S-MAX

レポート

NTTドコモの「スマホ認証」が提供開始!パソコンで「dアカウント」にログインする時にiPhoneなどのスマホの生体認証を使って簡単にできる方法を紹介【ハウツー】


ドコモの「dアカウント」にパソコンで生体認証でログイン

NTTドコモは13日、同社のサービスで利用している「dアカウント」にパソコン(PC)のWebブラウザーでログインする際、パスワード入力をしなくてもスマートフォン(スマホ)で生体認証すればPCのログインができる仕組み「スマホ認証」を2017年2月15日(水)15時より提供開始するとお知らせしています。

スマホの対応OSはAndroidおよびiOSで、これらのスマホの指紋認証や虹彩認証といった生体認証でPCのdアカウントログインが可能になります。なお、利用するには各OSにおけるアプリ「dアカウント設定」を最新バージョンにアップデートしておく必要があります。

今回は実際にスマホ認証を試してみましたので、利用方法などを手順を追って紹介したいと思います。

続きを読む

1回線契約すると2回線目が無料に!3日間の通信速度制限撤廃やSIMフリースマホ「honor 8」の新色も発表された「楽天モバイル記者説明会」を写真で解説【レポート】

rakuten-201702-001
家族やカップルでの顧客獲得を狙う格安SIMの楽天モバイル!

楽天は15日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )における春の新キャンペーンやサービス拡充を発表する記者説明会を開催しました。

新キャンペーンでは1回線契約すると2回線目が一定期間実質無料となるキャンペーンを行うほか、時間や回数の制限なく国内通話を月額1,980円(税別)の定額料金で利用できる「楽天でんわ かけ放題トライアル by 楽天モバイル」を期間限定で提供します。

2回線目が実質無料となるキャンペーンは2月15日12時00分から5月11日9時59分まで。楽天でんわ かけ放題トライアル by 楽天モバイルは先着100名で2月15日12時00分より申し込み受付を開始し、サービス提供期間は2017年3月1日0時00分から2018年2月28日23時59分までとなっています。

また3日間での通信速度制限の撤廃や人気のSIMフリースマートフォン(スマホ)「honor 8」(Huawei Technologies製)に新色を追加するなど、さまざまな施策が発表された記者説明会の様子を写真とともに解説します。



続きを読む

mineoショップ 秋葉原がオープン!au版の中古「iPhone 5s」(16GB)が9,980円のセール販売も実施【レポート】


shimajiro@mobiler

ケイ・オプティコムが提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )は2017年2月14日(火)に「mineoショップ 秋葉原」および「mineoショップ 神戸」をオープンした。

mineoショップ 神戸ではオープニングセレモニーが実施されたが、関西電力子会社のケイ・オプティコムでは知名度の高い関西から関東への進出にも力を入れている。

それもあってか、mineoでは2月1日より東日本初の旗艦店となる「mineo 渋谷」をオープンしたばかりだが、相次いで、秋葉原エリアにmineoブランドショップをオープン。今回はオープンしたばかりのmineoショップ 秋葉原を訪れてみたのでその模様を紹介する。

続きを読む

欧州で人気沸騰のおしゃれなフランスのメーカー「Wiko」が日本参入!第1弾のSIMフリースマホ「Tommy」投入や日本での狙いなど、発表会の模様を紹介【レポート】


ポップなデザインが特徴のWikoがついに日本上陸!

フランスのスマートフォン(スマホ)などを開発・販売するモバイル関連ベンチャーメーカーである「Wiko(ウイコウ)」は同社の日本法人であるウイコウ・ジャパン(Wiko Japan)を設立し、日本市場への参入を発表しました。

合わせて第1弾製品としてSIMフリースマホ「Tommy」を2017年2月25日(土)に発売すると発表。価格は14,800円(税別)、本体色はWikoのブランドイメージである「ブリーン」のほか、全6色が販売されます。

今回は都内にて2017年2月14日(火)に開催された「日本市場参入 記者発表会」の模様を写真を交えて紹介し、Wikoの特長や日本市場参入の目的などを解説したいと思います。

続きを読む

UQ mobileも折りたたみ型のSIMフリーケータイを3月下旬に投入!京セラのタフネスフィーチャーフォン「DIGNO Phone」を写真と動画で紹介【レポート】

AndroidフィーチャーフォンをUQ mobileでも

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄が1月25日に仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」についての記者説明会「UQコミュニケーションサロン」を都内で開催した。

説明会では新たに折りたたみ型ケータイ「DIGNO Phone(型番:KYF31U)」(京セラ製)を3月下旬に発売することを明らかにした。

DIGNO PhoneはAndroidをベースとした携帯電話(フィーチャーフォン)で、操作はタッチパネルではなくダイヤルキーなどで行う。4G LTEやau VoLTE、おサイフケータイ(FeliCa)に対応し、UQ mobileが従来のフィーチャーフォンユーザーの乗り換えを狙う戦略的製品だ。

なお、Google Playには非対応であるためにアプリの追加はできないものとしている。今回はタッチ&トライコーナーにてDIGNO Phoneの実機に触れることができたので写真と動画で紹介していく。


続きを読む

ドルビーオーディオを搭載する性能バランスが良い!UQモバイルのミドルレンジスマホ「ZTE BLADE V770」を写真と動画で紹介【レポート】

UQ mobileが新スマホ「ZTE BLADE V770」を2月下旬に発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄が1月25日に仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」についての記者説明会「UQコミュニケーションサロン」を都内で開催した。

説明会ではUQ mobile向け新たにスマートフォン(スマホ)「BLADE V770」(ZTE製)などを販売すると発表した。BLADE V770は2月下旬に発売予定で、OSには「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」を採用し、約5.2インチFHD(1080×1920ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載している。

チップセットにはQualcomm製「Snapdragon 617」やタッチセンサー式のナビゲーションキー、「ドルビーオーディオ」対応などミドルレンジスマートフォンとして使い勝手も良さそうだ。今回はタッチ&トライコーナーにてBLADE V770の実機に触れることができたので写真と動画で紹介していく。なお、現時点では、UQ mobileの専売モデルだが、購入時からSIMロックはかかっていないSIMフリーモデルとなっている。

続きを読む

カワイくておしゃれで機能的!来場プレゼント企画もあるHamee初のスマホアクセサリー展示会「ハミコレ」を写真で紹介【レポート】

hamee-corection-001
おしゃれなスマホケースがずらっと勢揃い!Hamee初の展示会「ハミコレ」開催!

オリジナルデザインのスマートフォン(スマホ)ケースやスマホ周辺機器を販売するHameeは、本日11日(土)と12日(日)の2日間、原宿の「MOSHI MOSHI GALLERY」で同社初となるスマホアクセサリー展示会「ハミコレ」を開催しています。

Hameeは知る人ぞ知るスマホ関連グッズの通販ショップ。かつては「ストラップヤ.com」の社名でユニークなデザインのガラケー向けストラップを通信販売し話題となるなど、流動の激しいこの業界の中でも老舗と呼べる歴史を持ちます。

本展示会では同社のスマホアクセサリーブランド「iFace(アイフェイス)」を中心とした展示が行われ、アクセサリーデザイナー「KAE」氏指導によるワークショップなども行われます。今回はその展示の一部を写真にてご紹介します。

続きを読む

UQモバイルも泡ボディーソープで洗えるタフネススマホを3月上旬発売!京セラのVoLTE対応「DIGNO W」を写真と動画で紹介【レポート】

UQ mobileも泡ソープで洗えるスマホDIGNO W発売

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄が1月25日に仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」についての記者説明会「UQコミュニケーションサロン」を都内で開催した。

説明会ではUQ mobile向け新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「DIGNO W」(京セラ製)などを販売すると発表した。DIGNO Wは3月上旬に発売予定で、最新OSの「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」を採用し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載している。

同じく3月上旬発売予定のau向け「rafre KYV40」と仕様上同じ部分が多い兄弟機。内蔵アプリがそれぞれUQ mobile向け、au向けで違う点と、カラーバリエーションがパステルカラー3色で女性をターゲットとしてrafre KYV40に対して、DIGNO Wは明るいブルーのモデルをブラックベゼルと濃い色合いの「ブルー」に置き換え、男性でも手に取りやすいカラー展開としている点が相違点だ。

今回はタッチ&トライコーナーにてDIGNO Wの実機に触れることができたので写真と動画で紹介していく。

続きを読む

CIPA、パシフィコ横浜で写真と最新のカメラが楽しめるイベント「CP+2017」を2月23日~26日に開催!今年の見どころを紹介【レポート】

昨年はパナソニックのカメラ+SIMフリースマホ「LUMIX DMC-CM10」の展示もあった!今年の注目は……

カメラ映像機器工業会(CIPA)は7日、カメラと写真映像のワールドプレミアムショー「CP+(シーピープラス)2017 事前記者説明会」を開催し、2017年の「CP+」への取り組みについて発表を行った。

8年目を迎えるCP+はカメラと写真映像のワールドプレミアショーと題して2017年2月23日(木)~26日(日)の4日間、神奈川県にある「パシフィコ横浜」での展示をメインとし、今回はアート・コミュニティスペース「PHOTO HARBOUR(フォト・ハーバー)」の会場を「BankART Studio NYK」に設けて実施する。

イベントはカメラだけでなく、スマートフォン(スマホ)のカメラアクセサリーや、ワンランク上の写真を撮るためのカメラ選びなど役立つものとなっており、カメラに詳しくなくても楽しめるようになっている。

入場料は一般1,500円(障害者手帳を持参の方、小学生以下の方は無料)だが、Web事前登録をすることで入場が無料となるので、参加してみようという場合には事前登録をしておくのがオススメだ。

現在ではCP+2017出展メーカーの出展内容については、一部のメーカーを除いてプレスリリース発表待ち状態だ。そこで今回はCP+2017に関するイベントや開催の背景などを紹介していく。

続きを読む

月額980円でスマホでもPCでもスポーツ観戦見放題!驚きの低価格設定で挑戦する「DAZN for docomo」を写真で解説【レポート】

dazn-001
挑戦的な料金設定で仕掛ける「DAZN for docomo」の戦略とは?

NTTドコモは8日、スポーツ専門のライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」を運営しているPerform Groupと提携し、新たに「DAZN for docomo」を発表しました。サービス開始は2月15日(水)からで、NTTドコモと契約中の場合は月額980円(動画配信サービス「dTV」とのセットで200円引きの1,280円)、NTTドコモとの契約がない場合は月額1,750円(dTVとセットで月額2,050円)となります。

インターネット回線を用いた動画配信サービスやライブストリーミングサービスは日本でも数年前から普及し始め、スポーツ専門のストリーミングサービスではソフトバンクの「スポナビライブ」などが有名ですが、まだまだ一般に広く浸透しているとは言い難いようにも思われ、今回の新サービスはそういった発展途上とも言えるスポーツ配信サービスへのアプローチとなります。

DAZNの通常月額料金1,750円に大して大幅に価格を抑えてきた点に注目が集まる本サービスですが、その意図や狙いはどこにあるのでしょうか。発表会の模様とともに解説します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。