S-MAX

ミニストップ

ミニストップでスマホを利用したQR・バーコード決済が12月17日より利用可能に!楽天ペイおよびPayPay、LINE Payが対応し、各サービスでキャンペーンも実施


ミニストップが12月17日より楽天ペイ・PayPay・LINE Payに対応!

ミニストップは3日、全国のコンビニエンスストア「ミニストップ」(2018年10月末時点で2225店舗)にて2018年12月17日(月)0時より新たな決済手段として注目を集めているスマートフォン(スマホ)を活用したコード払いを導入すると発表しています。

対応するコード払は「楽天ペイ(アプリ決済)」および「PayPay」、「LINE Pay」となっており、導入に合わせて各コード払いにてキャンペーンが実施されますが、PayPayについてはすでに「100億円あげちゃうキャンペーン」の還元額が100億円に到達したため、ミニストップで利用できる前に12月13日に終了しています。

その他のキャンペーンは、楽天ペイでは常時開催ですが、はじめて利用する人を対象にエントリー後、同月内に合計支払額が5,400円(税込)以上で「楽天スーパーポイント」を1,000ポイントプレゼント、LINE Payではコード払いを利用すると通常のポイント還元率(0.5〜2%)に「+3%」を2019年7月31日(水)まで上乗せして還元します。

なお、LINE Payではさらに別途、支払額の20%還元する「Payトクキャンペーン」を2018年12月31日(月)まで実施しており、併用可能とのことなので最大25%還元となります。還元はLINEポイントとなりますが、LINEポイントは1ポイントからLINE Pay残高に1ポイント=1円で交換できるので、交換すれば買い物や送金などに利用可能です。

続きを読む

NECと三井住友銀行がコンビニでスマホなどの画面にバーコードを表示して収納できるサービス「PAYSLE」を提供開始!まずはミニストップとセコマ、続いてセブンやファミマ、ローソンでも


ゼロから始めるスマートフォン

日本電気(以下、NEC)および三井住友銀行が共同出資して設立した会社のブリースコーポレーション(以下、brees)は7日、スマートフォン(スマホ)などを使ったコンビニエンスストア(以下、コンビニ)で収納できるサービス「PAYSLE(ペイスル)」の提供を開始すると発表しています。

まずは2017年9月15日(金)からミニストップで開始され、2017年9月中にセコマにて取り扱いが開始されます。また2018年中にはセブン-イレブンやファミリーマート、ローソンでも取り扱いをスタートする予定だということです。

続きを読む

KDDI、auのデータ容量をチャージできるプリペイドカード「データチャージカード」をファミリーマートやミニストップ、ローソンでも6月14日から販売!50%増量キャンペーンも実施


au向け「データチャージカード」がファミマやミニストップ、ローソンでも購入可能に!キャンペーンも実施

KDDIおよび沖縄セルラーは13日、コンビニエンスストア(コンビニ)「ファミリーマート」や「ミニストップ」、「ローソン」(ナチュラルローソンやローソンストア100含む)でも「データチャージカード」を発売すると発表しています。

これにより、auショップに加え、すでに取り扱っている「セブンイレブン」も含めて全国約8割のコンビニでデータチャージカードを購入できるようになります。

また今回の発売を記念し、2016年6月14日(火)~2016年6月30日(木)の期間中にこれらのファミリーマートやミニストップ、ローソンでデータチャージカードを購入してデータチャージすると、データ容量が50%増量となるキャンペーン( https://dataoption.au.kddi.com/lp/data-charge-card/ )も実施されます。

続きを読む

ミニストップで「Google Playギフトカード」を買って応募すると抽選で100名にChromecastが当たるキャンペーンが1月11日まで実施中


ゼロから始めるスマートフォン

コンビニエンスストア「ミニストップ」にて2015年12月29日(火)から2016年1月11日(月)まで「Chromecast プレゼントキャンペーン!」が実施中です。応募期間は2016年1月12日(火)まで。

キャンペーンではミニストップで「Google Playギフトカード」を購入後に応募した人の中から抽選で100名にテレビなどに接続して利用するHDMI接続のスティック型STB「Chromecast」をプレゼントするというものです。

続きを読む

イオンの格安スマートフォン第2弾「イオンスマホ」が7月4日に発売!5インチ液晶搭載 geanee製「FXC-5A」――イオンのほか、ミニストップでも販売


ゼロから始めるスマートフォン

イオンは30日、ビッグローブと協業で格安スマートフォン(スマホ)の第2弾「イオンスマホ」を2014年7月4日(金)より発売すると発表しています。全国のイオン各店ほか、コンビニエンスストア「ミニストップ」51店舗やネットショップ「おうちでイオン イオンショップ」でも販売されます。

イオンスマホ第2弾はgeanee製3Gスマホ「FXC-5A」とビッグローブのMVNOによる携帯電話サービス「BIGLOBE LTE・3G 音声通話スタートプラン」がセットになっており、税別1,980円(本体代金630円×24回、通信料金1,350円)から利用できます。

第1弾と同様に、通信サービスは2年以内に解約しても契約解約金が発生しないので、気軽に他のサービスに乗り換えることができるのも魅力です。ただし端末代金の残債請求は毎月発生します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。