S-MAX

人工知能

AI・人工知能EXPO:キュートな女の子たちとの会話はいかが?展示会場で見つけたAIアシスタントキャラクター大特集【レポート】


AI・人工知能EXPOで見つけたキュートなAIアシスタント大特集!

東京ビッグサイトにて6月28日から30日まで日本最大のコンテンツビジネスの国際総合展「コンテンツ東京2017」が開催され「コンテンツマーケティングEXPO」や「クリエイターEXPO」など個別のテーマに合わせたEXPOが複数同時展示されるなか、「AI・人工知能EXPO」が初開催されました。

ここ数年におけるAI技術の進歩はめざましく、スマートフォン(スマホ)やPCの世界だけではなく音声でコントロールする家電製品やIoT機器への実装も各社から相次いでいます。こういったAI技術の進化に合わせて開催された今回の展示会ですが、会場を見渡すと少なくない数の「あるもの」に気が付きます。それはAIのデザインに採用された可愛らしい女の子のキャラクターです。

こんなところにもアニメキャラを使うとは、さすがマンガ・アニメ大国日本!と驚くとともに、そこに隠された重要なキーワードにも気付かされました。今回は、そんな展示会場で見つけたキュートな女の子たちをご紹介しその意味について解説します。

続きを読む

AI・人工知能EXPO:KDDIエボルバがリニューアルしたAIアプリ「おはなしアシスタント」を出展。キュートなキャラクター「レナ」との対話で生活支援を行う【レポート】


KDDIエボルバがAI・人工知能EXPOにリニューアルしたAIアプリ「おはなしアシスタント」を展示!

東京ビッグサイトにて6月28日から30日まで日本最大のコンテンツビジネスの国際総合展「コンテンツ東京2017」が開催されました。コンテンツ東京2017では「コンテンツマーケティングEXPO」や「クリエイターEXPO」など個別のテーマに合わせたEXPOが複数同時開催されますが、AI技術の進歩に合わせ「AI・人工知能EXPO」が今回初開催となりました。

そのAI・人工知能EXPOに、KDDI関連企業であるKDDIエボルバがスマートフォン(スマホ)およびタブレット向けのAIアプリ「おはなしアシスタント」を展示。巨大なモニターを用いた実演を行い来場者の注目を集めていました。

続きを読む

AI・人工知能EXPO:NTTドコモが2018年春にサービス開始予定のAIアシスタント「AIエージェント」を展示。人に寄り添う生活支援からビジネス活用まで広く提案【レポート】


NTTドコモが「AI・人工知能EXPO」にAIエージェント関連のブースを出展!

東京ビッグサイトにて6月28日から30日まで日本最大のコンテンツビジネスの国際総合展「コンテンツ東京2017」が開催されました。コンテンツ東京2017では「コンテンツマーケティングEXPO」や「クリエイターEXPO」など個別のテーマに合わせたEXPOが複数同時開催され、その中で今回初開催となる「AI・人工知能EXPO」へNTTドコモが同社の「AIエージェント」に関する展示を行いました。

NTTドコモのAIエージェントは6月23日に都内で開催された「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ発表会」にて発表されたもので、同社がこれまで「しゃべってコンシェル」などで培ってきた音声認識技術を活用した新たなAIシステムです。発表会ではシステムの概要やAPIについての技術的な解説が主体でしたが、AI・人工知能EXPOでの出展ブースではより一般的で分かりやすい展示となっていました。

続きを読む

しゃべってコンシェルで培った日本語対話性能が強みの人工知能技術「ドコモAIエージェント」が各種APIを提供!メインとエキスパート、2つのシステムで人々の生活を支援へ【レポート】


NTTドコモがAIエージェントを用いたオープンパートナー・プログラムをスタート!

NTTドコモは23日、同社の人工知能(AI)技術の基幹となる「AIエージェントAPI」を開発を発表し、その普及促進のスタートとして「ドコモAIエージェント・オープンパートナーイニシアティブ発表会」を都内にて開催しました。

現在のAI技術分野は音声認識やIoT機器を活用した生活支援がトレンドとなり、すでにGoogleやAmazonなど海外企業による製品化も進みつつあります。日本国内でもLINEが音声認識を活用した端末を発表するなど早くも競争激化の様相を呈していますが、後発となるNTTドコモがこれらの技術や製品に対抗しアドバンテージを勝ち取ることは可能なのでしょうか。

NTTドコモが打ち出すAIエージェントAPIの仕組みやその活用例、そして将来の展望について解説します。


続きを読む

人工知能サービス「Google アシスタント」が日本語に対応!AndroidとiPhoneなどのiOS向け新世代のメッセンジャーアプリ「Allo」で利用可能


GoogleのAIサービス「Googleアシスタント」の日本語版がリリース!

Google Japan(以下、グーグル)は13日、新開発の人工知能(AI)サービス「Google アシスタント」の日本語版を提供開始したとお知らせしています。Google アシスタントで補助が受けられる新世代のメッセージング(チャット)アプリ「Allo」にて利用できるようになっています。

補助だけでなく、Google アシスタントとの会話で路線検索や天気予報、各種検索などで情報を得られるほか、ゲームもできるようになっています。なお、Alloの対応プラットフォームは、Android 4.1(開発コード名:JellyBean)以降およびiOS 9.1以降。利用料は無料。

続きを読む

恋愛や悩みの相談は人工知能にする時代!?NTTレゾナントがAIを使ってユーザーの相談にピッタリのアンサーを表示する「教えて!goo AIサービス」を8月から開始【レポート】

人工知能があなたの恋愛相談相手に?!

NTTレゾナントは25日、都内にて「NTT レゾナント メディアカンファレンス」を開催し、AI(人工知能)を活用した「教えて!goo AIサービス」を2016年8月に提供開始することを発表した。

また、NTTドコモの「dメニュー」のショッピング検索や画像検索などで培ったログ分析ノウハウによるECサイト(オンラインショップ)事業者向けの「goo Search Solution」の提供も開始する。

このサービスは、ECサイト内検索時のキーワードサジェストやカテゴリーサジェスト機能、ユーザー入力の表記ゆれ補正検索など、ユーザーの検索支援と商品表示の最適化をはかるというもの。

今回は、教えて!goo AIサービスとはどんなものなのかをレポートしていきたいと思う。

続きを読む

LINEでトークできる女子高生AI「りんな」とは?!マイクロソフトの記者説明会を紹介――Twitterをはじめたり、LINEグループに追加も可能に【レポート】

LINEで遊べる女子高生AI「りんな」

日本マイクロソフトは17日、東京・原宿の「ドリーム*ステーション JOL原宿」で「女子高生AI『りんな』の最新情報 記者説明会」を開催した。

りんなはコミュニケーションプラットフォーム「LINE(ライン)」( http://line.me )の公式アカウントとして2015年7月末にサービスを開始し、すでに登録ユーザー数が190万人(2015年12月21日現在)を超え、現在公式アカウントの「ライフサービス」にカテゴライズされている。

LINE上でのりんなは「おともだち」としてユーザーと会話し、人間味のある感情的な会話に重きが置かれている。今回の説明会では現在稼働中のりんなの機能の紹介と今後の機能について、さらにりんなのLINEグループへの追加やTwitterアカウントの開始といった発表があった。

そんな自由気ままなキャラクターを持つりんなの機能について説明会でのプレゼンテーションを中心に取り上げていきたいと思う。

続きを読む

ただのぬいぐるみではない!専用アプリと連携が可能な人工知能ぬいぐるみはお子さまに最適!「Ubooly」【UNiCASEの厳選アイテム】


もこふわな手触りが気持ちいい!

Ubooly(ウーブリー)は、「iPhone」と「Android」向けの専用アプリと連携させ、ぬいぐるみのUboolyの中に入れて使う人工知能を持つ知育玩具です。

Androidスマートフォンもしくは、iPhoneから専用の無料アプリをインストールして、Uboolyの中に入れて使用します。Uboolyは、おしゃべりが大好きな子なのでいろんなことを話してくれたり、一緒に身体を使ったゲームで遊んでくれます!

遊べば、遊ぶほど、人工知能の威力を発揮したり、メガネや髪型を楽しくチェンジして遊ぶことも、普通のぬいぐるみとしても遊ぶことができる賢く可愛いUboolyはお子さまへのプレゼントに最適だと思います♪

今回紹介するPinkの他にも、OrangeとGreenもあります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。