S-MAX

ヤ倍速

UQコミュニケーションズ、WiMAX 2+のCAによる下り最大220Mbpsの全国エリア化完了予定を一部エリアの工事遅延によって10月末に延期


UQ WiMAX 2+のCAによる下り最大220Mbpsが10月末に全国エリアに!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は28日、今年2月12日に開始した高速通信サービス「WiMAX 2+」の周波数帯を2倍に拡張して「キャリアアグリゲーション(CA)」技術による下り最大220Mbpsの対応エリアを順次整備しており、9月末までに全国エリア化すると案内していましたが、一部エリアの工事遅延によって10月末(予定)に延期したとお知らせしています。

同社では2015年9月上旬より周波数帯の拡張を行っていなかった首都圏および京阪神、名古屋、政令指定都市などにおいて整備を行い、一気におよそ1ヶ月で全国エリア化を完了するとしていましたが、一部エリアでの工事が遅延しているということです。

なお、すでに実施されているようにWiMAX 2+の周波数帯を2倍に拡張したエリアでは既存通信サービス「WiMAX」の下り最大速度が40Mbpsから13.3Mbpsになるのでご注意ください。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、WiMAXからWiMAX 2+に機種変更すると「UQ Flat ツープラス ギガ放題」が月額3696円で使える割引を提供!すでに変更した人も対象ーーまもなく1000万契約突破


UQが「WiMAX 2+への機種変更に限定した割引料金」を5月1日から提供!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は27日、同社では高速通信サービス「WiMAX 2+」の下り最大速度を220Mbpsに高速化する「ヤ倍速」と月間上限がなく使い放題の「ギガ放題」による「ギガヤバ革命」を現在推進しており、新たに既存の「WiMAX」(WiMAX 2+非搭載)を利用中の人にWiMAX 2+に移行してもらうための「ギガヤバ 移住計画」の一環として「WiMAX 2+ への機種変更に限定した割引料金」を2015年5月1日(金)から9月30日(水)まで提供すると発表しています。

WiMAXからWiMAX 2+に機種変更すると、WiMAX 2+が使い放題の「UQ Flat ツープラス ギガ放題」が通常料金の月額4,380円(税抜)ではなく、月額3,696円(税抜)で2年間利用できるお得な割引価格で提供されるもの。なお、今年2月20日以降にWiMAXからWiMAX 2+に機種変更した人も割引料金で利用できるということです。

合わせて同社代表取締役社長の野坂章雄氏から「大切なお知らせとお願い」と題した動画が公開され、WiMAXからWiMAX 2+への移行をお願いしているほか、UQの契約数が4月末に1000万を突破する予定であることが明らかにされています。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、下り最大220Mbpsに対応したWiMAX 2+の「ヤ倍速」を3月より提供!4×4 MIMOは3月に全国で、CAは2月12日に栃木県から順次エリア化ーー2016年には440Mbpsも


UQが「WiMAX 2+」を4×4 MIMOとCAで高速化!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は15日、高速通信サービス「WiMAX 2+」(TD-LTE方式互換)に対応した新サービスおよび新商品を披露する「WiMAX 2+ 新サービス・新デバイス発表会」を開催し、今後のWiMAX 2+のエリアや高速化などのロードマップを明らかにしています。

まず、WiMAX 2+の下り最大110Mbpsにおけるエリアは現在基地局が約20000局まで設置できており、今年3月末までに約22000局でWiMAXと同等になる予定で、下り最大220Mbpsの4×4 MIMOについては3月に開始し、すでにこれまでに対応基地局を設置してきたため、開始当初から一気に全国エリアとなる一方、下り最大220Mbpsのキャリアアグリゲーション(CA)については2015年2月12日からCA基地局化を開始し、全国で順次エリア化するとしています。

また、今後の高速化については2016年以降に今回導入する4×4 MIMOとCAを同時に利用する下り最大440Mbpsを導入し、2020年東京オリンピック・パラリンピックまでには1Gbpsまで到達する計画だということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。