S-MAX

レビュー

ASUS JAPANが世界初AR・VR両対応スマホ「ZenFone AR」の発表会を開催!5.7インチWQHD有機ELやSnapdragon 821を搭載し、上位モデルには8GB RAMを搭載【レポート】


世界初が詰まった超ハイスペックモデルがついに登場!Zennovationを紹介

ZenFoneシリーズを始めとしたスマートフォン(スマホ)やタブレットなどを手がけるASUS JAPAN(以下、ASUS)が4月13日に都内において新製品発表会「Zennovation ~その現実は今、拡張する~」を行い、新たにSIMフリースマホ「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を発表しました。

すでに製品内容については別記事で紹介していますが、価格は8GB内蔵メモリー(RAM)と128GBストレージを備えた上位モデルが99,800円、6GB RAMと64GBストレージを備えた下位モデルが82,800円(ともに税別)となり、2017年夏の発売が予定されています。今回はこの発表会の模様を写真を交えて紹介します。

続きを読む

ヤフーや楽天で1位を獲得した大音量で楽しめる軽量コンパクトなポータブルスピーカー「Ultrathin Portable Bluetooth Speaker」を紹介!いつでもどこでもみんなで音楽を楽しもう【レビュー】


スマホサイズで持ち運びに便利なBluetoothスピーカーをレビュー!

みなさんはスマートフォン(スマホ)など用の外部スピーカーを使った経験がありますでしょうか。友人たちとの旅行や家族でのレジャーなど、みんなで音楽を楽しみたいシーンはたくさんあります。そんな時に便利なのがポータブルサイズのワイヤレススピーカーです。

今回ご紹介するのはG.Oホールディングスが展開するガジェットブランド「iina-style」のBluetooth接続式ワイヤレススピーカー「Ultrathin Portable Bluetooth Speaker(型番:IS-BTSP03U)」です。“iPhoneよりも小さい”というコンパクトサイズながら大きな音が出ると評判で、Yahoo!ショッピングではスピーカー部門で1位、過去には楽天市場でも同1位になっていたこともある製品です(現在は3位)。

スマホやタブレットなどへ接続することで外部スピーカーとして認識され、ケーブルや場所を気にすることなくいつでもどこでも多人数で音楽を楽しめます。またハンズフリー通話にも対応しているため、両手を塞がずに別の作業をしながらの通話が行える点も魅力です。

合わせて、前回のBluetoothイヤホンと同じように本記事を読んでいただいた方向けにAmazon.co.jpで使える期間限定15%OFFクーポンも配布しているので是非チェックしてみてください。

続きを読む

IPX7対応の高い防水性能&AAC対応の高音質設計!スポーツに強いBluetoothワイヤレスイヤホン「iina-style Sound&Sports04」を紹介ーー期間限定15%OFFクーポンも配布【レビュー】


安価なのに高音質!AACコーデックに対応したBluetooth防水イヤホンをレビュー

みなさんBluetooth接続のヘッドホンやイヤホンは使ったことがありますか?昨年発売されたAppleのスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」では通常の3.5mmイヤホン端子が廃止されましたが、これを契機にBluetoothヘッドホンなどを使用しはじめたり、検討しているという方も多いかと思います。

今回ご紹介するのはそんなBluetooth接続のワイヤレスイヤホン「Sound&Sports04(型番:IS-BTEP04M)」です。この製品は日本のベンチャーメーカーであるG.Oホールディングスが展開するガジェットブランド「iina-style」の製品で、商品名でリンクした直営Webストアのほか、ECサイトでは大手の「Amazon.co.jp」や「楽天市場」、「Yahoo!ショッピング」で販売されており、さらにまだ数は少ないということですが大手家電量販でも販売されているとのこと。

実売4,000円以下と安価ながらも音声コーデックにAACを採用した高品位な音質を実現しているほか、Bluetoothイヤホンとしては最高クラスの連続8時間駆動、音声通話時のノイズリダクション機能としてCVC6.0に対応、さらにIPX7に対応した高い防水性能を備えるなど、実用性の高さとコストパフォーマンスに優れているのが大きな特長です。

G.Oホールディングスに製品を提供いただいたので実際に試してみた使用感をお届けするとともに、本記事を読んでいただいた方向けにAmazon.co.jpで使える期間限定15%OFFクーポンも配布しています。

続きを読む

ソフトバンク回線の格安SIM「b-mobile S 開幕SIM」を契約してみた!申込や開通から設定、実際にiPhoneやAndroidで使ってみたところまでを紹介【レポート】


よーやく開幕!?ソフトバンク回線のMVNOを試す

既報通り、日本通信(以下、JCI)が3月22日よりソフトバンク回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「b-mobile S 開幕SIM」を提供しています。また同社は仮想移動体サービス提供者(MVNE)としてU-NEXTにもソフトバンク回線を提供し、ほぼ同様のサービス「U-mobile S」も同日よりスタート。

ともにiPhone用とiPad用が用意されており、対象機種はiPhone 5以降およびiPad全機種(Wi-Fi+Cellularモデル)で、最大の特長はSIMロック解除に対応していないiPhone 6以前のSoftBankのiPhoneでも使える点です。

もちろん、SIMフリー版や他社のiPhone 6s以降をSIMロック解除したものでも使えるほか、Androidでも設定すれば使えるようになっています。利用料はともに月間高速通信量1GBで月額税別880円(税込950円)から。

現状ではデータ通信のみのプランのみで、SMSオプションも提供されていませんが、手軽に契約できるソフトバンク回線のMVNOということで今回はb-mobile Sを契約してみましたので使用感などを紹介したいと思います。

続きを読む

禁煙グッズのスタンダードになり得るか!?ニコチンやタールが0mgの新感覚フレーバー「C-Tec DUO」を試す【レビュー】


電子タバコ感覚のフレーバー「C-Tec DUO」を試す!

スマートフォン(スマホ)など向け周辺機器の開発や販売を手がけるGBS(ジービーエス)が、"ビタミンCと天然植物由来成分を配合したフレーバーを楽しめる"製品として「C-Tec DUOスターターキット」の販売を3月に開始しました。

バッテリー部分に「フレーバーカートリッジ」を取り付けて吸うというもので、一見すると電子タバコと見分けがつき難い製品です。ビタミンが配合されているというフレーバーカートリッジは全部で4種類あり、ニコチンやタールが0mgである点が従来の電子タバコとは大きく異なります。

喫煙者には肩身の狭い世の中ですが、同時に喫煙者の中でも禁煙志向が広まりつつあります。フィリップ モリス ジャパンが提供する「iQOS(アイコス)」や、JTが提供する「Ploom TECH(プルーム・テック)」といった加熱式電子タバコへの注目が高まっていますが、こうした電子タバコも従来の紙巻タバコとは異なる仕組みによって、禁煙グッズの側面も持っています。

一方で、電子タバコの仕組みを利用したさまざまなフレーバー製品も増えています。ニコチンやタールを含んでいないため、禁煙グッズとしての期待や注目を集めている製品と言えるでしょう。

今回は、そんなフレーバー製品の中から「C-Tec DUO」を実際に試してみました。

続きを読む

日本での発売にも期待!第2世代Leicaデュアルレンズカメラを搭載した最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P10」を購入したので外観や同梱品を写真で紹介【レビュー】


新フラッグシップスマホ「HUAWEI P10」を紹介!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)が今年2月にスペイン・バルセロナで開催された世界最大のモバイル・通信関連展示会「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせて発表した新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P10」。

同時に発表された上位モデル「HUAWEI P10 Plus」とともに日本でも販売が期待されていますが、現時点では最初に発売される1次販売国・地域には含まれず、投入は少し先になりそうです。一方で海外ではすでに発売している国・地域があり、今回、一足先に海外版(型番:VTR-L29)を購入したので外観や同梱品を写真で紹介したいと思います。

なお、日本で利用するために必要な技術適合証明・工事設計認証などの各種認証(いわゆる「技適マーク」)はないということなのでご注意ください。

続きを読む

約1.5万円の格安SIMフリースマホ「Wiko Tommy」を購入!開封して同梱品や外観を紹介――買ったらソフトウェアを最新にしよう【レビュー】


SIMフリースマホ「Wiko Tommy」を買ってみた!

ウイコウ・ジャパン(以下、Wiko Japan)から2月25日に発売されたSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「Tommy(型番:P4903JP)」(Wiko製)。欧州でシェアを拡大するフランス・マルセイユを拠点とするベンチャーメーカーの日本進出第1弾モデルで約1万5千円程度と低価格なエンターテイメントガジェットとなっています。

また低価格ながら「au VoLTE」にも対応しており、NTTドコモやソフトバンク回線だけでなく、au回線でも使えるため、幅広く仮想移動体通信事業者(MVNO)による格安SIMが利用できます。

発売から少し時間が経っていますが、筆者も日本第1弾モデルということでWikoの製品を試してみたいと思い、Tommyを購入したのでまずは開封してパッケージや同梱品、外観などを紹介したいと思います。

続きを読む

3倍目立つのは間違いなし!iPhone 7の新色「(PRODUCT)RED Special Edition」を購入したので開封して外観や同梱物を紹介【レビュー】


iPhone 7の新色レッドを購入!パッケージや外観をチェック

Appleから日本時間の3月21日に発表され、3月25日より各社より販売が開始された「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の新色「(PRODUCT)RED Special Edition」。

昨年9月に発表・発売になったiPhone 7・7 Plusの新しいカラーバリエーションのひとつで、赤だけに“3倍速い”を期待したいところですが、基本仕様・スペックには変更はありません。

カラー以外の違いとして、過去に発売されたApple製品の(PRODUCT)RED Special EditionのiPodなどと同様に、売り上げの一部を世界エイズ・結核・マラリア対策基金へ寄付、貢献するといった取り組みも行われているモデルとなっています。

今回は「ドコモオンラインショップ」にて機種変更でiPhone 7(PRODUCT)RED Special Editonの128GBモデルを購入しました。そこで今回は開封レポートとしてパッケージや同梱物、そして注目の赤い外観について紹介したいと思います。

続きを読む

ハイエンドクラスのカメラ機能を搭載するSIMフリースマホ!モトローラ「Moto G5 Plus」を写真と動画で紹介【レポート】


低価格ながらGalaxy S7 edgeにも採用されているデュアルピクセルオートフォーカスを搭載!

既報通り、モトローラ・モビリティは16日、都内にて「新型スマートフォンと新型Mods記者発表会」を開催し、メタルボディーでAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5 Plus」および「Moto G5」、さらに「Moto Z」シリーズ用機能モジュール「Moto Mods」として「ビークル・ドック」など4種類の発売を発表した。

Moto G5 Plusは3月31日発売を予定しており販売価格は35,800円、Moto G5も3月31日発売予定で販売価格は22,800円、ビークル・ドックは2017年春以降の発売予定で販売価格は9,800円だ(価格はすべて税抜)。

今回は発表会のタッチ&トライコーナーでMoto G5 Plusの試作機に触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

故スティーブ・ジョブズ氏も愛した腕時計が35年の時を超えて復刻!セイコーとナノ・ユニバースのコラボモデル「Seiko nano universe Limited Edition Vol.4」を写真とともに紹介【レポート】


故スティーブ・ジョブズ氏が愛用したセイコーシャリオの復刻版を購入してみた!

ナノ・ユニバースとセイコーは10日、コラボレーション企画の第4弾として、1982年に発売された腕時計「セイコーシャリオ」の復刻版「Seiko nano universe Limited Edition Vol.4」を発売しました。

一見するとなんの変哲もない安物時計ですが(失礼!)、これが35年の歳月を経て復刻された背景には、アップルコンピュータ創立者の1人である故スティーブ・ジョブズ氏が関係しています。ジョブズ氏は若かりし頃からこの腕時計を長年愛用し、逝去後に行われた遺品のオークションでは42,500ドル(約480万円)もの価格が付けられたほどです。

今回この復刻モデルを運良く購入することが出来ましたので、ジョブズ氏の逸話や写真とともに紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。