、64GBモデルが36,800円、128GBモデルが48,800円だ。なお、128GBモデルはApple Storeおよび公式Webストア「Apple Online Store」限定販売。

今回はこの新しいiPod touchを購入したのでまずは開封して外観を写真を交えて紹介していく。

続きを読む

Apple、64bit対応A8チップや8メガピクセルiSightカメラなどを搭載しながら4インチと小型な第6世代「iPod touch」を発表!iPod nanoやshuffleの新色とともにすでに販売中


Appleが約3年ぶりのiPod touchの新モデルなどを発表!

Apple(アップル)は15日(現地時間)、ポータブルミュージックプレイヤー(携帯型音楽再生機)「iPod」シリーズのうちの同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズと同じプラットフォーム「iOS」を採用したタッチパネル対応ディスプレイ搭載の新型「iPod touch(第6世代)」を発表しています。

最近の同社製品のベースカラーであるシルバーおよびスペースグレイ、ゴールドのほかにブルーとピンクを加えた5色展開で、Apple Store限定のPRODUCT(RED)が用意され、内蔵ストレージは16GBおよび32GB、64GB、128GBの4モデルがラインナップされています。

すでに公式Webストア「Apple Online Store」にて販売されており、価格(税別)は16GBモデルが24,800円、32GBモデルが29,800円、64GBモデルが36,800円、128GBモデルが48,800円となっています。なお、iPod touchシリーズでは128GBモデルは初登場。

その他、より小型のポータブルミュージックプレイヤー「iPod nano」と「iPod shuffle」にも新色が追加され、両製品ともに従来のシルバーおよびスペースグレイ、PRODUCT(RED)に加え、ゴールド、ブルー、ピンクの6色展開となり、価格はiPod nanoが17,800円、iPod shuffleが5,800円。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。