S-MAX

マレーシア

マレーシアにおける国際ローミングが980円/24時間になるNTTドコモ「海外1Dayパケ」を使用してみた!30MBまでながらLTEで快適通信可能【レポート】


shimajiro@mobiler

NTTドコモが海外渡航者向けに提供している「海外1dayパケ」をマレーシアでLTE国際ローミングにて利用してみたので紹介する。

これまでにも何度か紹介してきたが、海外1dayパケは申し込みから24時間国際ローミングが利用可能になるサービスで、利用料金は国別に異なっている。今回利用したマレーシアでは最も安い980円/24時間で利用が可能。

また、海外1dayパケの通信量は30MB/24時間までと制限されているものの、LTE国際ローミング対応エリア内であれば、LTE国際ローミングも利用可能となっている。なお、NTTドコモのマレーシアでのLTE国際ローミングの現地事業者はMaxisである。

続きを読む

ソフトバンク、LTE国際ローミングにベルギーとマレーシアを2014年6月27日より追加!利用可能な国・地域は15に拡大



ソフトバンクモバイルは26日、海外でも高速通信規格「LTE(FDD-LTE)」によるデータ通信サービスが利用可能な「LTE国際ローミング」の対象エリアに2014年6月27日(金)よりベルギーとマレーシアを追加すると発表しています。

ベルギーでのLTE国際ローミングの提供は国内の携帯電話事業者初となり、今回の対象エリア拡大により、15の国・地域でLTEによる高速通信サービスが利用できるようになります。

また、ベルギーおよびマレーシアの現地の通信事業者ではLTE国際ローミングに加えて、海外向けパケット定額サービス「海外パケットし放題」が利用可能で、通信料を気にせず安心して定額でパケット通信が使えます。

続きを読む

NTTドコモの最新スマホ「Xperia Z2 SO-03F」をSIMロック解除してマレーシア「Maxis」のプリペイドSIMカードで使ってみた!テザリングも利用可能【レポート】


shimajiro@mobiler

NTTドコモから「2014年夏モデル」として販売中の最新スマートフォン「Xperia Z2 SO-03F」をSIMロック解除してマレーシアの通信事業者「Maxis」のプリペイドSIMカードで使用したところモバイルデータ通信だけでなく、海外のSIMカードを利用してのテザリングも利用可能だった。

写真は実際にSIMロック解除したXperia Z2 SO-03FをMaxisのプリペイドSIMで利用しているところ。なお、LTEでのデータ通信については今回は未検証なので、次回のマレーシア渡航にて確認する予定。

続きを読む

KDDI、au向けLTE国際ローミング「グローバルパスポート」を6月16日よりマレーシアで開始!現地事業者はCelcomに


auがマレーシアでLTE国際ローミングを開始!

KDDIおよび沖縄セルラーは12日、au向け国際ローミングサービス「グローバルパスポート」において、高速通信規格「FDD-LTE(LTE)」によるデータ通信サービス「LTE国際ローミング」が利用可能なエリアを2014年6月16日(月)より拡大し、新たにマレーシアでの提供を開始するとお知らせしています。

これにより、日本人渡航先として近年人気の高いマレーシアでも動画の閲覧やSNSやEメールによる高画質な写真の送信など、大容量のコンテンツをさらに快適に利用できます。これで、LTE国際ローミングの提供国・地域も16と国内通信事業者最多となっています。

続きを読む

マレーシアMaxisのプリペイドSIMでLTEサービスを使用!SIMカードの交換手続に注意――通信速度は下り35Mbps超えも


shimajiro@mobiler

マレーシアの移動体通信事業者「Maxis」が提供するプリペイド向けサービス「HOTLINK」にて、2014年1月よりLTEが利用可能となったので、早速マレーシアを訪問してMaxisのLTEサービスを利用してきた(写真はクアラルンプールでMaxisのLTEを使っているところ)。

Maxisのプリペイド向けのLTEサービスの提供開始についてはサービス開始時に紹介した記事を参照して欲しい。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。