S-MAX

レポート

シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3」を写真と動画で紹介(前編):写真用と動画用のツインカメラがさらに進化!AIライブストーリーなどが追加【レポート】


フラグシップスマホ「SHARP AQUOS R3」が発表!3年連続Androidスマホシェア国内No.1をめざす

既報通り、シャープは5月8日、都内にて「Smartphone AQUOS 2019夏 新製品発表会」を開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3」を「2019年夏モデル」として初夏に発売すると発表した。

同社では販路は明らかにしていないが、各携帯電話会社から販売されると見られ、すでにソフトバンクは10日、携帯電話サービス「SoftBank」向けにAQUOS R3を5月下旬以降より販売すると発表している。

同社は2016年3月に台湾の鴻海精密工業(Foxconn Technologie Group)に買収され、その年の夏モデルより“渾身のフラッグシップ”として「AQUOS R」シリーズを展開しており、AQUOS R3で3世代目となる。同時に2017年より2年連続でAndroidスマホで国内シェアNo.1となっており、AQUOS R3で3年連続をめざすという。

そんなAQUOS R3だが、昨夏に発売した前機種「AQUOS R2」で採用した背面に静止画用と動画用の「ツインカメラ」を引き続き搭載し、新たに昨冬に発表したプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R2 compact」と同じく画面の上部と下部の中央に切り欠き(ノッチ)を搭載したダブルノッチとなった。

またディスプレイは新開発の10bit表示に対応したアスペクト比9:19.5の縦長な約6.2インチQuad HD+(1440×3120ドット)Pro IGZO液晶となり、より滑らかなグラデーションによる美しい表示が可能となっており、倍速120HzのハイスピードIGZOも継承してタッチ操作も快適に行える。

さらにQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 855」や6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、3200mAhバッテリー、ステレオスピーカー、11Wの急速充電に対応したワイヤレス充電(Qi)、Android 9(開発コード名:Pie)などによってAQUOS史上最高スペックとなった。

そこで今回は、同社が開催した発表会レポート前編としてAQUOS R3のセンサーやレンズなどを全面刷新したカメラ機能を中心に写真と動画で紹介していく。

続きを読む

富士通のSoftBank向けあんしんスマホ「arrows U」の魅力を写真とともに紹介!エントリーモデルながらFeliCaやタフネスに加え、Googleアシスタント専用キーやデュアルカメラを搭載【レポート】


富士通のエントリースマホ「arrows U」を写真とともに紹介!

既報通り、ソフトバンクは10日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年夏モデル」としてOSに「Android 9.0(開発コード名:Pie)」を搭載し、Googleアシスタント専用キーを採用した富士通コネクテッドテクノロジーズ(以下、富士通)製のエントリースマートフォン(スマホ)「arrows U」を発表しました。

発売時期は6月中旬以降を予定し、発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて6月下旬以降に事前予約受付が開始される予定です。なお、価格は現時点で未定となっており、後日案内されるとのこと。


富士通がarrowsブランドのスマホをソフトバンク向けにラインナップするのは実に5年半ぶり。2013年12月に発売された「ARROWS A SoftBank 301F」以来となります(当時のメーカーは富士通モバイルコミュニケーションズ)。

当時は女性ユーザーをターゲットに持ちやすいラウンドフォルムを備えつつもスペック面ではハイエンドに近く、高級端末路線としてラインナップしていましたが、本機はスマホデビュー層やエントリー層の機種変更を主なターゲットとしたローエンドモデルです。

今回の発表に先駆け、実機に触れる機会を得ましたので、写真とともに本機のスペックや機能をご紹介します。なお、ソフトバンクでは傘下のコード決済サービス「PayPay」と連動してメーカーが「PayPayもらえちゃうキャンペーン」を実施し、arrows Uを購入した場合には必ずもらえる3,000円相当の還元がプレゼントされるということです。

続きを読む

2019 Japan IT Week春 後期:FREETEL Prioriの系譜を引き継ぐ新スマホ「jetfon P6」の外観や概要を紹介!MAYASYSTEMが参考展示。さらに上位モデルも準備中【レポート】


FREETEL Prioriの系譜を引き継ぐ新スマホがクラウドSIMに対応して登場!

東京・お台場の東京ビッグサイトにて2019年5月8日(水)から10日(金)の3日間に渡って日本最大のIT関連の展示会「2019 Japan IT week 春 後期」(主催:リードエグジビジョンジャパン)が開催されています。

毎年開催されているJapan IT week 春ですが、すでに紹介しているように今年は2020年開催の東京オリンピックの準備による施設改修によって東館が使えなくなっているため、日程を4月10~12日の前期と、5月8~10日の後期として合計6日間開催されています。

そこで本記事では前期に続いて後期も取材してきましたので、まずは「第9回モバイル活用展」エリアにブースを展開していたSIMフリーブランド「FREETEL」をプラスワン・マーケティングから継承したMAYASYSTEMのブースにて近日発表予定としていたスマートフォン(スマホ)の新機種「jetfon P6(型番:P3S18)」を展示していたので紹介します。

続きを読む

Google I/O 2019にてスマホなど向け次期OS「Android Q」を説明!Beta 3を公開し、Pixel以外のEssential PhoneやZenFone 5Zなどの21製品でも利用可能に。バージョンは「10」に


Google I/O 2019にて次期OS「Android 10 Q」を解説!Beta 3もリリース

Googleは7日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニアにある「Shoreline Amphitheatre」にて2019年5月7日(火)から5月9日(木)までの3日間に渡って開催される開発者向けイベント「Google I/O 2019」( https://events.google.com/io/ )の基調講演を行い、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向け「Android」の次期メジャーバージョン「Android Q」についての詳細を説明しました。

Android Qは今夏に正式版が提供開始される予定で、今年3月に先行プレビュー版「Android Q Beta」の初期バージョン(Android Q Beta 1)がリリースされ、さらに4月に第2弾「Android Q Beta 2」が提供開始されていましたが、Google I/O 2019に合わせて新たに第3弾「Android Q Beta 3」が配信開始されています。

また今回のAndroid Q Beta 3からGoogleブランドの「Pixel 3」や「Pixel 3 XL」などの「Pixel」シリーズのスマホだけではなく、他社のEssential PhoneやXperia(SONY)、ZenFone(ASUS)、Huawei、OPPO、Nokia、LG、vivo、realme、OnePlus、Xiaomi、TECNO Mobileといったメーカーの21製品でも「Android Beta Program」で試せるようになっています。

本記事ではGoogle I/O 2019の1日目の基調講演(Keynote)において紹介されたAndroid Qの特徴について紹介します。なお、Android Qのバージョン番号が「10」であることが案内されましたが、お菓子の名称が付けられる開発コード名は明らかにされておらず、今後、正式版のリリースとともに発表されるのではないかと見られます。

続きを読む

ソニーのウルトラハイエンドスマホ「Xperia 1」をいち早く体験!4K HDR対応で21:9のシネマワイドディスプレイやトリプルカメラなど、渾身の旗艦機の魅力を写真や動画で解説【レポート】


ソニー渾身のフラッグシップスマホ「Xperia 1」を写真と動画で紹介!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)が同社のスマートフォン(スマホ)ブランド「Xperia」シリーズのフラッグシップモデルとなる「Xperia 1」の報道関係者向け体験会を4月16日に開催しました。

Xperia 1は今年2月にスペイン・バルセロナにて開催された「MWC Barcelona 2019」(旧「Mobile World Congress」)で発表された高性能機種で、日本でも販売されることが案内されているものの、国内での公式な体験会などは今回が初となります。

世界的にも苦戦が伝えられる同社のXperia事業ですが、Xperia 1は起死回生の一打を放つ端末となるのでしょうか。体験会にて触れることができた実機の写真や動画とともに、その性能や特徴をご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。