S-MAX

レビュー

NTTドコモ向けフラッグシップスマホ「AQUOS R2 SH-03K」を購入したので開封して外観や同梱品を紹介!写真用+動画用のツインカメラや縦長ほぼ全画面デザインに【レビュー】


新発想なツインカメラ搭載のdocomo向けハイエンドスマホ「AQUOS R2 SH-01K」を購入!まずは開封から

NTTドコモから6月8日に写真撮影用と動画撮影用にそれぞれ特化した2つのカメラを背面に搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2 SH-03K」(シャープ製)が発売されました。

以前はNTTドコモとau、SoftBankといった大手携帯電話会社向けに名称のバラバラだったブランド名を統一させたシャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」シリーズの第2段におけるNTTドコモ版です。

昨夏モデルで初代の「AQUOS R SH-03J」とごくわずかながら大きくはなっていますが、ほぼ同一のサイズのままに画面が大型化し、約6.0インチQHD+(1440×3040ドット)ハイスピードIGZO液晶(約561ppi)となりました。

またスマホにおいては世界初となる「ドルビービジョン(Dolby Vision)」と「ドルビーアトモス(Dolby Atmos)」の両方に対応と、各方面のトレンドを取り入れ、スペックも高く非常に魅力的な1台となっています。

どうせ筆者のまわりでは人気の「Galaxy S9+」や「Galaxy S9」、「HUAWEI P20 Pro」といった機種を選ぶ人が多いだろうと多い、骨心から選んだというわけでなく、筆者にとって今回の夏モデルの中において心惹かれるポイントがあったために購入してみました。

そこで、今回から数回に分けてレビュー記事をお届けしていこうと思います!まずはさっそく開封の儀を執り行いましたので、AQUOS R2 SH-03Kの同梱品や外観を紹介します。

続きを読む

ノッチや縦長画面、ダブルカメラなどのトレンドを取り入れたコスパ最高モデル!au向けエントリースマホ「HUAWEI P20 lite HWV32」を写真と動画で紹介【レポート】


ダブルレンズカメラ搭載の高コスパモデルがデザイン一新!ファーウェイスマホ「P20 lite」をチェック

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は今夏に発売および開始する予定の新製品や新サービスを発表する「au 2018 夏モデル説明会」を5月14日に開催し、アスペクト比9:19の縦長な約5.8インチFHD+(1080×2280ドット)IPS液晶(約432ppi)を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 lite(型番:HWV32)」(Huawei Technologies製)を発表した。

発売時期は2018年6月上旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が始まっている。価格(税込)は本体代32,400円(分割1,350円/月×24回)、毎月割675円×24回(総額16,200円)で実質負担額16,200円(分割675円/月×24回 ※auスマートパス加入)である。

今回はこのHUAWEI P20 lite HWV32の実機を発表会のタッチ&トライコーナーで触れることができたので、写真と動画で紹介していく。なお、UQ mobileおよびY!mobileから「HUAWEI P20 lite」のSIMフリー版も販売されるが、au版は内蔵ストレージが64GBと大きくなっている。

続きを読む

今夏注目のトリプルカメラ搭載スマホ!NTTドコモ向け「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を動画で紹介。開封から初期設定、ベンチマーク、カメラ機能など【レポート】


docomo向けハイエンドスマホ「HUAWEI P20 Pro HW-01K」を動画でチェック!

日本ではNTTドコモから専売で6月下旬に発売予定の背面にトリプルカメラを搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro HW-01K」(Huawei Technologies製)。そのカメラ性能の高さから今夏の最注目な機種と言って良く、NTTドコモが発表した初日の指名予約は最も多かったようだ。

価格(税込)はドコモオンラインショップでは本体価格が103,680円、新規契約および機種変更なら実質57,024円(2,376円×24回)、他社からの乗り換え(MNP)なら実質22,680円(945円×24回)となっており、現在、ドコモショップや公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付中だ。

今回はそんなHUAWEI P20 Pro HW-01Kの発売前に開発中のメーカーサンプル品ではあるが、開封から初期設定、ベンチマーク、カメラ機能などを動画で紹介するほか、HUAWEI P20 Pro HW-01Kで撮影した動画のサンプルも撮影したので合わせて紹介していく。

続きを読む

先代iPhone 7のときよりもより赤に!上品にも進化した人気スマホ「iPhone 8 (PRODUCT) RED」を購入したので写真でパッケージや本体を紹介【レポート】


iPhone 8 (PRODUCT) REDを写真でチェック!赤×黒になりよりシックにかっこよく

Appleが現地時間4月9日に発表し、日本では4月13日からAppleやNTTドコモ、au、SoftBankから発売された「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」の新色「(PRODUCT) RED」。間もなく発売から2ヶ月が経過しますが、“春商戦”以降に発売になったこともあり、iPhoneとしては見かけることの少ない1台となっています。

また本機を取り扱う携帯電話事業者のショップや家電量販店はiPhone 8 Plusの(PRODUCT) REDの実機の展示はあるものの、iPhone 8の(PRODUCT) REDともなると展示をしていない場所が多く、まだ実機を見たことがないという人も多いのではないでしょうか。

遅ればせながら、また当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」ではお馴染みの某“赤色担当”のが購入する気配もないため、筆者自身で今回、auのiPhone 8(64GB)の(PRODUCT) REDを他社から乗り換え(MNP)で安価に購入できるキャンペーンを利用して買ってみました。

そこで、iPhone 8 (PRODUCT) REDのパッケージやその“赤さ”がどういったものなのか本体の外観を写真で紹介したいと思います。なお、先代モデル「iPhone 7」の(PRODUCT) REDについても昨年に筆者が実費購入して開封レポートを発売直後に書いておりますので、iPhone 7とiPhone 8のそれぞれの「赤」の違いを見比べて頂ければと思います。


続きを読む

シャープのau向け最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2 SHV42」を写真と動画で紹介!夏らしいアクアマリンがラインナップ。ツインカメラの設定なども詳しくチェック【レポート】


シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」のau独自色は夏カラーのアクアマリン!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は携帯電話サービス「au(エーユー)」向け「2018年夏モデル」を発表した。このうちのアスペクト比9:19の縦長な約6.0インチQHD+(1440×3040ドット)ハイスピードIGZO液晶(約561ppi)を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2(型番:SHV42)」(シャープ製)が6月8日に発売された。

AQUOS R2 SHV42はauショップなどの店頭や公式Webストア「auオンラインショップ」で販売されており、auオンラインショップでの価格(税込)は本体代95,040円(分割3,960円/月×24回)、毎月割1,980円×24回(総額47,520円)で実質負担額47,520円(分割1,980円/月×24回)となっている。

ここ最近のシャープのスマホは“ベーシック”なデザインが多くの人に刺さっている印象だが、最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」では画面の一部に切り欠きがある流行りの“ノッチデザイン”を採用し、他社の洗練された近未来を感じさせるようなものとも違い、丸みのある優しい印象を受けるより新しいデザインへと進化している。

またARUOS R2では同社としては久しぶりに背面にカメラを2つ搭載した「ツインカメラ」を搭載し、これまた他社とは一線を画す静止画用と動画用と割り切った使い方をし、その中で動画撮影中に静止画を自動で撮影してくれる機能など、ユニークかつ実際に使って便利だと思える機能を搭載している。

今回はそんなau向けAQUOS R2 SHV42について5月14日に行われた説明会においてタッチ&トライした内容を中心に特にカメラ機能を紹介していく。なお、AQUOS R2は同じく6月8日にNTTドコモ向け「AQUOS R2 SH-03K」およびSoftBank向け「AQUOS R2(型番:706SH)」も発売されている。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。