S-MAX

レビュー

高コスパで使い勝手の良いシャープのau向け新スタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」が発売!まずは外観を写真と動画で紹介【レビュー】


高コスパで話題のスマホ「AQUOS sense SHV40」が11月2日発売!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense SHV40」(シャープ製)を2017年11月2日に発売しました。

AQUOS sense SHV40はシャープが新スタンダードとして今冬に投入する新しいシリーズ「AQUOS sense」の第1弾のau版です。すでにauショップ店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて販売中で、本体価格は32,400円(税込)となっています。

またAQUOS senseはNTTドコモ向けが11月上旬、UQ mobile向けが11月下旬に発売予定となっており、スペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も12月上旬発売予定です。

今回はAQUOS sense SHV40の実機をKDDIからお借りし、じっくりとタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。製品詳細については「KDDI、au向けシャープの新スタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」を発表!5インチフルHD IGZO液晶や3GB RAM、防水、おサイフケータイなどで11月上旬に発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

なお、今夏に発売したシャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」と同様にOSバージョンアップやセキュリティーパッチの提供をきっちりと行うため、安心して長く使えるようになっているとのことで、最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップも予定されています。

続きを読む

テルルでお馴染みのピーアップが新製品説明会を開催!割り切ったスペックの中に“通”好みのこだわりが詰まったSIMフリースマホ「Mode1 RS」を正式発表――特長と外観を紹介【レポート】


ピーアップが送り 出すオリジナルSIMフリースマホ第3弾「Mode1 RS」はレーシングマシンがモチーフ!

首都圏を中心に携帯電話ショップのテルルなどを展開しているピーアップが10月31日に東京・北千住にある同社本社にて「新製品説明会」を開催し、独自展開しているオリジナルブランド「Mode1」シリーズの新製品となるSIMフリースマートフォン(スマホ)「Mode1 RS(型番:MD-03P)」を正式発表しました。

発売は2017年11月11日(土)を予定しており、価格は22,800円(税別)。Mode1 RSはすでに紹介していたようにソフトバンクの「+Style」から発売されることが案内されており、10月31日まで「新宿タカシマヤタイムズスクエア」にて開催されていた「+Style期間限定ショップ」にてケースに入って触れることのできない状態でモックが展示されていました。

今回実施された新製品説明会にて初めてMode1 RSの実際に動作する製品が登場し、ピーアップの担当者から基本仕様がエントリーモデル相当ながら外観はカーボン調の背面パネルやプリセット音にエンジン音を採用するなど、レーシングチームを持つ同社ならではのこだわりの詰まった特長が紹介されました。

本記事では製品説明会にて説明されたMode1 RSのこだわりポイントなどの特長や実際に実機をタッチ&トライしてみた模様などを写真を交えて紹介します。

続きを読む

注目のSペン対応6.3インチ大画面スマホ「Galaxy Note8」のスクリーンショットの撮り方を紹介!WebページにはURLも記録されるように【ハウツー】


Galaxy Note8のスクリーンショットの撮り方をチェック!

NTTドコモとauから販売中の6.3インチ大画面を搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8」は、ワコムの技術を利用したSペンが付属されているのが特長で、紙とペンのようにメモを取れるのが魅力の端末です。

またSペン対応の「Galaxy Note」シリーズとしては日本で3年ぶりになるので、待ち望んでいた人も多いと思います。筆者も当初は本日発売された話題の次世代スマホ「iPhone X」を購入しましたが、実際に触ってみてこれまでもGalaxy Noteシリーズを愛用してきたことからGalaxy Note8を購入しました。

今回は前回のSペンによるメモ機能の紹介に続いて、ペンとの相性も抜群のGalaxy Note8でスクリーンショット(画面キャプチャー)を撮影する方法を紹介します。

続きを読む

注目の次世代スマホ「iPhone X」を購入!さっそくフルモデルチェンジされた本体やパッケージ、同梱品を紹介【レビュー】


iPhone Xを購入!さっそく開封して未来を感じてみた

ついに本日11月3日に発売された話題のスマートフォン(スマホ)「iPhone X」(Apple製)。日本ではNTTドコモやau by KDDI、ソフトバンクの大手携帯電話会社のほか、AppleからSIMフリー版が販売開始されました。

iPhone Xは人気の「iPhone」シリーズにおいて10周年を記念した「X(テン)」と名付けられ、次の10年を見据えた“次世代”モデルとしてこれまでの機種では象徴とも言えた「ホームボタン」を廃止し、ディスプレイの周りの縁(ベゼル)が狭い“ほぼ全画面デザイン”を採用しました。

またホームボタンがないので操作性も大きく変わり、さらにプライバシー保護のためにホームボタンに内蔵されていた指紋認証「Touch ID」に代わりに顔認証の「Face ID」を採用するなど、まさしくフルモデルチェンジとなっています。

そんなiPhone Xですが、10月27日にスタートした予約は店頭およびオンラインともに大盛況で、発売日当日の入手のハードルがかなり高くなっているものの、筆者もなんとか予約戦争に勝ち抜いて購入でき、無事に手元に届きましたので今回はパッケージや本体、付属品を紹介していきたいと思います。

続きを読む

日本で3年ぶりのペン付きスマホ「Galaxy Note8」のメモ機能の実力は?GALAXY Note 3と比較しつつ、プリインアプリ「Galaxy Notes」をじっくり紹介【レビュー】


Galaxy Note8のペン機能を徹底チェック!

NTTドコモとauから10月26日に発売されたサムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8」は、Sペンを搭載した「Galaxy Note」シリーズとしては日本で3年ぶりのリリースとなり、待っていたファンにとっては待望の機種となりました。

また新たに「Galaxy」シリーズとしては初のデュアルカメラを搭載し、6GBもの大容量メモリー(RAM)を搭載した注目のハイスペックモデルとなっており、iPhone Xなどのハイエンド機とどちらを購入しようか比較されている人も多いのではないでしょうか。

その際のポイントとしてなんと言っても、Galaxy Noteシリーズと言えばSペンが大きな特長となります。ペンを使ってメモを取ることができ、その描き味に注目が集まっていますが、一方で使ったことがない人にはいまいちその便利さはわからなったりします。

そこで今回は、初代「GALAXY Note」からGalaxy Noteシリーズを使い続けているファンの1人である筆者もGalaxy Note8を購入しましたので、進化したSペン機能について特にペンを使ったメモ機能を紹介してみたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。