S-MAX

ワイヤ・アンド・ワイヤレス

京都の無料公衆無線LANサービス「KYOTO Wi-Fi」が利用方法の簡素化およびスポット数拡充、連続利用時間拡大などを発表!誰でも使えてマクドナルドなど合計約1400カ所に


無料公衆無線LANサービス「KYOTO Wi-Fi」が便利に!

ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は3日、京都市が2012年7月から推進している公衆無線LAN(Wi-Fi)スポット整備事業「京都どこでもインターネット」において国内外からの観光客向けに無料で提供している公衆無線LANサービス「KYOTO Wi-Fi」の利用方法の簡略化およびスポット数の拡大などを発表しています。

これまではKYOTO Wi-Fiを利用するには事前にゲストコードを取得し、利用時に入力する必要がありましたが、2014年12月3日(水)以降はSSID「KYOTO Wi-Fi」(すでにエリア化済みのスポットではSSID「KYOTO_WIFI01」と併存)を選択し、Webブラウザーを起動して規約に同意するだけで利用できるようになります。

また、スポット数の拡大では従来の地下鉄の駅やバス停、コンビニエンスストア(コンビニ)、公共施設などに650カ所以上に加え、マクドナルド(京都市内53店舗)やガーデンミュージアム比叡、京都国際マンガミュージアム、嵐電嵐山駅、河原町オーパ、辻利などのの観光関連施設や商業施設に760カ所設置予定で合計約1400カ所となる計画です。

続きを読む

スターバックスとWi2、無料で使える公衆無線LANサービス「at_STARBUCKS_Wi2」にて事前登録なしでSNSアカウントで利用できる認証方式を9月26日より開始


スターバックスの無料Wi-Fiがより簡単に使えるように!

スターバックス コーヒー ジャパンとワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は25日、全国の「スターバックス」店舗で提供している無料で使える公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス「at_STARBUCKS_Wi2」にてソーシャルネットワークサービス(SNS)アカウントで認証することで事前登録をしなくても利用できるサービスを2014年9月26日(金)より開始すると発表しています。

対応するSNSはFacebookおよびTwitter、Google、Yahoo! JAPANとなっており、SSID「at_STARBUCKS_Wi2」を選択し、Webブラウザーを立ち上げると表示されるログイン画面にて利用しているSNS(ロゴ)を選択し、SNSアカウントでログインすることで利用できます。なお、利用可能時間は1時間まで。

続きを読む

KDDIとWi2、広島県の大雨被害支援に向けて避難所に公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」および「Wi2 300」を設置!auユーザー以外も無料で利用可能


KDDIとWi2が広島県の大雨被害支援に向けて避難所に公衆無線LANスポットを設置!

KDDIおよびワイヤ・アンド・ワイヤレス(
以下、Wi2)は26日、広島県の大雨被害により被災された地域に住んでいる人や救援活動に従事する人のインターネット接続環境を支援するため、広島市内の一部の避難所などに公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」および「Wi2 300」を設置したとお知らせしています。

手持ちの無線LAN(Wi-Fi)対応スマートフォン(スマホ)およびタブレットなどで、公衆無線LANサービスを経由したインターネット通信を無料で利用できるということです。

続きを読む

Wi2、京急線全駅・全車両内で訪日外国人向け無料公衆無線LANサービスを3月1日より順次開始


京急線で訪日外国人向け無料公衆無線LANサービスを順次開始!

ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は28、京浜急行電鉄と協業で「京急線」の全72駅(泉岳寺駅を除く)および京急電鉄の全車両内において2014年3月1日(土)より順次、訪日外国人向け無料公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスの提供を開始すると発表しています。利用料は無料。

Wi2では、すでに京急線の各駅の改札内(ホーム・コンコース)および京急電鉄の各車両内への公衆無線LANサービス「Wi2 300」のエリア拡大を進めていますが、今回、京急電鉄と協業し、訪日外国人観光客が無料で利用できる無線LAN(Wi-Fi)サービスを開始することにより、羽田空港より京急線を利用する訪日外国人観光客が便利で快適なインターネットが利用可能となります。

2020年の東京オリンピック開催に向けて、訪日外国人観光客の増加が見込まれ、利便性の高い公衆無線LANサービスのニーズの高まりに対応していくとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。