S-MAX

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラがタブレット「iPad」シリーズのWi-Fi+Cellularモデル(SIMフリー版)を販売開始!マルチメディアAkiba・梅田の2店舗で。9月16日まで10%ポイント還元


ヨドバシカメラのマルチメディアAkiba・梅田でiPadのSIMフリーモデルが販売開始!

ヨドバシカメラは30日、Apple製品を体験できる「Appleショップ」のあるマルチメディアAkibaとマルチメディア梅田の2店舗にてタブレット「iPad」シリーズの一部製品におけるWi-Fi+Cellularモデル(SIMフリー版)を2019年8月30日(金)9:30より販売すると発表しています。すでにビックカメラとイオンで同様に一部店舗で8月23日より販売開始していますが、ヨドバシカメラも追随します。

取り扱うのは各店舗ともに「12.9インチiPad Pro(第3世代)」および「11インチiPad Pro」、「iPad Air(第3世代)」の3製品。また2019年9月16日(月・祝)までの期間中にゴールドポイントカード・プラスでiPadシリーズのWi-Fi+Cellularモデル(SIMフリー版)を購入すると10%ポイント還元となるということです。

続きを読む

ヨドバシカメラ、電子書籍サービス「Doly」にて30%ポイント還元キャンペーンを8月19日まで実施中!漫画や雑誌などを含めて対象商品50万点以上


ヨドバシの電子書籍が30%ポイント還元キャンペーン中!

ヨドバシカメラがオンラインショップ「ヨドバシ.com」の電子書籍ストアにて30%ポイント還元キャンペーンを2019年8月19日(月)まで実施しています。購入した電子書籍は同社の電子書籍サービス「Doly」にて読むことができ、還元は通常のヨドバシポイントと同様に決済直後に付与されます。

対象商品は50万点以上で、Doly自体がコミックや雑誌、文芸書、実用書、専門書まで54万点を超えるサービスなのでほとんどが対象だと見られ、実際に人気漫画などはざっと確認した限りではすべて対象となっていました。

続きを読む

ヨドバシカメラ、クレジットカード「ゴールドポイントカード・プラス」で支払うと最大20%還元キャンペーンを6月15〜30日に実施!全商品対象で還元上限は支払額33万3333円まで


ヨドバシで最大20%還元キャンペーンを6月15〜30日に実施!

ヨドバシカメラは14日、全国のヨドバシカメラ全店とECサイト「ヨドバシ・ドット・コム」( https://www.yodobashi.com )にてクレジットカード「ゴールドポイントカード・プラス」で支払うと全商品が最大20%ポイント還元となる「プラスでキャッシュレス決済キャンペーン」( http://www.goldpoint.co.jp/news/topics/20190615.html )を2019年6月15日(土)から6月30日(日)まで実施するとお知らせしています。

キャンペーンでは通常の10%ポイント還元に加えてクレジット決済1%ポイント還元とキャンペーンによる9%ポイント還元を加えて合計20%となるとのこと。また還元上限もキャンペーンの9%分のみで30,000ポイントと設定されており、支払額では333,333円分までとなっています。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパン、ヨドバシカメラマルチメディア横浜店内に「ファーウェイ・ショップ」をオープン!スマホやタブレットなどの最新製品の展示や体験、購入などが可能


ファーウェイ・ショップ ヨドバシカメラマルチメディア横浜がオープン!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が関東でヨドバシカメラ マルチメディアAkibaおよびビックロ ビックカメラ新宿東口店に続く3店舗目となる同社のブランドショップ「ファーウェイ・ショップ」を横浜駅目の前に位置する「ヨドバシカメラマルチメディア横浜」内に4月19日よりオープンすると発表しています。

ファーウェイ・ショップでは同社が販売するスマートフォン(スマホ)だけでなく、タブレットやパソコン(PC)、ウェアラブル製品やアクセサリーまで取り扱い、世界をリードするグローバルテックブランドとしての“ファーウェイ(Huawei Technologies)”をワンストップで体感できるということです。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:扇情のアマゾニスト。突然のAmazonプライム会費値上げからネット通販やオンラインサービスとの正しい付き合い方を考える【コラム】


Amazonプライム会費値上げからオンラインサービスのあり方について考えてみた!

筆者の下へ4月12日未明に訃報(?)が舞い込んできました。総合オンラインストア「Amazon.co.jp」( https://www.amazon.co.jp )の有料会員サービス「Amazonプライム」の会費が値上げされるというものです。

筆者は自他ともに認める重度のAmazon.co.jp(以下、Amazon)利用者であり、自称「アマゾニスト」というほどにAmazonのオンラインサービスを愛用しています。特にネット通販サービスへの依存度はかなり高く、最も多かった時期では年間300回、合計150万円分も利用していたことすらあります。

今回の会費値上げについてはこちらの記事に詳しいですが、年会費が従来の3,900円から4,900円に、月会費では400円から500円にそれぞれ値上げされ、年間では1,000円および1,200円の値上げとなります(金額は税込)。

現在のAmazonのサービスはネット通販のみならず電子書籍や音楽・映像配信、ストレージサービス、定期購入サービスとさまざまに幅を広げており、年間4,900円でも十分に安いと感じられるものですが、しかし突然の値上げだっただけに少々面食らったのは事実です。ましてや筆者ほど利用しない人々にとっては、あまり歓迎されない流れであろうことは十分に想像がつきます。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はAmazonプライム会費の値上げから、ネット通販およびオンラインサービスのあり方や利用のポイントなどを考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。